Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP映画あ行 ≫ 『イカとクジラ』

『イカとクジラ』

イカとクジライカとクジラ
(2007/06/20)
ジェフ・ダニエルズ、 他

商品詳細を見る


監督:ノア・ボーンバッハ CAST:ジェフ・ダニエルス、ローラ・リニー他
アカデミー賞脚本賞他ノミネート作品

ブルックリンに住むバーナード(ジェフ・ダニエルズ)は落ち目になった元売れっ子作家で、妻のジョアン(ローラ・リニー)は有望な新人作家。そんな二人は離婚することになり、二人の息子は決められた曜日に父母それぞれと過ごす・・・

一見理想的に見える家族。インテリな両親に可愛い子供達。
しかしその理想型が崩れた時、それぞれの心はどこへ行くのか・・・

尊敬すべきプライドの高い父親が崩壊していく時、母親が「女」になった時、そしてそんな両親の姿に
戸惑う子供達の様子が淡々とシニカルに描かれたこの作品。なかなか面白かったです。
実に淡々としているんだけど全く退屈しなかったなぁ。
父親の肩を持つ長男、母が大好きな次男。
彼らの心の揺れがとても繊細に描かれていて、とても興味深く見れました。
あれが女の子ならまた違った感じになるんだろうけど。
男の子だから尚、興味深かったのかも知れない。
男の子の父を思う気持ち。そして母への思い。
その複雑な胸の内が時には痛々しいほどで、大人の勝手さが腹立たしかったんだけど。

ただこれもあれですよ。「え!ここで終わりかいな!!」的な終わり方。
突然、THE ENDです
そう言う部分も含め、見てる者の解釈によって色んな考え方が出来る作品でもあります。
答えが出たような出ていないような・・・いや寧ろ更に複雑になっていきそうな気もするのに・・・
でも結局、「人生ってそんなもの」って事なのかな・・・

父役のジェフ・ダニエルズ、母役のローラ・リニーは当然良い演技を見せてくれましたが、子供に扮した
二人がとても良かったです


non的お気に入り度:

Comment

編集
nonさん、こんばんは。

これね、私も今日観ようと思って
レンタルしてきたとこですよ~(笑)
ほぼ時を同じくして、同じ作品を選んでた
なんて、なんか嬉しいですv-398

観たら、また、感想UPしますね!
2007年09月20日(Thu) 20:57
編集
◆yukomさまへ
こんばんは♪ コメントありがとうございます☆

そうですか~偶然ですね~v-411
こういう偶然、なんだか嬉しくなりますねe-343

感想楽しみにしてまぁ~すv-410
2007年09月20日(Thu) 21:00
こんばんは。
編集
TBありがとうございます。
インテリって大変なんですね。インテリじゃなくてよかったなあ。って、そういう映画じゃないのかな?
2007年09月20日(Thu) 22:41
編集
◆ジョーさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうですね~この作品見ると、インテリの複雑さがわかりますねぇ~
人間簡単に出来てる方が幸せなのかも知れません・・・
2007年09月20日(Thu) 22:56
味わい
編集
TBありがとう。
奇妙な味わいのある映画でした。
子どもたちも、あんまり美男子じゃなくて、よかった(笑)
2007年10月16日(Tue) 00:18
編集
◆kimion20002000さまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうですね~妙な感じの作品でしたね。
子供達、ほんとに二人ともフツーの顔で、余計にリアルでした~
2007年10月16日(Tue) 08:25
こんにちは♪
編集
こんにちは♪
ホント、「え?終わり?」な終わり方でしたよね。
でもこれでよかったんですよね。
あのやりとりを続けてもらってもなぁ。。という気分です。
離婚の悪い例教材映画に感じました。
2007年11月02日(Fri) 15:07
編集
◆AnneMarieさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

ほんと、あの終わり方を見たときは、「え?!」って思うけど、
よくよく考えるとあの終わり方が一番良いのかも知れませんね。
なかなか興味深い作品でした。
2007年11月02日(Fri) 18:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

イカとクジラ
イカとクジラ [DVD] ¥1,480 Amazon.co.jp アメリカ 2005年 ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェシー・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン、ウィリアム・ボールドウィン、アンナ・パキン、ヘイリー・ファイファー、ケン・リオン 監督・脚本...
2009年05月27日(Wed) 20:05
『イカとクジラ』
イカとクジラ 作家である両親の離婚を機に離れ離れになって行く家族と 傷ついていく息子たちを描く。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
2008年06月10日(Tue) 05:16
イカとクジラ (新宿武蔵野館)
かつては人気作家だったが、今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と、新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦。 二人は、離婚を決意した。 そのため、二人の息子である、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と、12歳のフランク(オーウェン...
2008年05月03日(Sat) 01:50
『イカとクジラ』を観たぞ~!
『イカとクジラ』を観ましたある不器用なインテリ家族の多感な年頃の2人の兄弟が、両親の離婚という大問題に直面して、様々な心の葛藤を経て成長していく姿をユーモアを漂わせつつシビアに綴る悲しくも滑稽な悲喜劇です>>『イカとクジラ』関連原題:THESQUIDANDTHEWHALE...
2008年04月22日(Tue) 23:19
映画『イカとクジラ』
原題:The Squid and the Whale ニューヨーク自然史博物館といえば、ベン・スティラーが夜警をしてた「ナイト ミュージアム」を思い出すけど、イカとクジラは見覚えないね・・赤裸々な物語・・ イカとクジラの格闘、インテリだけど無力でいじけたパパと新人作家...
2008年04月17日(Thu) 00:20
イカとクジラ
この、困った家族たち。
2008年04月12日(Sat) 00:33
イカとクジラ
イカとクジラ(2007/06/20)ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー 他商品詳細を見る 最近ほんとに寒いので、家にひきこもっております・・結構話題...
2008年01月26日(Sat) 19:30
イカとクジラ(アメリカ)
観るつもりだったのにうっかり見逃しちゃった「イカとクジラ」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェス・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン 上映時間:81分  かつては人気作家だった落ち目のバーナード(...
2007年11月02日(Fri) 14:25
『イカとクジラ』\'05・米
あらすじかつては人気作家だったが今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦、は離婚を決意した。そのため、2人の子どもで、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と12歳のフランク(オーウェン・クライン...
2007年10月30日(Tue) 23:50
mini review 07073「イカとクジラ」★★★★★★★☆☆☆
解説: アカデミー賞で脚本賞にノミネートされたほか、各映画賞を席巻したヒューマンドラマ。作家同士の両親の離婚を機に、父と母の家を往復する生活を余儀なくされる兄弟の心情をつづる。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。出演は『グッドナイ...
2007年10月10日(Wed) 15:29
イカとクジラ
 コチラの「イカとクジラ」は、ノア・バームバックが監督&脚本を務めたPG-12指定のヒューマン・コメディです。監督のご両親もこの映画同様2人とも作家で、自伝的な映画と言えるんだそうですね。  タイトルの「イカとクジラ」は、「ナイトミュージアム」の舞台でもあっ...
2007年09月29日(Sat) 23:46
イカとクジラ☆独り言
レイトショー鑑賞の『イカとクジラ』この邦題なに??って思ったんだけど原題がそーなのよね^^;まんまでした(笑)かつて著名な作家、今スランプのパパ(現在大学の講師・・・スランプだとは、本人は認めようとしない)新進作家として名前が売れ始めたママ(浮気進行形・
2007年09月23日(Sun) 23:30
イカとクジラ
「イカとクジラ」 2007年 米 ★★★★☆ 何にも期待しちゃ駄目だ。人生なんてこんなものだ。 家族が崩壊していく様、その直前直後をユーモアを交えながら描く人間ドラマ。 ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。作家やアーティストが多く 住む...
2007年09月23日(Sun) 08:03
映画 【イカとクジラ】
映画館にて「イカとクジラ」 アカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。 人気作家だったが今は落ち目の父(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家の母(ローラ・リニー)は離婚を決意した。そのため、2?...
2007年09月22日(Sat) 23:52
イカとクジラ
(原題:THE SQUID AND THE WHALE) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) 「ロイヤル・テネンバウム」や「ライフ・アクアテック」のウェス・アンダーソン製作。 「ライフ・アクアテック」でウェス・アンダーソンと共同脚本を担当していたノア・ボーンバッハ?...
2007年09月22日(Sat) 08:46
「イカとクジラ」
 2005年/アメリカ  監督/ノア・バームバック  出演/ジェフ・ダニエルズ      ローラ・リニー      ジェス・アイゼンバーグ      オーウェン・クライン  「ライフ・アクアティック」のウェス・アンダーソンがプロデュースを務めた作品。確か...
2007年09月21日(Fri) 01:34
イカとクジラ
タイトルからしてイカ臭かったのに、内容もイカ臭かった・・・
2007年09月21日(Fri) 00:52
『イカとクジラ』
前からずっと見たいと思ってたのに、DVDになったことを知らず、昨日ようやく気付きましたよ。いやはや、何とも言いようのない映画でした。見る人によっては、好き嫌いがハッキリ分かれる映画だと思う。ノレない人は「何コレ?」って感じだろうなぁ。まず、その居心地の悪?...
2007年09月20日(Thu) 23:54
「イカとクジラ」:勝島バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}船がいっぱい繋留されてるけど、汚い東京湾でも魚なんて採れるのかしら? {/kaeru_en4/}結構採れるぜ。アナゴにシャコにアオヤギ、アサリ、メゴチ、スズキ・・・。 {/hiyo_en2/}でも、さすがにイカとかクジラとかは採れないわよね。 {/kaeru_en4/}それは、魚?...
2007年09月20日(Thu) 22:49
イカとクジラ
世界最大といわれるダイオウイカと、それを餌にするマッコウクジラ。ニューヨークのアメリカ自然博物館に巨大ジオラマが展示してあるようだけど…映画や文学、そして音楽等のオマージュがたくさん登場し、粋でリアリティに満ちている台詞たち。 詳しくは知らないまでも何...
2007年09月20日(Thu) 21:18
The Squid and the Whale イカとクジラ
1986年のブルックリンが舞台。 作家兼教師の父と作家志望の母、2人の兄弟のストーリーですが、親が離婚するところから話は始まります。 頑固でスノッブな父親はJeff Daniels(ジェフ・ダニエルズ)、活発な母親は個人的に大好きなLaura Linney(ローラ・リニー)が演じ?...
2007年09月20日(Thu) 20:55
イカとクジラ
突然、離婚した夫婦、そして、そのことによる環境の変化に戸惑う二人の息子。それぞれの独身生活を謳歌する両親は、息子たちに現れてくる異常行動に気付く余裕もありません。 親の離婚が、その子どもの心にどんな変化をもたらすか...。「両親の離婚」という出来事を...
2007年09月20日(Thu) 20:51
イカとクジラ/ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー
このタイトルを見て美味しいそうと思った私は罰当たりでしょうか?(笑) 予告編ではこのタイトルが意味するものは本編を観ればわかりますみたいな宣伝をしてたので気になって仕方ありませんでした。まんまと策略にハマッてます。 出演はその他に、ジェシー・アイゼンバ?...
2007年09月20日(Thu) 17:52
感想/イカとクジラ(試写)
両親離婚で気持ちバラバラ、大人になれない親と子供の文系家族ムービー『イカとクジラ』12月2日公開。子供たちだけじゃなく、大人もフクザツにひねくれてく気持ちと、そんな一筋縄じゃいかない家族の愛情を、婉曲的に描くのだ~。 ソニー・ピクチャーズ - イカとクジラ ...
2007年09月20日(Thu) 16:11
*イカとクジラ*
{{{   ***STORY*** ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。父は元売れっ子作家だが、今は大学講師、母は「ニューヨーカー」誌でのデビューを控えた有望な新人作家だ。文学を奨める父親の期待を尻目に、12歳のフランクはテニスに、16歳のウォル...
2007年09月20日(Thu) 15:58
「イカとクジラ」 The Squid and the Whale
舞台となるのは1986年のブルックリン。16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家。しかし父バーナードはかつては脚光を浴びたものの、現在は長くスランプが続いていた。一方の母ジョーンは『ニューヨーカー』誌での華々しいデビューを控えた新進作家。そんなあ...
2007年09月20日(Thu) 13:20
「モーツァルトとクジラ」「イカとクジラ」感想
発達障害の一種であるアスペルガー症候群の男女が織りなすラブストーリー。実際のモデルに基づいて作られた作品。
2007年09月20日(Thu) 11:57
『イカとクジラ』 何でこんなタイトル・・・・?
この不思議なタイトルの意味が明かされるのはラストの3分えぇ~それだけ 京都シネマにて観てまいりました。不完全家族の悲喜劇物語。時は1986年、ブルックリン・バークスローブが舞台バークスローブは作家やアーティストが住むことで有名なNYの高級住宅街そこに住む...
2007年09月20日(Thu) 11:28