Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画か行 ≫ 『毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~』

『毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~』

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~
(2007/08/03)
ニコール・キッドマン.ロバート・ダウニーJr

商品詳細を見る
監督:スティーヴン・シャインバーグ CAST:ニコール・キッドマン、ロバート・ダウニーJr. 他

1958年、ニューヨーク。裕福な家庭で育ったダイアン・アーバス(ニコール・キッドマン)は、写真家の夫のアシスタントをしながらも何か不満を抱える日々を過ごしていた。そんなある日、隣にある男が越してくる。その男はライオネル(ロバート・ダウニーJr.)と言い、覆面をかぶっていた・・・
写真家、ダイアン・アーバスへのオマージュ作品。

ダイアン・アーバスという人を、この作品で初めて知りました。
この人が撮るのは常に人間。殊に、同性愛者や、フリークと言われる精神的、肉体的障害者などを好んで
撮ったらしい。
裕福な家庭で何不自由なく育った彼女が、有名ファッション誌の写真に携わっていた彼女が何故その様な
写真を撮るに至ったのかが描かれたこの作品。
あくまでもフィクションであるという前書きがあるけど、実話だった部分もあるようで・・・

なかなか良かったとても興味深く見れました。
美しく貞淑な妻、ダイアン・アーバス。
透き通るように綺麗なニコール・キッドマン扮するダイアンは両親に気を遣い夫や娘達を思いやる良妻賢母。
そんな彼女が上の階に越してきた男ライオネルに出会って、それまで自分の中で抑圧されてきたものを
解き放っていきます。
ライオネルの最初の登場シーンはちょっと不気味でドキドキ。で、普通ならその時点でそこを立ち去る様な
状況なのに、ダイアンはライオネルに導かれるままその特異な世界にズンズン入っていきます。
それはもう独特。めっちゃあやすぃ~。ライオネルとダイアンだけが堪能できるフェチワールド。
それこそが、長い間ダイアンの中で眠っていた欲望を満たし、そして彼女が味わってみたかった世界。
そうしていつしか、ライオネルはダイアンにとってはとても大切で、そして愛すべき存在となっていきます・・・
このお話は一見異様でマニアックな世界にも見えるけど、実はとても純粋なラブストーリーでもあり、
ラストは思いの外ホロッと来てしまった・・・

人にはそれぞれ他人には理解の出来ない趣味、趣向があると思います。
ダイアンにとってはそれが、フリークでした。
そして彼女はそう言う人達を愛し、近づき、撮り、その世界にはまりすぎてしまったのでしょうか。
結局は自殺という最期を迎えたのは残念な事ですね・・・


non的お気に入り度:


Comment

編集
nonさん☆

おはようございます♪

これ、変わった雰囲気でなかなか面白かったですね~♪
『インベーション』や『記憶の刺』もそうだったけど、ニコールだからこその静かな美しさと物腰が作品を際立たせてるって感じがします☆

『チャプター27』のコメントありがとですv-238
2007年11月08日(Thu) 11:27
編集
◆migさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

変わってたけど、受け入れることが出来ました。
ほんとにニコールの美しさは何とも言えない不気味さを際だたせますね。
2007年11月08日(Thu) 19:21
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007年11月22日(Thu) 02:56
編集
◆kimion20002000さまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

人間の潜在意識って不思議ですよね・・・
この作品では改めてその不思議を感じました。
しかし実際のダイアン自身が早く亡くなってしまったことが何より残念です。
2007年11月22日(Thu) 11:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

真・映画日記(1)『毛皮のエロス』
6月3日(日)◆461日目◆ 朝8時過ぎに家を出る。 渋谷へ。 まずはTSUTAYAによりDVDを返却。 そのまま「シネマGYAGA」でニコール・キッドマン主演の『毛皮のエロス』を見る。 色彩や映像にえらく気を配った作品。 ニコールにも……ある意味かなり気をつかって?...
2008年01月26日(Sat) 23:27
毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」 FUR:AN IMAG
2007年11月21日(Wed) 18:58
mini review 07070「毛皮のエロス ダイアン・アーバス」★★★★★★☆☆☆☆
解説: 過激な題材によって写真芸術の概念に一石を投じた、天才写真家ダイアン・アーバスにオマージュを捧げる官能ラブストーリー。多毛症の隣人との出会いをきっかけに、貞淑な妻から自立した写真家へと変化していくヒロインを『めぐりあう時間たち』のニコール・キッドマ...
2007年11月20日(Tue) 17:26
「 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2007) 」
監督 : スティーヴン・シャインバーグ 出演 : ニコール・キッドマン  / ロバー
2007年11月18日(Sun) 18:47
毛皮のエロス(DVD)
「あなたを、撮りたい」―好奇心と欲望の末、辿り着いた魅惑の世界。伝説の写真家ダイアン・アーバス、彼女が写真に人生を捧げるに至った“ある男”との出会い。1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバス(ニコール・キッドマン)は、ファッションカメラ...
2007年11月15日(Thu) 00:05
*毛皮のエロス ダイアン・アーバス幻想のポートレイト*
1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバスは、ファッション・カメラマンである夫アランのアシスタントとして働きながら、心の中には常に自分のいる世界に居心地の悪さと不安を感じていた。そんなある日の夜、ダイアンは隣に越してきた、マントで全身を...
2007年11月13日(Tue) 18:32
「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」
今月はニコール・キッドマンの新作「インベージョン」も公開になるし・・・ 予告どおり「ニコちゃん祭り」月間にしましょう。 その1本目。
2007年11月09日(Fri) 00:41
『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus) 「これはのっけから唖然呆然。 まったくもって目のやり場がなかったね…」 ----あらら、ちょっとネタバ...
2007年11月09日(Fri) 00:23
「毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」
「毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」一ツ橋ホールで鑑賞 オープニングの画面でこの作品は伝記ではない、とか、フィクションだとか、書かれています。ダイアン・アーバスという芸術家に対するオマージュとも書かれていました。ということでそれを...
2007年11月09日(Fri) 00:00
毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト(2006 アメリカ) 原題   FUR: AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS   監督   スティーヴン・シャインバーグ    原作   パトリシア・ボズワース   脚色   エリン・クレシダ・ウィルソン  ...
2007年11月08日(Thu) 21:47
毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート
アリスな美女とファントムな野獣??
2007年11月08日(Thu) 21:32
感想/毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト(試写)
またまた野心的なニコール! 『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』5月26日公開。伝説の写真家ダイアン・アーバス。彼女へのオマージュとしてダイアンがポートレイトを撮り始めるまでのある期間を描く。伝記映画ではなく、フィクション、と最初にクレ?...
2007年11月08日(Thu) 11:05