Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年04月
ARCHIVE ≫ 2008年04月
      

≪ 前月 |  2008年04月  | 翌月 ≫

『クローバーフィールド/HAKAISHA』

clorverfield_01.jpg
監督:マット・リーヴス CAST:マイケル・スタール=デヴィッド 他

ニューヨーク。ある夜、翌日日本に赴任するロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のサプライズパーティーが開かれていた。その最中突然爆音が響き、その後ニューヨークはパニックに陥った・・・

何者かの襲撃に遭いパニックに陥ったニューヨークの様子がホームビデオに記録され、それがそのまま映画になっているというこれまでにないパターンのパニック映画。
そう・・・簡単に言えばパニック映画なんだけど、それが最初から最後まで素人の手によるホームビデオ映像
って言う設定なもんだから、要するにドキュメンタリータッチ。
なので迫力はかなりのものだし、臨場感にも溢れています。

とにかく映像が良く出来ている。
勿論ほんとにホームビデオ撮影されたわけじゃないし、ほぼ計算尽くでのCG映像なんだろうけど、
破壊されたニューヨークの街が実にリアルに映像化されています。
そして、混乱した素人が撮るホームビデオにチラッチラッと映る「破壊者」の姿が、何とも言えない恐怖を誘う。
とにかく、そいつがちゃんと映らないことが何とも怖いのよね・・・

しかし結局だから何?・・・って思わなくもない・・・・
そいつが何なのかよく分からないし、その他色々と謎だらけなままだし。
要するにこの作品は、斬新な手法で描かれたパニック映画の恐怖をリアルに体感しつつ、謎は謎のままで
見た人にああだこうだと思わせることが狙いなんだろな・・・

あと、最初から最後まで半端無い手ぶれ、プラス爆音やらで、やはりちょっと気分悪くなったぁ・・・
『バンテージポイント』のウィッテカーのビデオはこんなにぶれてへんかったで~
手ぶれ映像絶対ダメ!って人には決してお勧めできません。

☆追記:続編があるそうで・・・謎はそこで明かされるとか・・・


non的お気に入り度: