Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

『森に眠る魚』


森に眠る魚 (双葉文庫)森に眠る魚 (双葉文庫)
(2011/11/10)
角田 光代

商品詳細を見る

東京の文教地区を舞台に、同世代の子を持つ5人の母親の関係を描いた作品。

洗練され教育レベルの高い町で幼い子供を育てる5人の主婦。
各々違った環境で生きてきた5人が悩み多き育児生活の中親しくなるが、小学校受験への
価値観の差などからその関係に変化が生じる。

まるでかつての私自身の話かと思うぐらい思い当る事だらけの物語だった。
5人それぞれかなりキャラは違うし考え方も違うけど、彼女達がその時々で感じる不安、
嫉妬、焦燥感など、どれも昔自分がチラッとでも感じた事のある事だったり、またそれぞれの
登場人物に関しても、そう言う人を間近で見た事があると言う感じ。

幼い子を持つ母親は強烈、猛烈に孤独だ。
いつも側に我が子がいながら何故かこの世に親子二人取り残されてる気分になる。
不安で怖くて、だから共感出来る人、話を聞いてくれる人を欲しいと強く願う。
だから、少し話して良い感じだとホッとして、凄い引力で引き合ってしまう…その時は。

でも、付き合っていく内にいつか歪みが生まれる。
本作品でキーになっているお受験への価値観もそうだけど、育児のやり方、考え方の相違などを
きっかけに、様々なネガティブな気持ちが生まれ良い関係を保てなくなる。
気が付くと母達は、出口の見えない暗い森を彷徨い続ける魚になる。

子供がいるから仲良くなれた人達、子供がいるから関係がこじれてしまった人達…
私にもこの両方の人達が存在する。
こじれる時は本当に苦しくて、あの時の私もまさしく暗い森を彷徨いろくに息も出来ていない、
あっぷあっぷした魚みたいだっただろうな…
醜く腫れあがった死にかけの魚(笑)

でもそれも全て私にとってもう過去の事だから楽しめたものの、あの時を思い出したのか
読んでて結構苦しくなった。
まるで真梨作品を読んでるかのようにある意味グロさを感じながら。
実際はそこまでグロくは無いけど。
そして、こう言う母達の苦悩は、やはりどこでもあって多くの母達が経験するんだなと実感。

以前文京区で起きた事件、母親が我が子と同級生の子供を殺害した事件を本作品を読んで
思い出したけど、やはりあの事件を背景にして描かれてるっぽい。
綺麗な町で綺麗な幼稚園に子供を通わせるのは一見素敵だけど、その中に入り込んでいくには
相当ハートが強くないとあかんのよね…

あの文京区の事件、当然許してはいけない事件だけど、その背景やらを知れば知る程当時の私は
犯人を責める気持ちになれなかったなぁ…
あの親子さえいなければ…私も何回思ったか分からん。
なんであの親子から逃げるように、避けながら生きなあかんのか…
自分の弱さを責めたり相手を責めたり…

核家族が当たり前の今の時代、母達は孤独で視野がどんどん狭くなっていくから何かトラブルに
ぶつかると若い時以上に追い詰められるし、また子供の事となると自分の事以上に苦しい。
子供の為にも、母達がのびのびと育児出来る国になればいいのにねぇ…

『ほかならぬ人へ』


ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)
(2013/01/10)
白石 一文

商品詳細を見る

第142回直木賞受賞。

名家に生まれながら強いコンプレックスに苦悩する主人公が、恋愛、結婚、
様々な出会いを通して思う人生の意味、本当に大切な人とはを描いた作品。
もう一遍の『かけがえのない人へ』も同様、主人公にとっての大切な人とは、が描かれている。

この二編、『ほかならぬ』と『かけがえのない』の共通点は、主人公が申し分の無い
家柄出身でありながら家族を愛せず、人生を謳歌出来ていないところ。
違いは前者は苦悩しながらも生きる意味、ベストパートナーの意味を探り続け、
後者は流されるまま生きる中ベストパートナーに気付くと言う感じ。

生きる姿勢や人との出会いに於いて思い入れが違うそれぞれの主人公だけど、
どちらもいつかこの人こそ自分にとってベストだと気付く時が来る。
でも人生は皮肉…

物語中の文言にもあるけど人生のベストパートナーだと分かる「証拠」ってなんでしょうね。
それがこの二つの話のキーなんだけど。
結婚相手が自分のベストか、皆一応それは思うだろうけど、本当にベストかなんて分かる訳が無い。
結婚を後悔してる友人がどれ程いる事か…
でも彼女達もその時はその人がベストだと思ったんだと思うし。
そして、結婚当初に「証拠」とやらがあったとしてもその定義も変わったりするし。

白石作品はこれで二つ目。
確か前の主人公も恵まれた環境にいながら悶々してて現代版人間失格みたいって
思った覚えが。
この手の主人公の話は嫌いじゃない。
その悶々が面白いし、前向きに生きていくヒントにもなる。
でも白石さんの文章は時に長々と説明臭くて入って来にくい箇所があるのも正直なところ。

また、主人公がボンボンお嬢ちゃまだからか、白石作品が苦手って人もいるみたい。
私はまだ二作しか読んで無いし、もちょっとチャレンジしてみようかな…

ファン

アスリート好きになったり俳優好きになったりアーティスト好きになったり…
これまで色々追いかけてきた。
その時はまるで恋愛中みたいで、例えば映画だと、好きな俳優の作品網羅したくなったりして
色々借りて見て、結果それが自分の財産になったりしてる。
スポーツも音楽も、その人を応援するために見たり聴いたりして、それが結果自分の知識となる。

多分私は一生こうやって、テレビや映画館で出会う人を好きになって慕い続けるだろう。
単純に、小説のストーリーに感動したり、映画のストーリーや役者の演技に感動したり
スポーツに感動したり、音楽に感動したり、それはそれで人生を彩ってくれるものだけど、
そこにいる人に目を向けて夢中になるのもまた、前向きに生きていくエネルギーの基になる。

主婦は、結婚してしまうとそう簡単に恋愛できなくなる。
中には現実に身近な人と恋に落ちて許されない愛に走る人もいるけど、まぁ私にはその勇気は無い。
無いし、毎日真面目に私を支えてくれる家族を思うとそんな事は出来ない。

でも、ときめきは欲しいと思う。
ときめきが必要だと思う。
残念ながら、夫婦と言うのは長年一緒に暮らしていると恋愛感情などお互い失くしてしまう。
って言うか、恋愛感情などは一時のトランス状態なので長く続く訳は無いんだけど…
でも、そのトランスがまた欲しくなる。
そのトランスが無いと、どんどん老けていくしつまらない。
だから主婦は、例えば韓流に走ったり、あるいはジャニーズを好きになったりして。
そしてその好きになった時のエネルギーも凄いもの。
若い時には考えられなかったエネルギーを発散させて夢中になったりする。

でも…
楽しいんだけど、夢中になるの楽しいんだけど、夢中になり過ぎると、知り過ぎてしんどく
なる事も多々あり、その都度、ファンである事も簡単ではないと実感したりして…

なんでもそうよね。
友人関係も男女関係もそう。
スタート時点は楽しい。
でも深く入り込めば入り込む程色々見えてきて、知り過ぎて、ネガティブな感情が生まれる。

テレビや映画館で見る人達は、言ってみれば「夢」だ。
実際自分と仲良くなってくれる訳ではなく、もし握手をしたとしても、サインを貰ったとしても、
きっと覚えてはもらえないだろうし自分はどこまで行ってもその人達にとってみれば
単なるファンの一人だ。
その「夢」とファンとの関係を良い感じで保つためにも、「夢」を「現実」にしてしまうのは
決して良い事では無い…と、私は思う。

最近では有名人もSNSを使って自分の情報を発信したり、あるいは一般人に発信されたりする。
そこには、ファンが知るべき事ではない事も含まれる事がある。
SNSで有名人の私生活が知れると、身近に感じられてそれはそれで嬉しい。
でも、そこには一線があって然るべきで、ファンが知るべきでは無い「現実」は載せられない方が
良いと私は思う。

以前大好きだったアスリートにある噂が持ち上がった時、それはガセだって分かってたけど
気が気じゃ無かった。
だって、その噂の相手がSNSでまるで自分が本当にその人の彼女であるかのような、思わせぶりな
事を書くから、一般人はそれを真に受けてどんどん情報を広めるし、本当に不快だった。
その相手の人がSNSをやめてくれればどれだけ楽かと思った。
でも結局それは本当にガセで、後に本命とのデート現場を知る事になったんだけど^^;

いずれにしても、そりゃ若いんだもん。
異性の友達がいても、恋人がいてもおかしくない。
でも、知りたくない。
「夢」は「夢」であり続けて欲しい。
「幻想」でも良い。
「幻想」であり続けて欲しい。
見るべきでは無い「現実」を見てしまって、自分の人生の娯楽を失うなんてアホらしい。

純粋に映画を楽しみたい、スポーツを楽しみたい、音楽を楽しみたい…
ファンとしての原点に戻る為にも、時々距離を置く事も良いかもね。
ほどほどに…ほどほどに…