Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画ま行 ≫ 『マリア』

『マリア』

maria_sub3.jpg

監督:キャサリン・ハードウィック 
CAST:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、オスカー・アイザック 他

エルサレム。ヘロデ王の厳しい税金徴収に貧しい人々は苦しい生活を強いられていた。そんな中、救い主が現れると言う預言に、ヘロデ王は怯え焦っていた。一方ナザレに住むマリア(ケイト・キャッスル=ヒューズ)はある日、天使から「神の子を授かる」と言うお告げを受け、その後ヨセフ(オスカー・アイザック)と婚約中でありながら身籠もる・・・

邦題では『マリア』となっているけど原題は『THE NATIVITY STORY』。 「キリストの降誕の話」ということ。
なので、決してマリアだけのことが描かれているわけではなく、神の子として生まれくる御子と、その母として
栄誉ある役目に選ばれたマリアを守る為に尽力するマリアの夫、ヨセフの献身的な姿も描かれています。

受胎告知・・・「精霊によって神の子を宿す」と、処女のマリアに天使ガブリエルが告げたと言う有名なエピソード。
フツーに考えると有り得ない話。
だけどこれが事実かどうかなんて考えるのはもちろん野暮で、それは釈迦が母親の右脇から、
「天上天下唯我独尊」と宣言しながら産まれたというエピソードと同様、神とされる人々にはこういう伝説が
あってこそ、神なのでして・・・
でもこの作品ではそんなエピソードが、一人の若い女性マリアに突然降ってきた一大事として、
ごくごく自然に描かれていて、本当にそう言うことがあったのかもしれない・・・とさえ思わされます。
そして、マリアと婚約していたヨセフ。
おそらく神は又、このヨセフという男がどういう人物かも分かった上でマリアの体にイエスを宿したのではないかと
思うぐらいの良い人。
そんなマリアとヨセフの神の子を守る旅・・・・長く険しい旅。そして、馬小屋での生誕。
その場面は、これはもう、何とも神秘的で感動的で・・・・
昔教会に少し通い詰めていた頃に良く聞いたキリスト降誕の話。
「神の子は、寂れた馬小屋で産まれた・・・」
その情景を初めてリアルに感じる事の出来た場面。
そして、見ている私達も、まるで神の御子の誕生を見守るベツレヘムの民の一人になったような、
劇場内全体がその降誕を祝福する光に照らされたような、何とも言えない空気に包まれました・・・

昔外国人の英会話の先生のお宅にクリスマスパーティにお招きいただいたとき、先生はキリスト降誕の
お話をスライドで見せながら、そのストーリーを静かに静かに話して聞かせて下さいました。
それは私達日本人がケーキをワイワイ食べながら騒ぐ・・・というものとは全く違っていて、
本当のキリスト教の方達のクリスマスというのはこういう物なんだなぁ・・・と、改めて本来のクリスマスの
意味を考えさせられたのです。
この作品はそう言う感じの作品。調度今、クリスマス前にはピッタリ。
様々な愛に守られこの世に降り立った神の御子・・・
その荘厳なまでに神秘的な誕生の場面を見てクリスマスを迎えるのも、なかなか素敵ではないかと思います


non的お気に入り度:



Comment

編集
こんにちはケントです
マリアは普通の女性として描かれていましたね。逆にヨセフのほうが神格化されていたようでした。
エンディングクレジットの「きよしこの夜」は良かったですね。
2007年12月18日(Tue) 20:46
編集
◆ケントさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

マリアが普通の女の子として描かれていたので、物語がスーッと入ってきました。
「きよしこの夜」は良かったですね~
作品を盛り上げてましたね☆
2007年12月19日(Wed) 10:15
編集
こちらにも・・・。
一ヶ月遅れて公開です。
やはり題材的にも12月中には見たかったです(泣)
今まで全然スポットの当たっていなかったヨセフについて知ることが出来てよかったわ。
賛美歌がとても美しく響いて敬虔な気持ちになりました。
2008年01月07日(Mon) 23:45
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

初めて知ったことが多くて、とても勉強になった作品でした。
伝説で語られていることがとてもリアルに親近感溢れた感じで描かれてましたね。
「聖しこの夜」はほんとに良かった~☆
2008年01月08日(Tue) 08:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

マリア
その希望の光は、 ひとつの愛から生まれた。 2006年 アメリカ  レンタル開始日2008-06-27 マリア 監督 キャサリン・ハードウィック 出演 ケイシャ・キャッスル=ヒューズ/オスカー・アイザック/ヒアム・アッバス/ショーン・トーブ/キアラン・ハ?...
2008年07月21日(Mon) 00:24
映画『マリア』を観て
100.マリア■原題:TheNativityStory■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:100分■日本語字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月8日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作総指揮:キャサリン・ハードウィック□脚本・製作総...
2008年01月10日(Thu) 23:54
[映画]マリア
で、新年1本目に見た映画。 あらすじを簡単に これはキリスト誕生までを描いた物語。 ナザレに暮らすマリアは、突然父親から、ヨセフと結婚するよう申し渡される。 ほぼ面識のない男と愛のない結婚をすることに反発するマリア。 そんな彼女の元に天使がやってきて、こう告
2008年01月09日(Wed) 13:40
映画 【マリア】
映画館にて「マリア」 イエス・キリスト誕生の裏に秘められた、母マリアとその夫ヨセフの愛の物語。 おはなし:2000年前、ヘロデ王の圧政に苦しむナザレ。家族と慎ましく暮らすマリア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)は、生活のために愛してもいないヨセフと婚約させ...
2008年01月07日(Mon) 23:42
マリア(アメリカ)
近くの映画館で上映が終わったとたんに気になりだした「マリア」を観てきました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、オスカー・イサーク、ヒアム・アッバス、ショーン・トーブ 上映時間:100分  ヘロデ大王(キアラン・ハ?...
2007年12月27日(Thu) 16:36
メリークリスマス!「マリア」
「どうして私が選ばれたの?」監督・製作総指揮:キャサリン・ハードウィック出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、オスカー・アイザック、ショーレ・アグダシュール、キアラン・ハインズ、ヒアム・アッバスオリーブ畑での受胎告知や、ナザレからベツレヘムに至る険しい...
2007年12月25日(Tue) 00:33
マリア
The Nativity Story(2006/アメリカ)【劇場公開】 みなさま、メリークリスマス!{/xmas_tree/} 3週間ぶりのブログ復帰で~す!^^ゞ 残業つづきでへたばってました・・・。。 劇場へいくのも久しぶりで(ウキッ!)日頃の忙しさは忘れて、クリスマスイブにふさわしい映...
2007年12月24日(Mon) 21:03
マリア(ネタバレあり)
クリスマスが近いから観たとか言うわけではないんですけどね、観に行ったわけですよ。 テアトル梅田って梅田のロフト下、近くにはMBSもゴールドジムもあって茶屋町という土地柄から到底シスターが現れそうにもない場所なんです。 ・・・っが!! そんな場所でありな...
2007年12月23日(Sun) 02:12
マリア
ヘロデ大王(キアラン・ハインズ)の税金圧政など、 取り立てに苦しむ村ナザレに住むマリア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)は、 両親に言われるままに愛情のないヨセフ(オス...
2007年12月20日(Thu) 02:02
マリア 
★★★★  イエス・キリストを描いた作品は数多くあるが、聖母マリアと父ヨセフを描いた映画は珍しい。だから予告編を観たときからこの作品に注目していた。 とくに変化に富むストーリーはなく、神の子を受胎したマリアが、馬小屋で出産するまでを淡々と描いている。だから
2007年12月18日(Tue) 20:44
マリア(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  イエスの源流・・・その名はヨセフ  
2007年12月14日(Fri) 14:33
天使の梯子~『マリア』
 THE NATIVITY STORY  今から約2000年前、イスラエル・ナザレの人々はヘロデ王の課す重税に苦し んでいた。貧農の娘である少女マリア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)は大工 職...
2007年12月13日(Thu) 10:11
マリア
【THE NATIVITY STORY】2007/12/01公開(12/12鑑賞)製作国:アメリカ監督:キャサリン・ハードウィック出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、オスカー・アイザック、ヒアム・アッバス、ショーン・トーブ、キアラン・ハインズ、ショーレ・アグダシュルー、スタンリー・?...
2007年12月13日(Thu) 09:48
マリア
マリアの物語というよりも、これは父性をものすごく強烈に感じた。
2007年12月11日(Tue) 22:33
マリア(The Nativity Story)
英語タイトルThe Nativity Storyを直訳すると「キリスト降誕物語」。nativeはnationの親戚語。賛美歌の「もろびとこぞりて」の「もろびと」=nationがこぞりて迎えまつる主が降誕=nativityというわけで、キリストに集った結果そのpeopleがnationになったとか。結局、国民...
2007年12月11日(Tue) 15:43
マリア
公開日 2007/12/1監督:キャサリン・ハードウィック出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ/オスカー・アイザック/キアラン・ハインズ 他【あらすじ】ヨセフとの婚約中に子供を身ごもってしまったマリア。村中の人々から非難されるが、夫ヨセフだけは「神の子を身ごもっ...
2007年12月11日(Tue) 15:02
マリア
今まで語られることのなかった、イエス・キリスト誕生までの、母マリアと夫ヨセフの物語。 その希望の光は、ひとつの愛から生まれた。あの日、ヨセフがマリアを信じなければ、あの時、ふたりが大王による虐殺から逃れえなければ、キリストは誕生しなかった。 中東エルサ...
2007年12月11日(Tue) 11:00
マリア
貧しい家庭に生まれ育った平凡な女性・マリア。彼女は親によって勝手に結婚相手を決められ深く落ち込んでしまう。その時、天からの使いが現れ、自分に救世主となる者が身ごもる事を告げられる。しかし、男を知らぬまま身篭ったマリアは激しく動揺する。 キリストの母、マ...
2007年12月11日(Tue) 06:48
マリア
3つの星が1つに輝く夜、すべての民の救い主が誕生する。
2007年12月09日(Sun) 20:12
『マリア』
偶然...って最近よく感じます。昨日は嫁と東京中央郵便局に荷物を出しに行って、そのついでに丸ビルの中を歩いていたらB’zのイベントに遭遇。生B’zを見ることができました。
2007年12月09日(Sun) 08:03
マリア
古代エルサレムのヘロデ王は、救い主が現れるという預言に、自分の地位を脅かすものの出現を感じて怯えていました。一方、ヘロデ王の圧政に苦しむユダヤの民は、救い主の誕生を心待ちにしています。ヘロデ王の厳しい税金の取立てに苦しむ村、ナザレに住むマリアは、ヨセフ...
2007年12月08日(Sat) 23:56
「マリア」
「The Nativity Story 」2006 USA ヒロイン、マリアを演じるのはニュージーランド出身で「クジラ島の少女/2002」のケイシャ・キャッスル・ヒューズ。 マリアの夫ヨセフに中米グアテマラ出身のオスカー・アイザック。 監督はアメリカンのキャサリン・ハードウィック。...
2007年12月08日(Sat) 23:34
マリア
少女から妻、そして母へと変化する一人の女性の成長物語の主人公は、イエスの母マリアだ。ケイシャ・キャッスル=ヒューズの真摯な演技が魅力的だが、イラン出身のショーレ・アグダシュールも名演。聖母マリアは私のような無宗教の人間にさえ敬う気持ちをいだかせる宗教界...
2007年12月08日(Sat) 23:09
マリア/ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
カトリック系の幼稚園に通っていた私は信者でもないのに毎日お祈りを捧げ、先生たちとはまた別にいる神父様やシスターたち、でっかいセントバーナードやマリア像やガブリエル様などたくさんの天使像たちに見守れながら幼少時代を過ごしてきました。はっきり言って信仰の細...
2007年12月08日(Sat) 21:57
マリア
 『その希望の光は、 ひとつの愛から生まれた。』  コチラの「マリア」は、今まで語られることのなかったイエス・キリスト誕生までの母マリアと夫ヨセフの物語を描いたコレもクリスマスにはぴったりな題材の12/1公開となった映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ~。...
2007年12月08日(Sat) 21:44
マリア
○マリア/THE NATIVITY STORY/2006アメリカ ○100min/ドラマ/歴史劇 [◆◆◆◆◇◇]4/6 ○公開2007.12.01/エイベックス・エンタテインメント キリストの降誕(the Nativity)の物語。人間としてのマリアとヨセフを描いているということで、どんな描き方をして...
2007年12月08日(Sat) 20:05
86『マリア』を鑑賞しました。
映画を鑑賞しました。秊 86『マリア』 評価:★★★★☆ 原題は「THE NATIVITY STORY」です。 キリスト誕生の裏にあった、ひとりの女性の物語です。 かなり感動物でした。 宗教とかではなく人間として考えるところもありましたよ。 ..
2007年12月08日(Sat) 18:28
マリア
ヨセフとマリアの物語―無心になって鑑賞しよう【story】ヘロデ王(キアラン・ハインズ)の圧政に苦しむナザレで、家族とともにつましい生活を送るマリア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)。ヨセフ(オスカー・イサーク)との婚約話が整った後、大天使ガブリエルから「あ...
2007年12月08日(Sat) 17:07
感想/マリア(試写)
イエス様って安産だったのね。『マリア』12月1日公開。両親の命によりヨセフと婚約したマリア。1年間は交わりを結ばない掟を守りながら、彼女は神のお告げによって純潔のまま子を宿す。ヨセフもまた神からのメッセージによって彼女を守ることを決意し、身重のマリアを連れ...
2007年12月08日(Sat) 16:56