Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2008年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年09月
ARCHIVE ≫ 2008年09月
      

≪ 前月 |  2008年09月  | 翌月 ≫

「さまよう刃」

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾の作品は読みやすくて、何を読もうか迷ったときに手にしたりします。
単なるサスペンスにとどまらず、人の心の深い部分まで書かれていて共感することも多く、アッという間に読み終えて
しまう彼の作品。
そしてこの「さまよう刃」もやはり最初から最後まで一気に読めました。
でも、思いの外重く、後味の悪いキツいストーリーだった・・・・

物語の始まりは、ある少女が犯罪に巻き込まれる場面から。
少女はある夜未成年数人にさらわれ陵辱され、結果遺体で発見されます。
少女の父親は密告から真犯人を突き止め残忍な犯罪の全てを知り、復讐することを決意。
逃亡する未成年の犯人・・・・それを追う父親・・・・・
未成年の犯した凶悪事件とその復讐劇に、世論は二分します。
犯人は逮捕されても未成年と言うことで被害者遺族の満足いく刑を受けないまま、社会復帰する事が予想
される。
だからこそ、真犯人を追い復讐しようとする父親の気持ちは分かる。
とは言っても、それも又、罪になる・・・・・
その事件の残忍さを知れば知るほど人々は辛くなり、やり場のない怒り、心の刃をさまよわせるのでした。

もし私の子供がこんな目に遭ったら・・・・この作品を読むとそう思わざるを得なかった・・・
遺族の思いはおそらくその立場にならないと分からないでしょう。しかしそれは、想像を絶する生き地獄である
と言うことは間違いない。
だからと言って犯人に復讐することが良いことだとは決して思わない。
でも我が子が蹂躙されたことを知ったら、増してその場面を見てしまったら、おそらく私も鬼か悪魔になるのでは
ないか・・・

今は平気でこの様な凶悪な事件を起こす若者が居て、そしてそれによって人生を滅茶苦茶にされる人が居て
・・・・決して非現実的ではないこの物語は、娘を持つ親としては非常に辛いものでした。