Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP映画あ行 ≫ 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

sanchome.jpg
監督:山崎貴 
CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他

昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家族に、親戚の女の子がしばらく住むことになる。また、向かいに住む茶川(吉岡秀隆)は相変わらずの生活で、いなくなったヒロミ(小雪)を思い続けていた・・・

前作から4ヶ月後の三丁目という設定での続編。実際は二年経ってるので須賀健太君が
異様に伸びておりますけども・・・
この度も又、心暖まる良いお話でした。
前作に深く思い入れがあり登場人物を愛してる方々には満足のいく仕上がりだったのではないかしら。
未完だった東京タワーは完成し、日本は高度成長期の始まり。三丁目も活気溢れ、人々は明るく元気です。
そして、茶川と淳之介、ヒロミのその後が描かれてるのは勿論のこと、鈴木オートに新しい家族がやってきたりして又新たなドラマが生まれます。
また、CG映像がとにかく凄い!前作より更にパワーアップして、どこからどこまでが実写か全く分からない。
日本橋に立つ薬師丸ひろ子さんが、あの時代の映画でに出てくる女優さんの様に見えましたわ

場内では涙してる人も沢山いたけど私は泣けなかったぁ。泣きより笑いの方が勝ったって感じ。
だって、やっぱり堤真一さんおもろいんやもん!!
そして今作も子供が良かった。私的には須賀健太君@淳之介より、鈴木オートの長男坊、一平の方が
印象に残りました。笑えたし、新しい家族とのやりとりにもホロッと来たり。
と、全体を通して良作だと言うことは納得だけど、ここまでしっぽり収まる話って言うのもどうもなぁ・・・
やっぱりこの作品は私にはお利口過ぎる・・・この時代を知らないと言うのも原因かも知れないけど。
ま、へそ曲がりな私は置いておいて、綺麗~な気持ちで鑑賞してほっこりしましょ~

*『ALWAYS 三丁目の夕日』レビュー



non的お気に入り度:


Comment

Always 三丁目の夕日
編集
こんにちは~
Always、TBさせてください。
劇場が 大勢の人で盛り上がっていて楽しいですよね!
2007年11月03日(Sat) 16:56
編集
◆スノーパンダさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

この作品、凄い人気ですね~
久々に満員御礼での映画鑑賞でした。
2007年11月03日(Sat) 19:14
編集
こんばんは~♪
茶川さんのエピがちょっとベタに感じてしまいました。
鈴木オート一家は大好き~☆
堤さん、ホントいいですよね~。
コメディ部分を一身に引き受けてるって感じでした。
2007年11月04日(Sun) 00:08
編集
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
第一作目も初日に観ましたが、二作目も初日でした。
館内は超満員。最前列まで満杯で大変な盛況振りでしたね。
第二作ですが、一作目を凌駕していたかもしれません。
あのオープニングのゴジラも最高の出来です。
とにかくこれほど金を使っている邦画を観たのも久し振り。
子供の頃の懐かしい思い出が、心の琴線にビンビン響きましたよ。
確かに淳之介は瀬が伸びましたよね。
「三丁目の夕日」バンザイそしてありがとう。
2007年11月04日(Sun) 14:28
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

茶川さんとヒロミのくだりは、前回の方が切なくて好きです。
ま、この作品にどんでん返しを求めてはいけないのだし、
こういう平和な雰囲気が良いんですよね・・

ほんとは吉岡君のとぼけた演技も好きなんだけど、この度は堤さんが実に面白かった~
さすが関西男です。

2007年11月04日(Sun) 19:38
編集
◆ケントさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

私も久々に満員の劇場での鑑賞となりました。
流石に人気がありますね~
オープニングのゴジラは、凄く面白かった~!
映像も凄いし、そこに巻き込まれている鈴木オートが更に面白い!!!

この作品は、あの頃をご存じの方の心に本当に響くのでしょうね・・・
私はあの時代を知らないけど、でもあの頃、あの場所で共に生きてみたいといつも思ってしまいます・・
2007年11月04日(Sun) 19:47
編集
おひさです!
家のPCでは、nonさんのブログはいつも
サイドバーが重いみたいで、接続エラーになってしまって...
今日は別の場所からアクセスしています。
僕もALWAYS見ました!
またそのうちUPしますね!
2007年11月05日(Mon) 18:56
編集
◆ginpeichanさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

お久しぶりです。お元気?
別の場所から見て下さってるのね。ありがとう!
やっぱり重いんだね~今のブログ・・・
ごめんなさいねe-459

『ALWAYS』感想楽しみにしてます☆
2007年11月05日(Mon) 20:01
編集
はじめまして、さっそくTBくださいまして有難うございました。
そうそう、昭和の子供たち、良かったですね。当時ではフツーだったことが今なぜか新鮮で感動してしまうんです。
またお邪魔します。
2007年11月08日(Thu) 19:32
編集
◆やくさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

この作品は子供達がいつも輝いてますよね。
物は少なくても良い時代だったんだなぁって思います。


2007年11月09日(Fri) 08:37
編集
淳之介も一平も、それなりにいいんですけど、いちばん印象的だったのは、一平といつもつるんでる友達のひとりでした。
エンドロールの横に、その後の三丁目の面々のフィルムが流れるところで、一平たちが竹馬に興じてる中、ひとりだけ器用に乗りこなしてた男の子、といえばお分かり頂けるでしょうか。

その男の子の顔が、青っ洟垂らしててもおかしくないくらい上品さとは無縁の「昭和のクソガキ」らしさあふれてて、夢に出てきてうなされます(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
2007年11月14日(Wed) 13:43
編集
◆にらさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

う~ん・・・誰だろう・・丸坊主の子?
確かに彼らの友人みんな面白かったのは覚えてるけど、
具体的には誰・・・と言うのは記憶にないなぁ・・
いずれにせよ、隅々まで昭和色の作品ですよね。
2007年11月14日(Wed) 14:05
編集
こんにちは。
やっぱり男の子の成長は早いですね。
この2作は続けてみてはいけない気がします(^^;)
ベタベタのいいとこ取りですけど、良い作品ですよね(^^)
2007年11月16日(Fri) 19:10
編集
◆たいむさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

ほんと、アッと言う間に大きくなっちゃうんですね~(^^;)
続けてみたらその差にビックリでしょうね・・
2007年11月16日(Fri) 19:45
編集
nonさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

前作に引き続き茶川がメインのようでしたが、鈴木一家のエピソードも笑いあり涙ありで個人的には本作の中で一番面白かったかもしれませんね。
でもはとこの美加の他にも一時的に淳之介まで預かり、今回はえらい大家族になった鈴木一家ですけど、食費とか茶川以上に大変だったんじゃないかと思います。困った時はお互い様というトモエママに前回同様感動してしまいました♪
2007年11月19日(Mon) 20:03
編集
こんばんは。
昨夜はTBが上手く乗らなかったのかと
思っていましたが、再訪させて頂いて掲載して下さっていたので嬉しいです。
昨夜はそちらからも訪問頂いたのでしたか?
堤さん、笑いますよね。
2008年08月27日(Wed) 20:39
編集
◆三丁目のルゴサさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

この作品での堤さんは本当に楽しいですね(^^)
いつも笑わせて貰います。
2008年08月28日(Thu) 09:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去って行ったヒロミ(小雪)を想い続けながら、淳之介(須賀健太)と暮らしていた茶川(吉岡秀隆)のもとに、川渕(小日向文世...
2009年02月21日(Sat) 10:32
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの?...
2008年12月02日(Tue) 20:43
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』\'07・日
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...
2008年11月27日(Thu) 21:24
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
ALWAYS 続・三丁目の夕日 茶川さんがヒロミ・淳之介と 三人の暮らしを賭けて 再び、芥川賞に挑む... 個人評価 ★★★ (自宅鑑賞)
2008年11月26日(Wed) 01:37
堤 真一さんの面白凄さ
鈴木オートの則文を演じた堤さんは「続三」の則文が みんなに頼られたそのままに迫力があって存在感が抜群だよね。 前作の彼も面白かった...
2008年08月26日(Tue) 20:09
ALWAYS 続・三丁目の夕日-(映画:2008年43本目)-
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた泣いた。 一人で自室にこもって鼻をグスグズ言わせながら。 前作終了時点から4ヵ月後の昭和34年(1959年...
2008年06月14日(Sat) 00:35
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
この作品を観てなかった訳ではありませんがUPの暇がありませんでした。。11月中に一度は鑑賞。しかし最初の数分見逃したためと、よかったので再度鑑賞しようとしていました。そこで母にDVDで、1の「ALWAYS 三丁目の夕日」を見せつつ自分も復習。そして今回、母と...
2008年02月09日(Sat) 17:56
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
2008年01月26日(Sat) 23:25
お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゚▽゚)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起...
2008年01月24日(Thu) 16:06
映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]3人で見る夕日だから、美しいんだ
映画[ ALWAYS 続・三丁目の夕日 ]を新宿で鑑賞。 日本アカデミー賞を総ナメにした前作[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]。 思えばレビューで、この作品を絶賛していたんだっけ。・・・ということでシリーズ2作目もやっぱり観ました。泣かせどころは、ある程度予測はついて?...
2008年01月10日(Thu) 09:30
ALWAYS 続・三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日’07:日本 ◆ 監督: 山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner/リターナー」◆出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、?三浦友和、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済...
2007年12月30日(Sun) 16:10
【ALWAYS 続・三丁目の夕日】
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時...
2007年12月20日(Thu) 14:39
ALWAYS 続・三丁目の夕日
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007 日本 東宝、日テレ、続・三丁目の夕日製作委員会 146分 監督:山崎貴、 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、     もたいまさこ、小日向文世、小清水一揮、上川隆...
2007年12月16日(Sun) 11:13
ALWAYS 続・三丁目の夕日
どんなに時代が変わろうと、変わらない大切なものがきっとある。昭和34年__日本の空は広かった。前作を超えるVFX技術により、当時の風景を完全再現。観る人すべてを、心温まる“昭和”の世界に誘います。 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度...
2007年12月01日(Sat) 23:01
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2年前のALWAYS 三丁目の夕日 の続編は やっぱりホッとする空間がそこにありました。 あらすじは・・・ 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川(吉岡秀隆)
2007年11月29日(Thu) 13:13
【ALWAYS 続・三丁目の夕日 】
東京タワーには「ゴジラ」がよく似合う [:ラッキー:] ちょっと日本橋の夕日を見に行ってきました [:拍手:] 前作から4カ月後の設定。 東京タワーも完成した。売れない作家・茶川は、小料理店の元おかみ・ヒロミと、身寄りのない少年・淳之介と3人で幸せに暮らすこ...
2007年11月29日(Thu) 09:00
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
2007年11月27日(Tue) 02:50
ALWAYS 続・三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日 話題作ですね。さすがというか、映画館の客席も老若男女が万遍なく分布しているように見えました。 1作目はテレビで見て、堤真一さんが演じる鈴木オートのお父さんが好きになりました。 突然キレやすい親父とい...
2007年11月26日(Mon) 21:58
映画『ALWAYS-続・三丁目の夕日』
楽しみにしていました。 『ALWAYS-続・三丁目の夕日』(公式サイト:http
2007年11月26日(Mon) 15:24
ALWAYS 続・三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日 187本目 上映時間 2時間26分 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子 須賀健太 評価 7点(10点満点) 会場 新宿バルト9  一昨年の大ヒット作で、日本アカデミー賞を取り...
2007年11月24日(Sat) 17:34
Always 山崎貴監督に会えました・・・
11月22日に 世田谷区主催の映像文化シンポジウム 「Always 続・三丁目の夕日が伝えるもの」 に参加してきました。 講師: 映画監督  山崎貴      エグゼクティブ・プロデューサー 安部秀司 司会: 掛尾良夫 (キネマ旬報映画総合研究所所長) 会場:?...
2007年11月24日(Sat) 10:53
Always 続・三丁目の夕日 07206
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日?は、もう2年前か、、...
2007年11月23日(Fri) 16:07
映画のご紹介(267) Always 続・三丁目の夕日
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(267) Always 続・三丁目の夕日-The ノスタルジック Strikes Back 一昨年の今ごろ、Always 三丁目の夕日を観た。 jamsession123goは☆4つを付けた。 結構楽しめ、感動できた映画だった。 そ....
2007年11月20日(Tue) 18:47
★★★★★「ALWAYS続・三丁目の夕日」吉岡秀隆、須賀健太、堤真...
ベイブウは茶川竜之介さん(吉岡秀隆)が大好き!あのヨレヨレしょぼしょぼ加減がたまらないの。歩く姿、喋る声、ダメっぽさにキュンとしています。淳之介くん(須賀健太)が、いかにも昔の子供みたいで、現代っ子の面影を微塵も感じさせないところも凄い。前彼と再会したトモ...
2007年11月20日(Tue) 17:49
ALWAYS 続・三丁目の夕日(評価:☆)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/他 【公開日】2007/11.3 【製作】日本 【ストーリー】 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経
2007年11月19日(Mon) 19:55
ALWAYS 続・三丁目の夕日
またあの懐かしい夕日が観たくなって午前1回目のファーストショーで堪能してきましたぉ。 大体、続編というヤツは期待の大きさに負けてしまうのか、前評判の割に「あらら?」ってなるのが多いのがセオリー。 がっかり感を味わいたくなくて映画館に行くか行くまいか結構...
2007年11月17日(Sat) 19:40
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 試写会鑑賞
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた芥川のもとに、川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を
2007年11月17日(Sat) 00:17
★ 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
2007年。2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会。    山崎貴監督・脚本。西岸良平原作。  この話題作を公開?...
2007年11月16日(Fri) 20:18
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」みた。
あれから4ヶ月(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょ
2007年11月16日(Fri) 19:12
映画を観た~ALWAYS続・三丁目の夕日~
『ALWAYS続・三丁目の夕日』を観ました。 合いたい人がいる。 待っている人がいる。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU1NGJgszSyPTNEuLguxyZx8vl5TQLAO1otQcW0MmGDDGqwpqEBMTknoA94QTGg==] ストーリー&解説:昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が...
2007年11月16日(Fri) 17:47
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
監督:山?貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、小日向文世、もたいまさこ、三浦友和 「昭和34年。淳之介と二人静かに暮らしていた茶川の元に再び父親が連れ戻しにやってくる。鈴木オートでは、親戚の子供美加を預かることになった。そして六ち
2007年11月16日(Fri) 11:29
ALWAYS 続・三丁目の夕日
ほんとは、今日にしようと思ってたんだけど。 たまたま、ちょうどいい時間にやっていたので、急遽昨日の夕方に鑑賞。 前作が大ヒットだった「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」。 今回もかなりの人気。 「UCとしまえん 」は、チケット売り場は空いてたけど、中は?...
2007年11月16日(Fri) 11:05
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
2007年11月16日(Fri) 00:27
★ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007)★
昭和34年、日本の空は広かった。 映時間146分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2007/11/03ジャンルドラマ/ファミリー【解説】西岸良平の人気コミックを実写映画化し大ヒットした人情ドラマの続編。前作終了時点から4ヶ月後の東京下町を舞台に、夕日町三丁目...
2007年11月15日(Thu) 23:25
「ALWAYS続・三丁目の夕日」封切りです
前作に続き、こちらも必見でしょう! ALWAYS続・三丁目の夕日
2007年11月15日(Thu) 22:56
ALWAYS 続・三丁目の夕日
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て来ました。 公式サイトはこちら→http://www.always3.jp/ あらすじ(goo映画より)----- 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は 高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。 取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴?...
2007年11月14日(Wed) 23:55
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」意味無くどこまでも走りたい気分
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」★★★★オススメ 堤真一 、吉岡秀隆 、薬師丸ひろこ 、堀北真希 出演 山崎貴 監督、2007年、145分 あの三丁目の人達が帰ってきた! 昭和34年春。 東京オリンピックの開催が決定し、 日本は高度経済成長時代に突入し、 ...
2007年11月14日(Wed) 22:06
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想!
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
2007年11月14日(Wed) 15:18
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ★★★・・ 
帰ってきた三丁目、今度は昭和34年!ええワタクシが生まれた年です。 愛着はありますが、記憶は無いです。江原さんじゃないからね。 そういえば、ローラー脱水の洗濯機 我が家にもありました、懐かしいなぁ~ 母と一緒に観に行ったので、 映画についてもっと話せば...
2007年11月14日(Wed) 12:07
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
2007年11月14日(Wed) 09:34
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
2007年11月14日(Wed) 00:43
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
前作も良かったけど、今回も良かったよ♪ てっきり先週末の興行成績は1位かと思ったら2位でした。 1位はミラ・ジョヴォヴィッチ主演、人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ 第3弾「バイオハザード?」3位はガッキーの「恋空」
2007年11月13日(Tue) 12:33
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」面白かったけど、惜しい^^
前半は、コメディっぽい可笑しい部分も多くて、そういう内容は大好きでした。物語の3分の2までは、5つ☆だったんだけど、惜しくも小説の内容とラストが私の好みでは無かったので3つ☆未満・・・よって、トータル4つ☆な映画
2007年11月13日(Tue) 11:09
ALWAYS 続・三丁目の夕日
売れない小説家・茶川は、彼を慕う少年・淳之介と二人暮し。しかし淳之介の父親が息子を手元に置いておこうと茶川に詰め寄る。茶川は自分が淳之介を養っていける事を証明するため、芥川賞を獲る事を決意する。一方向かいの鈴木オートには、新しい家族として親戚の子供・美...
2007年11月13日(Tue) 06:48
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2007年、山崎貴監督。2005年に上映されロングランを記録した 『ALWAYS三丁目の夕日』の続編。キャストもスタッフも同じなので 懐かしく安心して楽しめた☆☆☆ このシリーズの最大の魅力はCG技術によって昭和30年代の東京を 再現した点。前回は都電や?...
2007年11月12日(Mon) 23:50
ALWAYS 続・三丁目の夕日
古き良き昭和の時代の下町風情、 所どころに懐かしみを感じ、暖かな夕日に包まれたような気分だ。 前作同様‘愛に溢れた作品’、前作にホロリと来たなら、是非観て欲しいと思う。 まずは初っ端のつかみから、いきなりやってくれてます~ 遊び心ありってことで、私は...
2007年11月12日(Mon) 23:08
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007-59
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました~♪ 東京の下町に住む貧乏作家の茶川(吉岡秀隆)は、一緒に住む淳之介(須賀健太)との生活を守るため、再び芥川賞にチャレンジする事になる。一方、お向かいの鈴木オートには、事業に失敗した親戚の娘美加(小池彩夢)を?...
2007年11月12日(Mon) 20:20
ALWAS続・三丁目の夕日&ハタチの恋人&黒の契約者
ハタチの恋人は長澤が病室に来てペンネーム勘違いし事なき得たが 内容に段々と興味が薄くなって来たが初回から見てて最後まで見るし 黒の契約者は拉致された博士はゲート消失で契約者は消滅と発言し ノーベンバーは契約者の消失したいと願ってる上司を道連れに死亡し ...
2007年11月12日(Mon) 19:03
ALWAYS 続・三丁目の夕日
日本アカデミー賞を総なめにし、話題となった「ALWAYS 三丁目の夕日」 の続編です。 昭和34年の春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていました。取引先も増え、経営も軌道に乗ってきた鈴木オートに、事業に失敗した親...
2007年11月11日(Sun) 23:55
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日
■状況 109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 流行ってるようなので ■感想 長い上映時間を感じさせない作りに拍手 ■あらすじ 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思?...
2007年11月11日(Sun) 23:17
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館)
昭和34年、日本の空は広かった。
2007年11月11日(Sun) 14:06
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」、好調スタート
たしかに、先週末、オンエアされた、第一作目に対し「…やけに、タイアップCMが多いなぁ… それだけ、大きく期待されてるのね」と、えらい感心させられましたが、 興収2日で、5億を超す勢いとは! 考えてみると原作は、本当に長く続くシリーズですもんね。珠玉...
2007年11月11日(Sun) 13:25
ALWAYS 続・三丁目の夕日
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読めるし?...
2007年11月11日(Sun) 13:24
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007) 146分
 昭和34年、日本の空は広かった。
2007年11月11日(Sun) 09:43
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
? 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ? 昭和34年、日本の空は広かった。 ? ■昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年――。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた茶川
2007年11月11日(Sun) 04:54
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
始まりは、昭和34年の東京に地震があったのかと思わされるが、すぐにゴジラのテーマでそれと気付かされる、ミエを切るゴジラというのもなんだか可愛い・・・ 前半は細切れのシーンが続いて、やはり続編では前作ほどの感動も涙も味わうことはないのかなと思いな...
2007年11月11日(Sun) 03:09
ALWAYS続・三丁目の夕日
『ALWAYS続・三丁目の夕日』(2007年/日本)を観た。ご存知、『ALWAYS三丁目の夕日』の続編で、前作から4ヵ月後の設定。以下、感想を箇条書きに。・淳之介(須賀健太)の背が伸びすぎ~。声も低くなってるし。一平(小清水一輝)はまだまだ子どもって感じなのに、同い年...
2007年11月11日(Sun) 00:48
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」:通り三丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}通り三丁目から東京駅を眺めると、正面に大丸百貨店が見える。昭和の時代から変わらない光景ね。 {/kaeru_en4/}なに、のんびりしたこと言ってるんだ。この大丸だってもうすぐ解体されるんだぞ。 {/hiyo_en2/}ええ、そうなの? {/kaeru_en4/}東京駅の再開発で?...
2007年11月10日(Sat) 23:04
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2007年度 日本作品 146分 東宝配給 STAFF 監督:山崎貴 脚本:山崎貴 古沢良太 原作: 西岸良平 『三丁目の夕日』 CAST 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 あーーー。HEROのレビューで、「2007年邦画1位宣言」をしてしまいま?...
2007年11月10日(Sat) 18:51
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]         2007/11/03公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:...
2007年11月10日(Sat) 14:30
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
2007年11月10日(Sat) 11:40
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回は日..
2007年11月10日(Sat) 09:45
ALWAYS 続・三丁目の夕日
前作同様、泣けるエピソードを巧みに組み合わせて構成されている。そして各エピソードは心に残る小道具を中心に組み立てられている。前作では母の縫った継ぎ当て、万年筆、空の指輪入れなどが琴線に触れる要素になっていて、作品世
2007年11月10日(Sat) 09:38
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
2007年11月10日(Sat) 00:52
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて)
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ...
2007年11月09日(Fri) 20:09
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
**************************** 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れる事になるこの年。黙って去って行ったヒロミ(小雪さん)を思い続け乍ら、淳之介(須賀健太君)と暮らしていた芥川(吉?...
2007年11月09日(Fri) 01:09
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
**************************** 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れる事になるこの年。黙って去って行ったヒロミ(小雪さん)を思い続け乍ら、淳之介(須賀健太君)と暮らしていた芥川(吉?...
2007年11月09日(Fri) 00:55
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の消...
2007年11月08日(Thu) 19:43
「つくりもの」のやさしさ~『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
 昭和34年、完成した東京タワーに程近い夕日町三丁目。駄菓子屋を営む文学 青年茶川(吉岡秀隆)は淳之介(須賀健太)と暮らしている。淳之介の実父から安定 した生活を保障するよう求められた茶川は、夢だった芥川賞獲り
2007年11月08日(Thu) 19:22
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画)
いきなりかい! って思わず叫びそうになるオープニング! これは痛快でしたねー。 かなり焦りました。 でもやっぱり「続」って難しいですね。 前回の感動以上のものをどの場面にも求めてしまう自分がすごく残酷{/face_ase2/} すでに3丁目界隈の事情が分かっているだけ?...
2007年11月08日(Thu) 17:43
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
2007年11月08日(Thu) 12:49
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days
前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。 そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。 それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイ?...
2007年11月08日(Thu) 09:18
ALWAYS 続・三丁目の夕日(日本)
「映画~? 時間がもったいない」というマットだけれど、なぜだか「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観たかったらしい。 ということで珍しく夫婦で映画を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師...
2007年11月07日(Wed) 14:07
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
感動の「ALWAYS 三丁目の夕日 」から2年・・・            ↑オフィシャルサイトを開くと、テーマ曲を再生します♪ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」、公開初日に観てきました。 興行収入35億円・動員285万人を記録した前作の初日に比べて、2...
2007年11月07日(Wed) 02:29
ALWAYS 続 三丁目の夕日
最初のシーン、好き!だなぁ。 前作は映画館で観たんですが、TVで直前にやっていたので、やっぱ、すぅ~と『ALWAYS』の世界に浸れました。他の観客も、くすくす笑ったり、映画の世界を楽しんでいましたね。 ”螢”や ”
2007年11月06日(Tue) 19:56
「ALWAYS 続 三丁目の夕日」
3日 この日 2本目の映画です~ ちょうど お昼を挟んでいい時間にあったのでね 思い切って2本見ましたよ さて 「三丁目の夕日」前作は見に行きませんでした {/tv/}で2回放送してくれたので見ましたが。 ほんとにいい作品{/ee_2/} 子役の須賀くん、小清水くんが特...
2007年11月06日(Tue) 13:59
ALWAYS 続・三丁目の夕日
テレビのドラマ~♪、ヤクザのドラマ~♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
2007年11月06日(Tue) 07:41
ALWAYS 続・三丁目の夕日
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・?...
2007年11月05日(Mon) 23:02
ALWAYS 続・三丁目の夕日
良い話やけど,印象は大味。
2007年11月05日(Mon) 18:23
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞!
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰ってくる!?...
2007年11月05日(Mon) 04:32
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞!
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰ってくる!?...
2007年11月05日(Mon) 04:15
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写)
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な...
2007年11月05日(Mon) 01:41
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会
会いたい人がいる。待っている人がいる。 昭和34年、日本の空は広かった。 2007年 日本 11月3日(祝・土)全国東宝系ロードショー 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/飯...
2007年11月05日(Mon) 00:33
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1
これは堀北真希が暴漢に襲われる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映画祭第20...
2007年11月04日(Sun) 23:56
映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
今日は久し振りの自宅近くの劇場に行きました。半年ぶりぐらいかな?ここのところ観たい映画が掛かっていなかったので。 『ALWAYS』の前作は劇場ではなく、つい先日のTV『金曜ロードショー』で観たばかり。 ただ、異例のロングランとか、日本アカデミー賞やらキネマ旬...
2007年11月04日(Sun) 23:53
ALWAYS 続・三丁目の夕日 ~ 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 ~
~ 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 ~ 日本アカデミー賞にも選ばれた前作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編です。懐かしい昭和の時代の街並みや、人々の暮らしぶりは前作同様に活き活きと描かれており、冒頭ではゴジラが東京タワーを倒してしまうなど、最新のVFXを使...
2007年11月04日(Sun) 22:08
ALWAYS続・三丁目の夕日
テーマを「人情」から「家族」に移し変えた本作ですが、やっぱりあのテーマ曲を聴いただけで涙腺が緩んでしまいます。ただ昨日TV放送されていた前作と比べると、ハードルが上がっている分見終わった後の幸せ満足度など若干の物足りなさは感じましたね。これは仕方ないのか...
2007年11月04日(Sun) 21:59
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的には...
2007年11月04日(Sun) 21:42
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!(2007-24)
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!2007年の24作目です。今年一番楽しみにしていた映画です。
2007年11月04日(Sun) 20:17
≪ALWAYS 続・三丁目の夕日≫
ALWAYS 続・三丁目の夕日 - http://www.always3.jp/ Yahoo!映画 - ALWAYS 続・三丁目の夕日 ? 解説: 日本アカデミー賞ほか数多くの映画賞を総ナメにした感動の大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年に春の夕日町?...
2007年11月04日(Sun) 19:51
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2007年/日本 監督:山崎 貴 出演:吉岡秀隆(茶川竜之介)    堤 真一(鈴木則文)    薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)    小雪(ヒロミ)    堀北真希(星野六子)    小清水和揮(鈴木一平)    須賀健太(吉行淳之介) ハンドクリームの季節...
2007年11月04日(Sun) 19:32
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (2007) / 日本
監督:山崎貴原作:西岸良平出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。黙って去っていったヒ...
2007年11月04日(Sun) 18:23
ALWAYS 続・三丁目の夕日
続編作って、コケたらどうしようと心配していた関係者各位の皆様へ いやいや、全く心配要りませんよ!!! 素晴らしい出来栄えを堪能させていただきました。 byしがないブログ管理人より 冒頭いきなり ゴジラが東京の街を破壊し、その間を鈴木オートの社長が?...
2007年11月04日(Sun) 17:19
ALWAYS続・三丁目の夕日
公開日 2007/11/3監督:山崎貴 「ALWAYS 三丁目の夕日」出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他【あらすじ】東京オリンピックの開催が決定した昭和34年春。黙って去ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らす茶川のもとに、実父...
2007年11月04日(Sun) 14:16
前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
2007年11月04日(Sun) 10:21
ALWAYS 続・三丁目の夕日
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆      堤真一      小雪      堀北真希 【物語】 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し高度経済成長時代 を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目で...
2007年11月04日(Sun) 10:04
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」レビュー
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉岡秀隆、小雪、須賀健太、堤真一、薬師丸ひろ子、小清水一揮、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、羽鳥慎一、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、ピエール瀧、小木茂光?...
2007年11月04日(Sun) 08:15
ALWAYS 続・三丁目の夕日 前作のテンションを維持したジラシのテクニックと吉岡秀隆とその他沢山
タイトル:ALWAYS 続・三丁目の夕日  ジャンル:大ヒット作の続編・2007年東宝 場所:福知山シネマズ(146席) 日時:2007年11月3日(土) 10:25~(約20人) 初日初回 満足度:70% おすすめ度:75%:幅広い層に安心してオススメできます。 ◆序 今日は、ある意味私の...
2007年11月04日(Sun) 02:00
ALWAYS 続・三丁目の夕日
よく続編は駄作と言うけれど→そんなことは無かった 評価☆☆☆☆ さわやかな笑いと感動でアカデミー賞他、映画賞を総ナメした前作から2年。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開が愈々、始まりました。続編というのは大概が前作に比べると評判の良くないものが多い...
2007年11月04日(Sun) 01:21
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました?...
2007年11月04日(Sun) 00:07
ALWAYS 続・三丁目の夕日
さて、昨日は今日公開の映画、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に合わせて「昭和の町」を紹介しましたが、昨日テレビでも1作目の
2007年11月03日(Sat) 21:44
ALWAYS 続・三丁目の夕日
吉岡秀隆、堤真一、小雪、 堀北真希、前作のキャストが今回も勢揃いです。 監督は最初、続編を作る気持ちはなくて、 周囲から勧められて やっと、重い腰を上げて、 この映画を作ったということです。 出演者達も、はじめは2年のブランクを気にして、 自信はなかったそ?...
2007年11月03日(Sat) 21:22
映画「ALWAYS続・三丁目の夕日」・・・小雪とともに一涙
 本日、「ALWAYS続・三丁目の夕日」の封切日。 朝一番、映画館へ。 初回は、30名ほどの入り。帰りの2回目は、既に50名ほど並んでいました。 前作と同じフル・キャストが嬉しい。 昭和34年の東京。東京タワーは完成した前作から4ヶ月、 三丁目の街並みは変わ...
2007年11月03日(Sat) 21:10
「ALWAYS続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
2007年11月03日(Sat) 20:13
ALWAYS  続・ 三丁目の夕日
前作がアカデミー賞総ナメ、大ヒットという快挙で 続・三丁目の夕日はそれ以上の作品に仕上がっているのか 期待と不安な気持ちで試写を観ました。 久しぶりに三丁目の人々を観てほのぼの{/face_yoka/}させられましたが やはり1作目の感動が大きかったので いまひとつ感...
2007年11月03日(Sat) 20:09
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
2007年11月03日(Sat) 20:01
ALWAYS 続・三丁目の夕日
この続編、前作より好きかもしれません。 いや、前作を観てたからこそ、この昭和の下町に戻れだけで なんかこう、嬉しくなってくるというか・・。 ベタベタな展開は判っていながらも、素直に感動しまくりでした。 試写で見せていただいたんですが、場内ですすり泣...
2007年11月03日(Sat) 19:59
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
2007年11月03日(Sat) 19:56
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
2007年11月03日(Sat) 18:54
Always 続・三丁目の夕日
明日から公開の Always 続・三丁目の夕日! 一足先に 試写会で 見てまいりました。 原作は 1974年から現在まで 30年以上連載されている 西岸良平さんの長寿漫画。  実家が お店だったので 子供の頃から ビックコミック・オリジナルの漫画を読んでいまし?...
2007年11月03日(Sat) 16:56