Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2007年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年07月
ARCHIVE ≫ 2007年07月
      

≪ 前月 |  2007年07月  | 翌月 ≫

キョロ~

kyorochan.jpg
キョロちゃん~来ました~
まだあるんですよねぇ。
金のラベル、銀のラベル。
つい、集めちゃいました

中身は・・・まぁ、ははは・・
この入れ物が一番立派でした
 

『あの頃ペニー・レインと』

あの頃ペニー・レインと デラックス・ダブルフィーチャーズ あの頃ペニー・レインと デラックス・ダブルフィーチャーズ
パトリック・フュジット (2007/05/30)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

監督:キャメロン・クロウ CAST:パトリック・フュジット、ケイト・ハドソン 他

STORY:1973年、ロック雑誌の記者になることを夢見る15歳のウィリアム(パトリック・フュジット)は、「ローリングストーン誌」の記者に抜擢されてロックバンドのツアーに同行することに・・・


色々良い評価を目にしていてようやく見ました
主人公の少年がロック全盛の頃のロックミュージシャン達の私生活に巻き込まれながら
成長していくお話。
その設定全て、あの頃のロック大好きな私にとって嬉しいものばかり
ストーンズやビートルズ、ボブ・ディランで火がつき、ツェッペリン、ディープパープルなどの
ハードロック、サイモン&ガーファンクル、エルトン・ジョンなどのフォークロック、
イーグルスやレナード・スキナードなどのカントリーロックなどなど、様々なジャンルの音楽が
華々しく咲き乱れた時代。
そして、世界平和を訴えながら麻薬に溺れ、欲望のままに生きる事が若者文化となっていた時代。
ちなみに私、ストーンズ、ビートルズは勿論のこと、この時代の音楽全て、そして
この頃の流行に目がないのですわ
なのでこの作品に関しては、ストーリー云々よりもファッションや音楽、ロックスターの私生活の方に
見入ってしまいましたぁ。

ストーンズのこの当時のドキュメントフィルムなどでも見たけど、彼らをサポートする
という名目でくっついて歩いてるグルーピー達の存在ってのはやっぱり興味深い。
彼らのファンでありながら、いつか彼らに捨てられることも覚悟の彼女達。
ロックスタート一緒の時は何の見返りも求めず彼らの要求に応え、尽くす彼女達。
この作品ではケイト・ハドソン@ペニー・レインがその代表的な存在。
チェリーボーイのウィリアムにとったら、そりゃあ彼女達のような女の子は刺激的だわね
でも、もっと退廃的な感じに描かれてても良かったかなぁ・・なんつって、汚れた私は
つい欲深くなっちゃいますが、こういう感じだから青春物語として後味が爽やかなんですな

アナログ時代にカセットで良く聴いたエルトン・ジョンを久々に聴きたくなって、
早速ベスト版、借りて来ちゃいました~

non的お気に入り度: