Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年08月
ARCHIVE ≫ 2008年08月
      

≪ 前月 |  2008年08月  | 翌月 ≫

『デトロイト・メタル・シティ』

detroyt.jpg

監督:李闘士男 
CAST:松山ケンイチ、松雪泰子、黒木ローサ 他

故郷から東京の大学に出てきた純朴な青年、根岸宗一(松山ケンイチ)は、お洒落な街でポップスターになることが夢だった。しかし卒業後、宗一は何故かデスメタルバンド、”デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとしてカリスマ的な人気を博していた・・・・

音楽が大好きは私・・・でもせいぜいハードロックまでで、デスメタルは愛好しておりません。
そして、甘くて軽いポップスも同じく趣味ではない。
この、デスメタルとポップスは、音楽ジャンルの中でも真っ向から相反する位置にあり、それは絶対的に
相容れない世界でしょう。
主人公の根岸宗一は、お洒落なポップスターを夢見る純朴チェリーボーイなのに、何故かデスメタルバンドの
カリスマボーカルに・・・・
そう仕立て上げたのは松雪泰子扮する事務所の社長なんだけど、松雪ねえさん、ぶっ飛んでましたわね・・・
Sキャラ全開で、彼女、実に楽しそうに演技してたな
そんなぶっ飛び社長が何よりデスメタルを愛し、何故か根岸君に目を付けデスメタルバンドのボーカル、
「地獄から来たクラウザーさん」・・・とやらにしてしまう。
clouzer.jpgクラウザーさん
ポップスターになるのが夢だった根岸君、皮肉にもデスメタルバンドの歌作り担当として、そして悪魔キャラとしての
才能が開花
そして彼は、本当にやりたい事と違う事をやらなければいけないジレンマに苦悩する・・・
と言う、笑える話。やはり何もかも漫画です。それぞれのキャラがおかし過ぎ。
細部を真剣に考えればツッコミ所もあるし、笑えそうで笑えないところもあったりするけど、ひたすらに馬鹿馬鹿しさに浸れれば面白い。
KISSのジーン・シモンズもノリノリでおバカなメタル対決に参戦してくれてますし、そう言う姿を見れるだけでも
古いロックファンには有り難いのです

ちなみに私、音楽としてはまだデスメタルよりポップスの方が聴けると思ってましたけども、根岸宗一よりは
クラウザーさんの方が断然かっこええ~と思ってしまいまして(根岸君がイケなさ過ぎだけど)・・・・
ラスト近くには危うくクラウザーさん信者になりかけたわ・・・
やっぱり基本的に甘ったる~いのよりギンギンが好きなのよね・・・・


non的お気に入り度: