Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年03月
ARCHIVE ≫ 2008年03月
      

≪ 前月 |  2008年03月  | 翌月 ≫

『犬と私の10の約束』

dog1.jpg

監督:本木克英 
CAST:田中麗奈、豊川悦司、加瀬亮 他

14歳のあかりは、医者の父親(豊川悦司)と母親と3人で平和に暮らしていた。しかしある日母親が突然倒れて入院してしまう。そんな時、突然庭に一匹の子犬が舞い込みあかりは飼うことに。そんなあかりに入院中の母親は、「犬の10戒」として犬との10の約束を告げる・・・

「犬の10戒」
1.私と気長につきあってください。
2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.私にも心があることを忘れないでください。
4.言うことを聞かないときは、理由があります。
5.私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
6.私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
7.私が年を取っても、仲良くしてください。
8.あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9.私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10.私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。
   私がずっとあなたを愛していたことを。


これは、この映画の元になった作者不詳の「犬の10戒」。ワンコを飼う時のワンコとの10の約束。
主人公あかりは14歳の時一匹の犬を飼うことになり、余命僅かな母親からこの10の約束を聞くことに。
多少上記とは変わってるけど。
そして母亡き後の10年、あかりは愛犬ソックスに癒されたり、時には犬を飼うことの難しさに悩みながら
大人になっていきます・・・

泣かされた・・・そりゃそうだわ。ワンコとの愛情物語ですから、こういうの当然泣けます。
でもワンコ超可愛い~ 見てるだけ癒されるわぁ
しかしこのお話、ワンコとの出会いだけが描かれているのではなく、母から娘への愛の物語でもあります。
あかりを残して逝ってしまった母が、ワンコに託した娘への愛の物語。
私としてはその部分でかなり泣けてしまったんだけど・・・・
犬は傷ついた人の心を癒しいつでも味方でいてくれて、本当に大切な存在、愛すべき家族だと改めて
感じさせてくれました
もしかしたら今現在ペット飼ってらっしゃる方からしたらちょっと辛い展開かもしれないけど・・・・

ただ映画としては、どうなんかしらね・・・・色々ツッコミたくもなる・・・
まぁこれはファミリー映画なので、お子ちゃまでも分かりやすくそれでいて健全な内容であればそれで
良いとは思うんだけど
この度は珍しく娘と一緒に鑑賞して、彼女も号泣してたしそれでいいっか
あと、私としては加瀬君も見当てでして。
プロギタリスという役どころで、初めて加瀬君の歌声を聴けたぁ~
「Time after Time」を歌う彼の声がとても綺麗で優しくて、英語の発音もさすがに美しく、また違う
一面を発見
って事で、私はこっそり加瀬君にも癒されていたのでした


non的お気に入り度: