Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2009年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2009年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年02月
ARCHIVE ≫ 2009年02月
      

≪ 前月 |  2009年02月  | 翌月 ≫

『接吻』

接吻 デラックス版 [DVD]接吻 デラックス版 [DVD]
(2009/02/25)
小池栄子豊川悦司

商品詳細を見る

監督:万田邦敏 CAST:小池栄子、豊川悦司、中村トオル 他

ある日閑静な住宅街で無差別一家惨殺事件が起きた。犯人の坂口(豊川悦司)は逮捕前に自ら報道陣を呼びだし、カメラに笑顔を見せる。それをテレビで見たOLの遠藤京子(小池栄子)は坂口に関心を持ち、坂口の生い立ちについて詳しく調べ、毎回裁判を傍聴するようになる。そして、坂口の弁護士、長谷川(中村トオル)に自らを坂口に紹介するよう依頼し、その内手紙のやり取りをするようになる・・・

死刑になるであろう凶悪犯に好意を抱く女・・・・そんな女の不思議な愛の形を描いた作品。

小池栄子扮する京子はフツーのOL。そんな京子がある日凶悪犯の坂口の笑顔をテレビで見て、関心を
抱くようになる。
「私はあなたと同じ・・・」と手紙を出し、そして「結婚」を願うように。
そして、そんな京子に惹かれるのが坂口の弁護士の長谷川。
惹かれるって言うか、心配してる・・・・って感じなんだけど。
殆ど表情もなく地味な京子が必死になって坂口に尽くす姿は異様だけど、それが健気にも見えたのかも。

京子って子は勤め先では同僚に言いように使われ、どうもそれまでもそう言う人生を歩んできたらしい。
京子の生い立ちに関しては作品中では触れられていないけど、とにかく坂口に自分と同じ「陰」を見付け、
それが「愛」になっている。
「いつかみんなを見返してやりたい」という思い、そして、世間への反発、復讐を坂口と共にやり遂げたい思いが
彼女の「愛」の形となっている。
そんな2人はそれまで一度も会ったことのない2人なのに、どこか昔から知ってる恋人同士にも見える。
ガラス越しの京子と凶悪犯の愛の時間は、哀しくて、でもとても美しくも見えた。

弁護士の長谷川はそんな京子を心から心配するんだけど、その愛を京子が素直に受けとめることが出来るなら、
それが本来の女性の幸せの形だろうに・・・・
それが、そうなれない哀しみが、この作品の軸になってるんだろうな・・・・

主演の小池栄子さんの演技はどんなもんだろ~って思ったけど、これが上手かった。とても良かった。
主演賞獲っても良いんじゃない?
複雑な、通常では有り得ない女性の心理を演じるのは難しかったと思う。
勿論、殆ど無言の不気味な凶悪犯を演じたトヨエツさんも良かったです。

ラスト・・・・・あの「接吻」は何を意味していたのか・・・・・色んな解釈があるだろうな・・・・・
いずれにせよ、小池栄子の熱演が一番印象に残りました。


non的お気に入り度:

『レールズ&タイズ』

レールズ&タイズ [DVD]レールズ&タイズ [DVD]
(2009/01/07)
マーシャ・ゲイ・ハーデンケヴィン・ベーコン

商品詳細を見る

監督:アリソン・イーストウッド CAST:ケヴィン・ベーコン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

鉄道技師のトム(ケヴィン・ベーコン)は、末期癌で余命僅かの妻メーガン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)と向き合えないでいた。ある日トムが操縦する列車に車が飛び込んできて、女性が死亡。その後、謹慎となったトムの所に、事故で母親を失った息子のデイビーが訪れ、彼を引き取ることに・・・・

未公開だしあまり情報が無いんだけど、映画ブロガーさん達の評価が良かったので見てみました

クリント・イーストウッドの娘、アリソン・イーストウッドの初監督作品。
パパは言わずと知れた名俳優で名監督。
そんな娘さんの作品って事で、これがデビューと言えどなかなか素敵な、私好みの作品だった~

ケヴィン・ベーコン扮する鉄道技師のトムは、ぶっきらぼうで不器用で、妻の病気とも向き合えない男。
マーシャ・ゲイ・ハーデン扮する妻のメーガンは愛の溢れる女性。でも、余命僅かな自分と向き合えない
夫に辟易し、2人の関係もぎくしゃく。
そんな2人の所に突然やって来る1人の少年・・・・トムが操縦していた列車で轢死した母親の子供・・・

本来関わってはいけないその少年に余命僅かなメーガンは母性を感じ、彼を引き取ることに。
母を目の前で失った少年、その死に関与した男、そして余命僅かなその妻・・・・
そんな、希有な関わりを持った3人の生活が始まる。

そしてその生活の中でいつしか生まれる「愛」・・・・「死」だけが目の前にあった彼らの中に芽生えた「愛」。
見えてきた、「生きること」の意味。
人は愛する人を失っても、「愛」があれば、深い「絆」があればまた、強く生きていける・・・・
そんなメッセージが静かに、力強く伝わってくる。

ケヴィン・ベーコンやマーシャ・ゲイ・ハーデンの渋い演技は言うまでもなく、少年役の子も滅茶苦茶上手いのよ
やっぱり子供の演技には泣かされるわ~

とっても静か~だけど、深いストーリーに涙無くしては見れない作品。
娘イーストウッド監督の今後にも期待です


non的お気に入り度: