Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年04月
ARCHIVE ≫ 2008年04月
      

≪ 前月 |  2008年04月  | 翌月 ≫

『フィクサー』

michael_sub2.jpg
監督:トニー・ギルロイ CAST:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン 他
アカデミー賞 最優秀助演女優賞受賞

大手法律事務所に、フィクサー(もみ消しや)として雇われているマイケル(ジョージ・クルーニー)は、私生活でも上手くいかないことが多く、いつまでもフィクサーとして働かなければならない自分に焦りを感じていた。そんな中、大手企業への集団訴訟に関わっていたマイケルの同僚、アーサー(トム・ウィルキンソン)の精神状態がおかしくなり、マイケルはアーサーのもとに向かう・・・

きっと小難しいんだろうなぁって覚悟してたけど、やっぱり最初は混乱しかけたわぁ
しかしそれなりに見応えはあった。
大企業の隠蔽工作の恐ろしさと、その渦の中に巻き込まれた男の苦悩、悲哀が伝わってくる作品でした。

大手法律事務所に勤めながらも「もみ消し屋」というポジションにいる主人公マイケル。
依頼された様々な事を、裏で何事もなかったように掃除するのが彼の仕事。
しかしもとは純粋に法律家としての人生を思い描きその道を歩き始めたはずの彼は、自らの生き方に
焦りを感じ、失敗しながら苦悩の多い日々を過ごしています。
そして、大企業の集団訴訟の弁護を担当していた同僚がある重大な秘密を握ってしまったことで、
マイケルも同じ渦の中に・・・
その中にいながらマイケルはフィクサーとして同僚を消すのか、それとも人として真実を追究するのか・・・

役者さんの演技がとても良かった。
人生に疲れたもみ消し屋を演じたジョージ・クルーニーも素晴らしかったし、狂ったように不正と戦う姿勢を見せた
弁護士に扮したトム・ウィルキンソンも上手い。
そしてティルダ・スウィントンは、オスカーを獲る程かどうかと言われれば分からないけど、彼女の存在感って
やはり凄いと重う。。
彼女好きだわ~。
この作品では、プレッシャーに耐えながらも大企業の法務部長として隠蔽に邁進する弁護士をを見事に
演じてくれています。
彼女がやるだけで、そのキャラクターに何とも言えない陰鬱な空気が漂う。
私的にはもっと不気味な役の彼女が好きだけど


non的お気に入り度: