FC2ブログ

Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2007年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年09月
ARCHIVE ≫ 2007年09月
      

≪ 前月 |  2007年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドラマ『輪違屋糸里 ~女たちの新選組~』

itosato.jpg 
 9日、10日連夜で、浅田次郎作の
 『輪違屋糸里 女たちの新選組』
 放送されました。
 NHKの大河ドラマ『新選組!』
 すっかり組ファンになってしまったって事もあり、
 もちろんこのドラマもチェックです

輪違屋の糸里とは、江戸末期、京都島原の置屋、輪違屋の芸妓で芹沢鴨の暗殺現場に居た女性として、
新選組幹部、永倉新八の書き残した書などに登場する女性。
で、この浅田次郎さんの『女たちの新選組』の中ではその糸里が、土方歳三と惹かれあい翻弄されながら
自らの生き方を貫く女性として描かれています。
もちろんフィクションで、実際土方と好き合っていたかは???です。

そしてドラマですが、大河の『新選組!』を見てそれにはまってしまったので、色んな部分で違和感を
感じてしまうのは正直なところ。
細かい部分のエピソードも違っているし、人物像も違う。
まぁあくまでもフィクションなのでそれは良しとして、配役が大河のものとだぶるからか尚更しっくり
来なかったりして、大河の「組!」ファンならではの苦悩もあったものの、何とか飽きずに見れました。

上戸彩ちゃんの出演ドラマは久々に見たけど、なかなか良かったのではないかと思います。
幼い頃から苦労が絶えず芸だけに身を捧げた糸里に、暖かく接した土方。
そんな土方に思いを寄せながらも結局太夫になる事を選ぶ糸里。
愛らしくて健気で、そして逞しい女性・・・
そんな女性を本当に可愛らしく演じてくれていました。京都弁というか、花街言葉もちゃんと聞けたし。
最後土方との別れのシーンは思わずホロッと来ちゃったなぁ
あ、土方@伊藤英明も格好良かったけど、ちょっと線が細いよなぁ・・・

このお話では糸里他、同じく新選組に翻弄された女性が描かれています。
しかしほんとに昔から、「事件の陰に女有り」ですなぁ・・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。