Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2007年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年08月
ARCHIVE ≫ 2007年08月
      

≪ 前月 |  2007年08月  | 翌月 ≫

『クリムト』

クリムト デラックス版クリムト デラックス版
(2007/04/25)
ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 他

商品詳細を見る

監督:ラウル・ルイス CAST:ジョン・マルコヴィッチ 他

STORY:1918年、死を迎えようとしているクリムト(ジョン・マルコヴィッチ)。
彼の頭には自身の事が走馬燈のように去来していた。
19世紀末のウィーン。酷評される彼のエロティックな絵画はパリでは絶賛を浴びていた・・・


クリムトの絵画はあまりに有名なのであちらこちらで見たことはあるものの、
彼自身のことやその絵についての詳しいことなどは何も知りませんでした。
こういう実在の著名な芸術家を描いた映画は好きなんだけど、この作品はちょいと異色。
クリムトの半生と言うよりは、主に瀕死の状態の彼の頭に巡る現実と虚構の世界が描かれているのです。
その世界は私のような凡人にはかなり理解しがたく、ハッキリ言ってよくわからん・・
まぁこの映画の世界そのものが、クリムトの頭の中・・って事なのかな。
当時ウィーンではタブーとされていた裸婦などを描き続け、ウィーンではかなり厳しく叩かれたクリムト。
それでも尚、美しい女性に魅せられながら自身の芸術を探求するクリムトが描かれていながらも、
妄想や幻想の中に迷い込んでみたり、またそれらが何を意味しているのかかなり理解に苦しみました
ただ、彼の描く女性は実に美しく艶めかしく、それだけ女性を愛し女性の本来の美に気付いていた芸術家、
と言うことはよく分かりましたけど・・・

クリムトファン、及びマルコヴィッチファンでなければ少々眠くなるかな・・


non的お気に入り度: