Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年08月
ARCHIVE ≫ 2008年08月
      

≪ 前月 |  2008年08月  | 翌月 ≫

『ハンコック』

hancok.jpg

監督:ピーター・バーグ 
CAST:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン 他

超人のハンコック(ウィル・スミス)は、悪者を退治したり事件を解決しながらも、いつも酔っぱらいでだらしなく何もかもやり過ぎで、逆に人々の反感を買っていた。ある日ハンコックに命を助けられたPRの仕事をするレイ(ジェイソン・ベイトマン)が、孤独なハンコックのイメージを変えようと提案する・・・

コレまでにもよく映画になってきたスーパーマンにミュータント・・・
ハンコックもまた、どこからやってきた何者なのか良くわからんけどとにかく超人。
でもこれまでの超人と違ってて、この男、とにかくダメ野郎
スーパーパワーで人助けをしつつそれも仕方なくやってるって感じで、周りの事も考えず滅茶苦茶して、彼が動くと
被害増大
おまけに殆どアル中で無礼千万なもんだから庶民に嫌われてる正義の味方なのです。
まぁ例え人間同士でも、映画の中で正義の味方が事件を解決する時は色々壊れるのはお決まりなんだけど
そんな、異色のヒーロー物語なので冒頭からなかなか興味深く面白かった。
飽きるぐらい空飛ぶヒーロー作品を見ても、やっぱり飛行シーンは爽快だし。
って、ハンコックの場合酔っぱらいながら飛んでるからグラングランなんだけど・・・
シャーリーズ・セロンの役どころも面白かったし。彼女、ああいうキャラさせるとほんと格好いいのね~
上映時間も短めだし、何も考えず楽しむ分にはOKじゃないでしょうか


non的お気に入り度: