Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年03月
ARCHIVE ≫ 2008年03月
      

≪ 前月 |  2008年03月  | 翌月 ≫

「乳と卵」

乳と卵乳と卵
(2008/02/22)
川上 未映子

商品詳細を見る
第138回芥川賞受賞作品。

豊胸手術を受けようと妹の住む東京へやって来た巻子と、その娘、緑子。そして、巻子の妹の「わたし」。
この3人の何とも言えない3日間が、関西弁が織り交ぜられながらの長い長い一文で綴られた独特な
味わいのある作品です。

シングルマザーをしながら疲れ切っている母、その母と口をきかない娘。
胸に執着する母、そんな母に、女という生き物に、生命に疑問を抱く娘。
何故胸を大きくしたいのか・・・何故1人で必死で自分を育てているのか・・・・
何が幸せなのか・・・何故自分を生んだのか・・・・では人は何故人をこの世に生まなければならないのか・・・
そして、そんな2人を迎え入れ、彼女達を血の繋がった女同士として見守る母の妹。
女達はそれぞれに何かを模索し、何かに触れたがっている・・・・

女は、本当に妙な生き物。
強かで、傲慢で、優しくて、誠実で、哀しくて、弱い。
そして体も妙。
胸には千差万別の形の膨らみを持ち、そして子供を産むための卵を腹に抱えながら毎月出血を繰り返す。
なんて素晴らしくて、そしてうっとうしいんでしょうか・・・・
それが女・・・・

この作品ではそんな女達の欲深さ、血の繋がった女達同士の摩擦、愛や絆、まさに女という生き物
そのものがストレートに生々しく描かれています。
そして独特な関西弁の語りで更にねっとりとした風合いが出されていて、つくづく女のめんどくささと
愛らしさを感じ、ついでに自分自身のめんどくささにも思いを馳せたのでした・・・

木の芽時症候群

flower47_b.jpg








今日は久々、
ネガティブnonのつぶやきを・・・