Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年03月
ARCHIVE ≫ 2008年03月
      

≪ 前月 |  2008年03月  | 翌月 ≫

『スルース』

sleuth_quad411.jpg

監督:ケネス・ブラナー 
CAST:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ

ロンドン郊外に住む有名な推理小説家、ワイク(マイケル・ケイン)の所に、彼の妻の愛人、ティンドル(ジュード)が訪れる。そしてティンドルはワイクに離婚するよう要求するが、代わりに妻のネックレスを盗み出して欲しいとワイクは言う・・・・
72年の『探偵<スルース>』のリメイク。

ジュード祭り第2弾 笑えることに劇場も座席も同じ・・・はは

一つの場所を舞台にした、たった2人の俳優による緊迫感溢れた心理ゲーム。
コレは面白い
マイケル・ケイン扮するインテリでリッチな中年男と、ジュード扮する若くて美しすぎる男の微妙な駆け引き。
どこまでがシリアスでどこからがゲームなのか、そしてゲームの主導権を握るのは、勝つのはどちらなのか・・・
そんな2人のやり取りに、緊張しながら引き込まれ、たっぷり楽しませてもらいました。
ただまぁ映画としては独特なので、好みが別れるだろうけど。

何と言ってもイギリスを代表する名優マイケル・ケインとイギリスを代表するイケメン俳優ジュードの共演・・・
競演が、両者の大ファンである私にとってはとても嬉しかったわ~
ここでもジュードは実に美しくて魅力的、そしてマイケル・ケインは、あの何考えてるか分からん冷めた目つきで
相変わらずのさすがの演技。
話の内容もさることながら、、まるで彼らの演技合戦みたいだったこの作品。
他の誰が居なくても十分贅沢で、お腹いっぱいと言った感じでした。

オリジナルのローレンス・オリビエとマイケル・ケイン版は未見。
こちらもかなり面白いらしいので、是非見ようと思います


non的お気に入り度:


こちらオリジナル






『マイ・ブルベリー・ナイツ』

my_blueberry_nights.jpg

監督:ウォン・カーウァイ 
CAST:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ 他

失恋したリジー(ノラ・ジョーンズ)は近くのカフェにのオーナーのジェレミー(ジュード・ロウ)に、要らなくなった鍵を預ける。その後リジーはそのカフェに出入りするようになり、ブルーベリーパイを食べながらジェレミーと頻繁に話すようになる。そんなある日リジーは、自らの再出発のために突然旅に出る・・・

ジュード祭り第一弾

いい男とデートで、しかも夜に見たい・・・そんな映画。ちなみにもちろん真っ昼間に1人で見ましたが・・・
音楽と映像が文句無しで美しく、とてもおしゃれ。全てのシーンがどれも壁に飾れそうな程スタイリッシュ
さすが、ウォン・カーウァイ作品です。

失恋して旅に出る女の子、リジーに扮するのが、これが映画デビューのノラ・ジョーンズ。
歌手としては有名すぎるぐらい有名な彼女が主演!って事にちょっと驚きのキャスティングだったけど、
なかなか新鮮で可愛かった。演技もイケてたし。
それにやっぱり声が良くて、彼女の語りは何とも心地言い響きでこの作品に合ってました。
そしてそんな彼女を甘いブルーベリーパイで慰めるカフェのオーナーがジュード。
久々にジュードのいい男っぷりを堪能したわ~
ほんとに素敵な役で、彼だからこそこのお洒落な映像にシックリきたんだろうなぁ・・・・
そして、リジーが旅の先々で出会う人達に扮するのが、コレ又なかなか名優揃いで、デイヴィッド・ストラザーンや
レイチェル・ワイズ、そしてナタリー・ポートマン。
それぞれが美しい映像の中でさすがの存在感を放ち、哀しく切ない人間ドラマを見せてくれました。
レイチェル・ワイズもナタリー・ポートマンも、ほんと綺麗だったぁ・・・

ちなみに私の場合、失恋してもあんな美味しいケーキといい男が私を慰めてくれるなら、アッという間に立ち直れる
自信がありますが、なにか?


non的お気に入り度: