Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画さ行
CATEGORY ≫ 映画さ行
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『ジュリー&ジュリア』



1961年アメリカで出版されたフランス料理本の著者ジュリア・チャイルド、
その50年後、ジュリアを師事し彼女の本を元に毎日フランス料理を作り
その日々をブログに記し作家になったジュリー・パウエル、
違う時代を生きた2人の女性の物語。実話。

哀しい事があっても常に明るく前向きに料理本を出版しようと懸命なジュリアの生き様と、
殺伐とした現代でストレスを抱えながらジュリアの料理を作ることで癒され成長する
ジュリーの様子が終始明るく楽しく描かれていて、とても穏やかな気持ちで見れる作品。

料理ものの映画はたまに見ると癒されて良い。
食べる事は大好きだけど作る事は大っきらいな私なので、色々大変そうなジュリーだけど
料理が大好きってだけでうらやましーって思った^^;
スポンサーサイト

『スターウォーズ/フォースの覚醒』



EPI3から10年振りの7作目。
物語はEPI6から約30年後、銀河の支配を目論む帝国軍の残党とレイア率いる
レジスタンスとの戦いやら行方不明のルーク探しなど。

面白かった!
ストーリーも戦闘シーンも楽しくてあっという間に終わった感じ。

近所のエキスポシティにこの作品を最も楽しめるらしい最新設備の映画館が出来たので
是非そちらで!という思いはあったもののそこで見れるのはいつになるやら分からないし、
特に3Dで観たいと言う気も無かったので普通に2Dで鑑賞。
でも充分楽しめた。

初SWでも楽しめるって聞いてたけど、やっぱりこれまで観てきた人の方が
断然楽しめると思った。
これまで描かれてきたジェダイの血脈物語が伏線になってるし、それでこそのSWやし。

レイとルーク、レイとカイロレン、それぞれがどうなるのか続編が楽しみ。
それまで生きねば。

『そこのみにて光輝く』



事故で仕事を辞めトラウマを抱えた男と、その男が出会った貧しく不幸な家族の話。
その貧しい家では長女が家族の為に自分を犠牲にして生きていて、男はその女に
惹かれ出す。
結局その二人のラブストーリーではあるんだけど、ラブストーリーと言うには重すぎる話。

主人公も暗いけど彼が惹かれる女が不幸過ぎ。
どうにも幸せになれない彼女を何とかしてやりたいと願いながらやっぱり不幸な
結果になる。
そんな彼らにも光は差すのか…光り輝くのか…
彼らがどうなるかは分からないけど、決して後味は悪くない。
それはラストの夕日だろうな。

陰鬱としたストーリーながらも退屈では無く映像も良い。
何より役者陣が素晴らしい。
一番印象に残ったのが女の弟役の菅田将暉くん。素晴らしかった。
池脇千鶴は言わずもがな。
綾野剛も良かったけど、彼らに引き立てられてるって感じがしたな。

『セッションズ』



ドラムの映画じゃない方の映画w 
幼少期ポリオによって首から下が麻痺した男性が、異性と如何にして関係を持てるように
なるかまでを描いたお話で実話。

首から下が動かないだけで意識や知能、感覚はごく普通なので、彼は恋もすれば
恋した相手と結ばれたいとも望むようになる。
ヘルパーや友人等に励まされながら、指南役の女性に導かれ思いを叶える主人公。
そして、恋人を作り結ばれ旅立った…

体が不自由でも勇敢でいつも明るい主人公は本当に魅力的で、登場人物皆彼に
魅了されていくように見てるこちらも彼に惹かれる。
感動的でコミカルで大人な作品でした。

『さよなら渓谷』


さよなら渓谷 [DVD]さよなら渓谷 [DVD]
(2014/01/22)
真木よう子、大西信満 他

商品詳細を見る

吉田修一著「さよなら渓谷」の映画化。
夫婦の様に過ごす事件の加害者と被害者を追った物語。

自分の心の傷を癒す事が出来るのは自分の人生をめちゃくちゃにした男…
主演賞を総なめした真木よう子の体当たり演技が素晴らしくて、心に深い傷を負った女を
見事に演じきっていた。

特に加害者の男と一緒に暮らした後の演技が凄く良かった。
可愛らしくもあり、でもいつもどこか遠くを見てるようなな感じ。
そして二人の関係性が分かった後の彼女の表情が凄く良い。
男を恨んでいて、でも愛もあってと言う複雑な心情をよく表していたと思う。

それぐらい真木よう子の演技に尽きる作品だと思う。
作品としてもまぁ良かったと思うけど原作読んじゃってるからなぁ…
どうしても原作程のインパクトは無い。
じゃあ映画見る前に原作読むなっちゅうのにね^^;  

相手役の大西信満さんって最初に見たのは『赤目四十八滝…』だったけど、
その後も映画で凄く良く見るけどほんと濡れ場の多い人だわぁ~
いつも女優さんと絡んでるw

『その土曜日、7時58分』

その土曜日、7時58分 [レンタル専用商品]その土曜日、7時58分 [レンタル専用商品]
()
不明

商品詳細を見る

ずっと観そびれてたけどようやく。
金に困って両親の宝石店を強盗し失敗した兄弟と、彼らの父親との
息の詰まるようなサスペンスドラマ。
強盗事件を軸にして、そこから時間を前後させながら登場人物それぞれの
追い詰められた感が描かれている。

84歳で撮ったとは、ルメット監督さすが。
そして役者の切羽詰まった演技も素晴らしいわ。

救いは無いストーリーだけどエンタテイメントとして充分楽しめる(^^) 
ところで最近やたらとマリサ・トメイの裸見るなぁ…彼女若い頃あんな脱いでたっけ?
今も綺麗で充分見れるけど…(^^;)

『人生はビギナーズ』

人生はビギナーズ [DVD]人生はビギナーズ [DVD]
(2012/08/03)
ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー 他

商品詳細を見る

ゲイである事をカミングアウトした父親の死後、両親の生き様を振り返りながら
新たな歩みを進める男のお話。

こういう話大好物。
人は皆完璧では無くどこかおかしい…誰かを傷つけたり自分も傷ついたり、
苦しみもがきながら生きていく。
でもどこからでもビギナーになれる…

誰かと生きるって相手が愛する人でも大変。
でもやっぱり愛する人の側にいたい。
側にいたいから、愛してるから、大変でも一緒に歩もうとする主人公と恋人が素敵でした。

クリストファー・プラマ―にユアンに好きな役者揃いだったし、淡々とした
人間ドラマだけど飽きなかった。

『SHAME』

SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD]SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD]
(2012/10/02)
マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン 他

商品詳細を見る

性依存症の男の苦悩が描かれた作品。

うんなるほど…性依存の男の話って言うのは知ってたけど、タイトルが何故SHAMEか…
って言うのは主人公が性依存である自分を恥じているって言う意味やったのね。
仕事ができる良い男…でも実は変態…
めっちゃ良い男やのに…

作品前半ではこの男がどれだけSEXに執着してるのか、その趣味も何となくしか
分からない。
独身やったらまぁそれぐらいあるんちゃう?みたいな。
ちょっと元気やね、ぐらいな。
が、同じく酷い依存症の妹が家に転がり込んでから物語は加速して…
終盤はあらあらあら…

とにかく主人公と妹の闇は深く、両者とも異性と健全な関係が保てないし
そう言う自分達を追い込んでいる。
描かれて無かったけどこの兄妹、なんか哀しい過去がありそ。

主人公のマイケルファスベンダーが素敵♥
『Xメン』でしか見た事無かったけど渋くて良い。
SEXに溺れ、溺れる自分を恥じ、嘆き…
格好良い男が自分ではどうにも出来ない本能に翻弄され崩れていく演技が凄い。
終盤の濡れ場でのfinishシーンは素晴らし過ぎますわ。

あの濡れ場は、そこまで散々格好良い男だった男がその抑制出来ない本能を
本能のまま暴走させ、その本質をこれでもかと露わにした大事な場面。
そして終わった瞬間、彼はその快感と同時に自らの愚かしさにも苛まれ…
と言う思いがあのクールなお顔で絶妙に表現され、痛々しい程だった。

性生活や性癖ってのはごく個人的な事であり秘め事であり…
まぁ最近は堂々と発表する人も少なくないんだろうけど…
だから周囲に迷惑をかけないなら別に自由だと思う。
でも、社会的地位が脅かされたり、自らの身を滅ぼす程の事なら病院に
行った方がええな…って本作品を見て思いました。

『ソーシャル・ネットワーク』

ソーシャル・ネットワーク [DVD]ソーシャル・ネットワーク [DVD]
(2011/12/21)
ジェシー・アイゼンバー、アンドリュー・ガーフィールド 他

商品詳細を見る

今では一国を変えてしまう程のSNS、Facebookの創設者と彼を取り巻く人間模様描いた作品。

期待通りおもろかった。
登場人物の早口と同様テンポの良い展開で最後まで全く退屈しない。
やっぱこれぐらい天才で変人で無いと偉業は成し遂げられへんねんなぁ… 

マーク・ザッカーバーグに扮したジェシー・アイゼンバーグにはこの役、見事にハマり。
早口頑張ってたなぁww 
ジェシーを最初に観たのは『イカとクジラ』。その作品でも良い味だしてた。
イマイチ何考えてるか分からない感じとか、なぁんか印象に残るのよね、この子…

『Jエドガー』

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/02)
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る

FBIの初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品。

クリント作品らしい、青味がかった映像の静かで重厚な作品。
これと言った盛り上がり場面がある訳ではないけど、退屈させないところがさすが。
主演のレオさんは言わずもがな素晴らしいしです。

でも、レオの演技で言えば本作品よりもっと素晴らしいのは他にあると思うけど。
でもやっぱクリント作品は好きやなぁ。

『ステイ・フレンズ』

ステイ・フレンズ [DVD]ステイ・フレンズ [DVD]
(2012/10/03)
ジャスティン・ティンバーレイク、ミラ・クニス 他

商品詳細を見る

恋愛に破れた男女が出会い、恋愛感情抜きのセックスフレンドとして
付き合えるかどうかを描いた作品。

んーまぁだいたい想像通りの展開やったかな。
だいたいそれまで真面目に恋愛してきた者同士がいきなり割り切った関係を持続させるのは
難しいんちゃうかって感じで。

恋人や結婚するには最低、でも体の相性はバッチリって余程割り切れるならありかもだけど、
友人として一緒にいて楽しい関係でありながらSEXもありとなると、それって普通に
恋人やないかーい!って思うし。
体の相性良し、普通に話してて楽しい…もう結婚したらええやん(^^)

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]
(2012/07/18)
ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント 他

商品詳細を見る


「猿の惑星」シリーズの前章。
アルツハイマー治療薬の研究員がチンパンジーに新薬を投薬。
結果、高度な知能を有したチンパンジーが生まれる… 

面白かった。
長ったらしくなく分かりやすいし、何よりとにかくCGが凄い。お猿たちが凄い!!

チンパンもゴリラもオランウータンもリアル過ぎ… 
主役とも言えるほぼ人と同様、あるいはそれ以上の知能を持ったチンパンに至っては、
体はお猿、目は人間と言う感じで繊細な表現もお見事。

いや~お猿が最初に「NOおおお!!」言うた時は見てるこちらも驚愕でしたわ(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。