Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年09月
ARCHIVE ≫ 2008年09月
      

≪ 前月 |  2008年09月  | 翌月 ≫

『ウォンテッド』

wantedposter.jpg


監督:ティムール・ベクマンベトフ  
CAST:ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン 他

親友に恋人を寝取られ上司に頭が上がらず冴えない毎日を送るウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、ある日突然ある美女にさらわれ、彼が凄腕暗殺者の息子であると告げられる。そしてウェズリー自身も又、類い希な能力を持ち合わせており、その道を進むよう言われる・・・

斬新な映像で痛快で、面白かった~ 
アクション映画での弾道のスロー映像は『マトリックス』以降良く目にするけど、この作品ではそれがフルに活かされ
さらにバージョンアップし、弾道以外にもスローアップ映像が満載で実に効果的に作品を盛り上げてます。
とにかくその映像と言ったらすごい・・・・
CG映像を駆使した作品って本当に多いけど、久々に最初からグイ~ッと惹きつけられた~

主人公はタムナス@マカヴォイ君が扮する冴えない青年。
そんな男の子の前にある日突然謎の美女が現れてえら~い事に巻き込まれるぅ~!
いつもはどちらかというと可愛いマカヴォイ君、格好良かったよん
お気に入りなんで冴えない時もそうじゃなくなった時も贔屓目で見てしまいますが・・・
でもやっぱり切なく苦悩する静かな役の方が良いわね
そして何より、アンジー格好良すぎ~~ 
登場したときからあまりの格好良さにゾックゾクしましたわ!!!
anjelina.jpgほうら・・・こわ綺麗・・・
やっぱりこういう役、ビンゴ~ アンジー姐さんしか考えられまへん。
これからもこの手のキャラ、やり続けて欲しいなぁ。

こういう類の作品がダメな人には合わない作品だろうけど、私はやっぱり好き
ストーリー云々よりもやっぱりあの映像には素直にやられてしまう。
それに、ハチャメチャな中にも最後まで小気味良くて洒落がきいてたのも良かったわ


non的お気に入り度: