Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2009年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2009年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年02月
ARCHIVE ≫ 2009年02月
      

≪ 前月 |  2009年02月  | 翌月 ≫

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

081202_benjamin_sub1.jpg

監督:デヴィッド・フィンチャー 
CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他

ある盲目の時計職人が第一次世界大戦で息子を失い、時を戻したいという願いのもと、時を逆さに刻む時計を作り姿を消す。そして終戦後の1918年、ニューオリンズ。ある家庭で老人のような姿をした男の子が産まれ、その子はその夜、養老院の玄関に捨てられる。ベンジャミン(ブラッド・ピット)と名付けられた彼は、その日から養老院で育てられ、成長と共に若返っていく・・・

期待通り面白かった。こういう1人の人生をテーマにした作品、好き 長い上映時間もアッという間だった。
でも、若い頃に見てたらイマイチピント来なくて退屈だったかも知れないな・・・・

80歳から成長と共に若返るなんて、そりゃあ有り得ない。
だからこの物語ある意味ファンタジーなんだけど、その有り得ない運命の元に生まれた男の一生を通して
出会いの素晴らしさ、人生の悲喜劇が描かれていて何となく『フォレスト・ガンプ』っぽい。

幼い頃はしわくちゃで短命と思われていた人間が、年を経ると共に元気になっていく・・・・・
そんなとっても異常な生い立ちを強いられたベンジャミン。
同年代の子供と遊びたくても出来ないというジレンマにかられる辛い幼少期を経て、どんどん若返る彼は
その奇異な人生を受け入れながら、様々な人々と出会い、影響を受けながら彼なりの人生を生きていく。
ベンジャミンと色んな人との出会いはどれも興味深いエピソードではあるけども、彼にとっても最も大きな
意味を持つ事になるのが、美しい少女デイジーとの出会い。
ベンジャミンとデイジーの物語は切なく、そして美しい・・・・

普通に年を重ねていくデイジーと若返っていくベンジャミン。
彼らはどこかの時点でお互いの見た目が最も釣り合った時を迎え、そして同時に最高の時も迎える。
でも、時は残酷・・・・特にこの2人には。
女は老い、そして男は若く美しくなっていく・・・・・
女にとってこんな苦しい事ってあるだろうか。
いつまでも愛する人のために美しくありたいと願い、それが無理でも共に年を重ねたいと願う。
なのに、皺や贅肉が増え、醜くなっていくのが自分だけなんて、、、、
そんなやりきれない未来を抱える2人のストーリーに目が離せなかった・・・

とにかくメイクが凄い!
年老いたブラピの姿はCMなどでも知れてるところだけど、ケイト・ブランシェットの老いた姿もとても自然。
いや~ほんとに今の映像技術って凄いね~
で、私これまでブラピを格好いいってあんまり思ったこと無かったんすけど、この作品では思っちゃいましたわよ

だって、始まりがこれで、
BenjaminButton-poster.jpg
それが
こうなっていく訳で、、、
benjamin.jpg
デイジーじゃなくてもドキドキしてまうわっ
はなたれ坊主だった幼なじみが、大人になって会って格好良くなってたらドキっとしちゃうみたいに、
ベンジャミンの場合は幼い頃がかなりのもんなので、デイジーにとったらそりゃあ更に愛情も増すってもんです。

そして、ケイトもブラピに負けずめちゃくちゃ美しかった~
081222_benjamin_newmain.jpg
彼ら2人が寄り添う場面は本当に綺麗
だから余計に切なかったりするんだけど・・・・・

人間は皆若さを求め、いつまでも若い頃のまま美しく元気でいたいと願う。
でもきっと、愛する人と共に年を重ね、共に生きていく事が幸せなんだと思う。
そしてどんな人生にも喜びと悲しみが折り重なるように訪れ、いずれ別れは必ず来る・・・
時を戻したいと願う時計職人の不思議な力を授かって生まれた不思議なベンジャミン・バトンの一生は、
全ての人に共通する普遍的な人生のテーマを見せてくれました。


non的お気に入り度: