Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年08月
ARCHIVE ≫ 2008年08月
      

≪ 前月 |  2008年08月  | 翌月 ≫

Superfly NEW Clip! 「How Do I Survive?」

Superflyのニューシングル。
「How Do I Survive?」
モード学園のCMソングにもなってるけど。相変わらず志帆ちゃん、この曲も格好いいよ~

携帯の着うたにしてます

「ララピポ」

ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2)ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2)
(2008/08)
奥田 英朗

商品詳細を見る


奥田英朗著のこの作品、来年映画化されるらしい。しかも脚本が中島哲也で。
それだけの情報による興味で内容についての知識は何も無く読んでみましたよ。
そしたら、まぁこりゃあ何ともお下劣&エロ極まりなく・・・・でも面白いからアッという間に読み終えたけど

「ララピポ」とは、「lot of people」って事。主人公は渋谷に住む多くの人達「lot of people」の中の6人。
有名大卒ながら対人恐怖症のフリーライター。NOと言えないカラオケBOX店員。AV・風俗嬢のスカウトマン。
コンプレックスだらけの中年官能小説家。片付けられない専業主婦でありながらAV女優。デブ専裏DVD女優のテープリライター。
この6人、何らかの形で繋がっていて、共通点はどこか人生を投げていること、そして「性」の欲望に逆らえない
こと。
渋谷という一種独特な文化が息づく街で自らが底辺を歩いている事を認識しつつ、性欲を満たす事だけに
生きる実感を感じている人達。
そして彼らに関わる人間達も又同様で、皆地を這いながら性欲に溺れていく。
そんな彼らの生活振りは目を背けたくなるほど最低で薄汚くはあるんだけど、でも、彼らの気持ちが皆目
分からないかと言われればそうではないかも知れないから、だからきっとこの物語は面白いんだと思うのです。

100%自分の思ったとおりの人生を歩んでいる人なんて、この世の中に一体どれぐらいいるんだろう。
どんなに学歴があってもどんなに誇れる物があっても、どこかで間違った選択をしてしまったら人生の歯車なんて
簡単に狂い出す。
人は皆弱い物・・・・人生がつまらなければつまらないほど欲望の魔の手に負けてしまう・・・それが人間。
でもそれに負けてしまうと、ここまで墜ちるかって言うくらい人は墜ちていくのかも・・・
もうそこまで来たら、笑うしかないんだな・・・・何て事を思わされる物語。

そう言えば、デブ専女優の役に森三中の村上がやるんだって。
そして彼女、この役をやるから旦那様と出会えたのよね。
映画にするとこのエログロ物語どうなってるのか今から楽しみです。

北京オリンピック 閉幕

orinpicend.jpg

昨日、北京オリンピックが終わりました~オリンピックの五輪(・ー・)ノ

この度は殆ど時差も無く殆どの競技を観戦できたし、北島康介選手の2冠に始まり、女子柔道、
女子レスリング、ソフトボールの金メダル、そして男子リレー銅メダルと、大きな興奮と感動を頂きました。
選手の皆様ご苦労様。そしてありがと~
一方で男子柔道の不振、マラソン選手の相次ぐ欠場、野球の不甲斐ない結果などで色々と物議を醸して
もおりますが、ともあれ一番苦労していて最も辛いのは選手本人。
どんな結末であれ自身のやってこられた事に誇りを持って欲しいと思います。

と、楽しい楽しい4年に一度の大イベント、オリンピックが終わっていつも寂しくなる私・・・・
と言いたいところだけど、実は今回はそれ程でもない。
と言うのも、あまりに色濃いチャイナカラーに少々辟易してしまったので・・・

チャン・イーモウ監督の演出による大掛かりで人海戦術による超豪華開会式も、口パクやらCGやらで色々と
言われながら、まぁあれはあれで中国で初めての開催ともなればアレぐらい力も入りましょうにと納得も出来る。
開会式はだいたい大掛かりなもんだし。
問題はその後の本番の競技・・・・
偏った応援にならないように中国側もかなり一般の人を教育したらしいけど、やっぱりその極端過ぎる応援には
見ていてもキツかった・・・・
勿論自国選手が出てきての圧倒的な応援はどこの国でも同じ。
でも、日本選手が出てきただけでブーイングだとか、精神集中させるべき静粛にすべき競技でヤジを飛ばしたり
だとか、ある程度は覚悟していたけどやっぱり・・・・って感じ。
応援云々という以前の、スポーツ観戦マナーってのがなってないっちゅうか・・・
まだまだ色んなスポーツを観戦する態勢が出来ていないのが実状だそうですが。

なんて印象も残った北京オリンピックでしたが、選手の皆様ほんとにご苦労さまでした
4年後、ロンドンも楽しみにしとります

ちなみに新たなイケメンアスリートは発掘できず
スキンヘッドに顎髭、そしてTATOOが流行ってるらしく、今回のアスリートは結構ハードな出で立ちが多かった!
そんな中でnon的一番のお気に入りは、やっぱり去年の世陸に続き、やり投げで連覇を遂げたノルウェーの
アンドレアス・トルキルドセン選手でした。
yarinage.jpg
投擲フォームもとても綺麗なトルキルドセンでした