Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
      

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

『ファミリーポートレイト』

ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
(2008/11/21)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

母、マコと二人で14歳まで流浪の生活を送った娘、コマコの半生を描いた作品。

長い!でも面白いし読みやすいしあっという間に読めた。
物語は大きく二つに分かれる。
前半は娘の5歳~14歳まで、母娘の逃亡生活。
そして後半は母と別れた後の娘のその後。

前半は、それは残酷でそして愛に溢れた母娘の物語。
娘は何も言わず母に絶対服従。どんな目に遭っても母の為に生き続ける。
その部分は『私の男』の母娘版ともいうべきか。
いやあれより恐ろしいけど…
そんな母娘の流浪生活は、怖いけどでも覗いていたくなる痛々しい愛が溢れた物語。

後半は14歳まで異常な環境におかれた娘が突然現実の社会に引き戻されてからの話。
母の暴力と愛に抱かれ依存し、自らの尊厳全てを奪われながら生きてきた少女が
どうやってその後を生きるのか…
前半の嵐の様な展開は一気に穏やかにはなるが、その後の娘の生き様もまた面白い。

長いと言う事もあるけど、その濃過ぎるぐらい濃い物語にぐいぐい引き込まれ
とても読み応えがあった。
非現実的でどこか夢物語な感じでありながら、でもやっぱりその世界はどこかに
本当に存在するかのように思えてしまう不思議な作品。
『私の男』もそう言えばそんな感じだったな…

母娘の話以外にも、小説が人にとってどのようなものであるのか、そして小説家と言う人達は
どういう人達であるのか…何故物語を書き続けるのか…皆が皆そうでは無いにしても、
なるほど作家さんと言うのはこうして物語を紡ぎ出すのだと思える作品でもありました。

あたしゃ結構厳しいしどっか冷めてるからあんまりうまく子供に愛を伝えられない。
だらしないし自分勝手だし怒ると鬼みたいだし、虐待はしないけど でも娘は従順やねんなぁ… 
桜庭さんの本読んでたら、何となくコマコと娘がかぶったりして…
胸がチクチクしたわ…

『ばかもの』

ばかもの [DVD]ばかもの [DVD]
(2011/06/03)
成宮寛貴、内田有紀 他

商品詳細を見る

原作は既読。”ばかもの”な男女の出会いと別れ、再生物語。

カット割りとかカメラの寄り方とかそういう専門的な事は語れないけど
どうしてもこういう感じはドラマみたいに見えてしまう。
監督さんはデスノートの人やねんね。
でも原作のイメージに近いストーリー展開や役者は良かった。

ある日突然年上の女に童貞を奪われ人生も狂わせてしまう主人公の成宮君も良かったし、
何より若い男を翻弄する女役の内田有紀がすんげーいい女。
めっちゃ綺麗でスタイル抜群。
乱暴で男勝りで、それでいて謎めいていて官能的…
喘ぐ内田有紀は女の私が惚れそうになるぐらい色っぽくて美しい。

でも、出来ればもちょっと思いきってほしかったかな。
大事な濡れ場で男優との間にタオルみたいなのが見えると萎えるし。
ボロリンと出す必要は無いけど、せめて『うなぎ』の清水美砂さんぐらいな感じで。
あるいはそのタオル的な物は一切見えないようにちゃんとしてほしい。
そう言うの大事よ。

『彼女がその名を知らない鳥たち』

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)
(2009/10)
沼田 まほかる

商品詳細を見る

過去の男への思慕にとり憑かれた女とその女に献身的に尽くす醜い男の物語。

重苦しい話だけど面白かった。
前に読んだ同著者の『九月が…』より読みやすい。
でも、愛憎、肉欲に溺れる女、女に尽くす不男の存在と言う点は共通してる。

女に虐げられても従順に尽くす不男…
おそらく女は皆この作品中に出てくるこの男に対して嫌悪感を抱くだろう。生理的に。
どうもまほかるさんは、醜い男の献身愛とそれに対する女の心の移り変わりを
描くのが好きみたいね。

内容は終始陰鬱だけど、最後は切なさすら感じる深い愛の物語でもある。

『最後の初恋』

最後の初恋 [DVD]最後の初恋 [DVD]
(2010/04/21)
リチャード・ギア、ダイアン・レイン 他

商品詳細を見る

夫と別居中の中年女性がある日親友の代わりにホテルの運営を任され、
宿泊客の医師と出会い恋に落ちる。

この作品の何が見たかったっちゅーと、ダイアン・レインとリチャード・ギアの共演ってところ。
このお二人昔から共演が多い。コットンクラブとか運命の女とか。

ギアもダイアン・レインも大好き。
コットンクラブは公開当時友人と見てしばらく夢中になった。
ってかギアにハマりまくってたし♥

ギア様は今はもう当時の様な匂い立つフェロモン男では無くなったけど、それでも素敵です。
ダイアン・レインも綺麗。
でもこの作品見てつくづく自分の老いも感じたわ…

何気にギアの息子がフランコ君やねんなw 
セクシー親子で萌え♡ 

内容はまぁよくある感じ…
悩める中年の男女がその年で恋に目覚め立ち直る…みたいな。
そんな事よりとにかくこの二人の共演が私にとっては感慨深いのです…

『バトル・オブ・シリコンバレー』

バトル・オブ・シリコンバレー [DVD]バトル・オブ・シリコンバレー [DVD]
(2011/12/21)
ノア・ワイリー、アンソニー・マイケル・ホール 他

商品詳細を見る

スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツがいかにして大企業を築き上げたかを
同時進行で描いた作品。

'99年に製作されたフィクションドラマ。
綿密な取材によって描かれてるみたいだけどあくまでもフィクションだとか。
でもほぼ事実やろね。面白かったです。

お二人の事は漏れ伝わってくる情報でしか知らなかったけど、色々分かって面白かった。
ビル・ゲイツはイメージ通りのオタクテイスト。
スティーブ・ジョブズは宗教等神秘的な事柄に積極的に興味を示し、仕事を芸術と謳う、
まるでロックスター。
相反する二人の天才バトルはほんまおもろい。

私が昔勤めていた会社もちょこーっとだけ絡んでたりして余計に興味津々。
その会社で昔、導入したばっかりのマッキントッシュを誰が最初に使いこなすかって事で
やいのやいのしたのを思い出した。
そんで怖々使い始めたMac、その使い心地の良さに感動したなぁ…

『向日葵の咲かない夏』

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る

ある日主人公がクラスメートの死体を発見。
しかし直後に遺体は消え、主人公は妹と共にその謎を追う…

とだけ見ると普通のサスペンスみたいやけど違ってた。
面白かったと言えばそうだけど、理解し難い部分も…
読む人によって解釈が変わってくるかな。

終始陰鬱とした感じが支配していて、主人公が子供って言うのがよりその陰鬱さを
強めてるかもしれない。
今の世の中ほんとにこういう子がいるかもって思わなくもないし。

想像力の欠如は今の子供達が抱える問題のひとつだと思うけど、
その想像力もある一線を超えたら恐怖…なんて思いました。

『猫鳴り』

猫鳴り (双葉文庫)猫鳴り (双葉文庫)
(2010/09/16)
沼田 まほかる

商品詳細を見る

1匹の猫の一生、そしてその周辺で巻き起こる人間ドラマが描かれた作品。

まほかるさんの作品やからグロいのかと思ってたら違ってた。
生きる事に臆病な人間達と、逞しく生きる猫の対比が面白い。
猫好きな方にはたまらない作品かも。

猫飼ってらっしゃる方には涙なくして読めない作品かな。
ワンコ好きな私でも昔飼ってたワンコとその最期を思い出して胸が熱くなりました。

『僕の中の壊れてない部分』

僕のなかの壊れていない部分僕のなかの壊れていない部分
(2002/08)
白石 一文

商品詳細を見る

3人の女性と付き合いながら、また心に傷を負った若者を思いながら、
主人公の青年が生きるとは何かを探求していく物語。

何とも屈折した主人公の心の声が描かれた作品。
ほんま、まるで「人間失格」そのものと言って良いぐらいの曲がりっぷり。

3人の女性と深い関係になりながら同時に彼女達を軽蔑し、そして求めまた軽蔑しと言う主人公。
どんなに愛されても愛を受け入れる事が出来ず理屈っぽく。
全て幼い頃のトラウマから来てるらしいが、にしてもグダグダ…
「人間失格」の主人公と違うところはかなり強情なところかな。

身勝手な理屈をこねくり回す主人公に勿論共感は出来ないけど、
生きる意味を探求する上での彼の哲学はなかなか面白かった。

人は何故生まれてくるのか、何故生きるのか…
いずれ皆その時を迎えるのに何故生まれてくるのか… 
私も若い頃そう言う事考えたなぁ…子供が出来て考えなくなった。

『さらば愛しの大統領』

さらば愛しの大統領 [DVD]さらば愛しの大統領 [DVD]
(2011/04/20)
世界のナベアツ、宮川大輔 他

商品詳細を見る

大阪府知事選に当選後、独立国家、大阪合衆国の大統領となった芸人、
世界のナベアツを取り巻くドタバタ喜劇。

あーわろたわろた。
まぁ単にナベアツのオモローがふんだんに織り込まれたはちゃめちゃ喜劇なだけやけど。
こんなん一般ウケする訳無いし、でも私は嫌いじゃ無い。

ケンコバと宮川大輔はダウンタウンの次に好きなぐらい好きやし、彼らの演技は最高。
その他出てくる芸人さん達もほんまオモロくて、そんな吉本芸人の中でちらちら登場する
名優も良い♪
大杉漣さんオモロ過ぎるわ…

ただ、あまりに最初から笑いに走り過ぎての2時間は、やっぱり途中疲れるねんな(^^;)

大阪と言えば犯罪にホームレスにおばちゃんにアホなお笑いに…
まさかこの映画が幸せ度ランキングに影響したんちゃうやろね(笑) 
でもこの作品の通り、暗い事も笑いに変えてまうのは大阪のいいところやねんけどな。
しかし大阪のおばちゃんはみんなあんなんちゃうしw

『バーレスク』

バーレスク [DVD]バーレスク [DVD]
(2011/10/05)
クリスティーナ・アギレラ、シェール 他

商品詳細を見る

有名になる事を夢見てLAに出てきた女の子が、ラウンジ「バーレスク」で成功する物語。

こりゃクリスティーナ・アギレラとシェールねえさんのPV映画ですなw 
内容はある程度先が読めるしこれと言って面白いとは思わないけど、
アギレラちゃんの歌唱力はさすがです。


『Jの神話』

Jの神話 (文春文庫)Jの神話 (文春文庫)
(2008/11/07)
乾 くるみ

商品詳細を見る

全寮制のミッション系女子高で起きた美少女達の不審死事件、
それに関連する事件を主人公の女探偵追っていく物語。

前半は、いかにも曰くつきな感じの美女揃いの女子高の空気感、
そこで過ごす一人の孤独な少女の心の揺れや、不審な事件を
探偵が追う展開がそこそこ面白い。

でも後半、その真実が見えてくると…これは何とも予期しなかったエログロサスペンスww 
しかもちょっとSF。
驚くべきその物語の真実は、しかし乾さんなりのキリスト教の言い伝えに繋がり…って、
めっちゃ無理あるしw 
なんか最後はワロてもた…

いやまぁ~よくあんな発想するわぁ~って感心。
ま、作家さんやし当然やけど。
やっぱ女性やからこその発想かな。
女として男でもありたい…女としてだけでなく男の悦びも知りたい…みたいなとっから来んのかな??