Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP映画ら行 ≫ 『ラスト、コーション』

『ラスト、コーション』

lust_main.jpg


監督・:アン・リー CAST:トニー・レオン、タン・ウェイ 他
第64回ヴェネツィア映画祭 金獅子賞、金オゼッラ賞受賞

1940年前後、香港。大学生のワン・チアチー(タン・ウェイ)は、学校の演劇仲間に誘われ抗日運動に身を投じる事になる。チアチーの役目は輸入業者の妻の振りをして、敵対する機関のリーダー、イー(トニー・レオン)に近づく事。が、イーを暗殺するという目的を達せられないまま、イーは上海へ行ってしまう・・・・

LUST・・・肉欲 そして、CAUTION・・・警戒
そのタイトルの通り、警戒心と肉欲の間で揺れる男女の話。
男は抗日運動家達に命を狙われるイー、女はその男を誘うスパイ、チアチー。
男は騙されるまま誘いに乗り、女の虜になり・・・
そして、いつしか二人は互いの孤独を埋めるように激しく求め合う・・・

これも『アメリカン・・』に続き長尺だったけど、退屈はしなかった。
イーとチアチーの繊細で危険な探り合い、そして彼らがどうなっていくのかに目が離せませんでした。
再現された当時の上海も素晴らしかったし。
しかし見せ場はやはり話題になっている「濡れ場」。かなり大胆。ボカシなんて久々に見たわ~
あんな格好やそんな格好までしちゃって・・・なぁんて思ったけど、このベッドシーンは激しく大胆だからこその
意味があるんでしょう。
チアチーは彼との逢瀬を重ねる内に彼の中にある彼の素の部分を見付け、少なからず惹かれていった・・・
敵と味方でも孤独は同じ、地獄も同じ・・・・
殺さなければならない相手と分かっていながらも、その時だけは彼女が「女」になれる瞬間。
そして彼らが「生」を感じられる瞬間。
だから激しく求め合った・・・戦争も、愛国心も何もかも忘れるように・・・

アン・リー監督作品って、見てる時に何かを感じると言うより後になってじわじわ来る物が多いんだけど、
この作品の場合今のところあまり余韻は残ってないかな・・・・ 
それにしてもアン・リーさん、『ブロークバック・・』では同性愛をリアルに描き、この度は男女の交わりを大胆に描き、
ほんと、チャレンジャーですわね・・・
しかし主演のチアチーを演じた女優さんは頑張ってた~。初映画らしいけど、この体当たり演技にはあっぱれ。
美人と言うより童顔で独特な雰囲気のある女優さん。難しい役所を演じきっていまいした。


non的お気に入り度:


Comment

編集
こんばんは~
私も本日、観てきました・・・

長さはホントに感じませんでした。
ストーリーが結構ドキドキ・ハラハラで。

前半、ごくごく普通に進んでゆくので、これで何故にR指定?って思ったら 甘かった~中盤から怒涛の攻撃でした(苦笑)
私が疲れてどうする?!みたいな・・・

こういう切ないお話、好きなので~
今、感想まとめてるトコです。アップしましたらTBいただきにまいります・・
ただ前回TBさせていただいたのが入ってなかったんですよね。相性よくないのかな・・・
2008年02月02日(Sat) 21:53
編集
◆マリーさまへ
こんばんは♪

長さは感じさせない作品でしたね。
いや~あのベッドシーンは久々に驚きました。
でも、あの2人のあの時の心の中をそのまま表したシーンでもあると思うので、
とても意味のある物ですよね。
どうにもならない時代の中での、切ないラブストーリーでした。

TBの件、申し訳ありませんm(_ _)m
2008年02月02日(Sat) 22:42
編集
こんばんは♪
かなり楽しみにしていました。
ラブシーンばかりが取りざたされていますが、それを除いても印象に残るシーンが多いです。
ラストシーンにチアチーとクァンが交わした表情もとても複雑な思いが詰まっていましたし、その時間にチアチーの泊まっていた部屋で過ごすイーも複雑だったでしょうね。
2008年02月02日(Sat) 23:27
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

2人の微妙な表情が良かったですね。
演じた役者さんも素晴らしかったと思います(^^)
2008年02月03日(Sun) 08:05
編集
こんにちは。やっぱりHな映画だったなあ(爆)あれって人間の本性が出るからあそこまでしつこく出したのでしょうか?

映画館には日ごろ映画に興味のなさそうなお兄ちゃんがたくさんいました。
2008年02月05日(Tue) 20:00
編集
◆ぷくちゃんさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうですね~やっぱりあのシーンはねぇ・・・
特に男性陣には印象に残るでしょうね(^^;)

この作品が金獅子賞を受賞したベネチアでは、
「アン・リー監督は注目を集めるのが上手い」とまで言われてるらしいですが・・(苦笑)
2008年02月05日(Tue) 20:29
編集
nonさん☆
こんばんは
先日観て来ました、
わたしはかなり楽しめました。
あの問題のシーン、まあ恋愛か作戦か
感情の起伏を表現する中で必要と言えば必要だったんじゃないかな。と

過激でしたけどねー。

2008年02月07日(Thu) 00:13
編集
◆migさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

migさん、かなりの高評価ですね。
微妙な駆け引きがとても良かったです。
あまりにもあのシーンが激しいのでついその場面の印象が残りやすいけどね・・・
2008年02月07日(Thu) 10:17
こんにちわ。
編集
こんにちわ、TBありがとうございました。
濡れ場が話題とは知ってましたけど、ま、まさかトニー・レオンさんがベルトを外してあんな豹変するとは違う意味でビックリしちゃいました(汗)。

ぼかすくらいなカットしてほしかったけど、そういうわけにはいかなかったんでしょうかね?
2008年02月07日(Thu) 16:55
編集
◆かのんさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

アジアンムービーを余り見ない私は、トニー・レオンと言う役者さんの演技は初見でした。
なのであの大胆な演技も特に違和感無く見れたのですが、
これまでの彼をご存じの方なら色々感じるところもあるんでしょうねぇ・・

アン・リー監督もあのシーンにはかなり力を入れたみたいだし、ボカシをカットとはいかなかったんでしょうねぇ、きっと。
2008年02月07日(Thu) 20:13
編集
マタ・ハリーも川島芳子もみんなチアチーみたいな気持ちで、あんな危険な世界にいたのかとちょっと切なくなりましたね。
特にラストで見せる彼女の小さな微笑みはハードな絡みシーン以上に印象に残りましたよ。
2008年02月09日(Sat) 16:16
編集
◆にゃむばななさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうですね。
当時女スパイとなっていた人達は、どんな目に遭うのも覚悟の上だったでしょうね。
しかしあんなことまでやろうとする彼らの情熱というものは、今の時代の人間では考えられない事ですねぇ・・・
2008年02月09日(Sat) 16:55
編集
こんばんは♪

私はトニー・レオンさえ出ていればいわ、ってくらいの感覚で観に行ったんですが、すっかり映画の世界に引き込まれましたー。
話題になってたあのシーンは、2人ともおおっぴろげだったけれど、なんだか格闘技チックでエロくなかったなってな印象です。
派手なアクションなしでもこんなにハラハラドキドキできる映画ってすごいな。
2008年02月09日(Sat) 22:11
編集
◆AnneMarieさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます。

長い上映時間も退屈しませんでしたね。
確かに話題のシーンは、大変な体勢になってて、役者さんも大変だなぁ・・って思いました(^^;)
緊迫感と切なさに溢れた作品でしたね。
2008年02月09日(Sat) 22:31
編集
あのシーンは・・・ほんとやり過ぎですよね。。。
役者も大変だわ。。。
でもこの作品を深いものにするには必要なシーンかと思いました。
チアチーの心がとても重く響きました。
2008年03月01日(Sat) 00:18
編集
◆未来さまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

あのシーンはあれだけ激しいのだからどうしても話題になってしまいますよね。
役者さんはほんとに大変だったと思います。
2008年03月01日(Sat) 16:41
編集
こんばんは,TBありがとうございました。

>敵と味方でも孤独は同じ、地獄も同じ・・・・
この表現,素晴らしいですね。
彼らの間に愛が芽生えた理由って,まさにそうかも知れませんね・・・。
すごく哀しい物語ですね。
どうにもならない袋小路の愛,という点はBBMとまったく同じです。
このテーマを描かせたら,リー監督の右に出るものはいないかも。




2008年03月28日(Fri) 00:40
編集
◆ななさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

あの激しいラブシーンは、明日の命も分からない彼らがまさに「命」を感じた時間だったのでしょうね。
だからリー監督もあれだけの表現にチャレンジされたのでしょう。

リー監督作品の中で、私は『楽園をください』も大好きなんです。
この作品、賛否はあるのですがなかなか奥が深いんですよね・・・
南北戦争を背景に、本当の自由とは何かを考えさせられる作品でした。
2008年03月28日(Fri) 09:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ラスト、コーション
米中台香合作。 セックス・シーンの撮影の仕方とかが話題になったが見てみたらそこのところはやはり過激な演出。主演女優タン・ウェイが中国当局に実質芸能活動を締め出されるなどしたということにもなったのは、中国の表現の自由度の低さと敏感的な検閲性政治状況を露?...
2009年12月20日(Sun) 11:42
ラスト、コーション
その愛は、許されるのか?
2009年06月11日(Thu) 01:30
『ラスト、コーション』
ラスト、コーション 日本軍占領下の1942年の上海 女工作員と特務機関長の禁断のラブストーリー 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) 張愛...
2009年04月01日(Wed) 03:05
『ラスト、コーション』\'07・中・米
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
2009年02月03日(Tue) 20:26
ラスト、コーション DVD
「ラスト、コーション」のDVDを見ました~♪ 劇場で観逃してしまった映画です。昨年の映画Blogerランキング、かなり上位に位置してたのでDVD買っちゃいました~♪何故かお得意のソフマップの中古コーナーに並んでたんで、即ゲットですよ!(爆) うーん、...
2009年01月25日(Sun) 19:17
ラスト、コーション
その愛は、許されるのか? 2007年 中国/アメリカ R-18 ラスト、コーション 監督 アン・リー 出演 トニー・レオン/タン・ウェイ/ワン・リーホン/ジョアン・チェン/トゥオ・ツォンホァ/チュウ・チーイン/チン・ガーロウ/クー・ユールン/ガオ・インシュ?...
2008年11月09日(Sun) 23:38
ラスト、コーション
【LUST, CAUTION/色・戒】R-182008/02/02公開製作国:中国/アメリカ監督:アン・リー出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ、チュウ・チーイン その愛は、許されるのか??
2008年10月09日(Thu) 13:02
mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆
付けているが
2008年09月21日(Sun) 22:43
ラスト、コーション 色|戒
Lust,Caution/色・戒(中国・アメリカ)【DVD】 監督:アン・リー 出演:トニー・レオン/ワン・リーホン/タン・ウェイ/ジョアン・チェン あなたはタブーを目撃する。 2007年度ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞と金オゼッラ賞(撮影賞)を受賞。 『ブロークバック・?...
2008年09月21日(Sun) 11:20
『ラスト、コーション』 @シャンテシネ
日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レジ
2008年03月31日(Mon) 17:57
ラスト、コーション
第64回ヴェネチア国際映画祭で,金獅子賞を受賞したアン・リー監督作品。1942年の,日本占領下の上海を舞台に描かれる,抗日運動に身を投じる女スパイ、ワン・チアチー(タン・ウェイ)と、特務機関のリーダー,イー(トニー・レオン)との禁断のラブ・サスペンス。女スパ...
2008年03月28日(Fri) 00:35
ラスト・コーション を観ました。
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
2008年03月22日(Sat) 10:46
Lust Caution (2007)/色|戒 ラスト、コーション
【邦題】ラスト・コーション 【あらすじ】「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が、一人の女スパイの愛の葛藤を描く官能サスペ...
2008年03月22日(Sat) 08:01
極限状態でのエロスを問う「ラスト、コーション」~ヒロイン、タン・ウェイは最後に艶っぽくなる
 そのラブシーンの激しさだけが喧伝されている感のある「ラスト、コーション」(アン・リー監督)をようやく見ることができた。Last caution(最後の警告) とてっきり思っていたが、Lust,caution(肉欲、警告)なんだ、とオープニングで認識をあらたにした。まさに原題?...
2008年03月03日(Mon) 23:16
映画「ラスト、コーション」
原題:Lust,Caution/色・戒 どうしても思ってしまうのが、題名の意味だよね、最後の注意事項みたいな意味ありげなことを想像するけど、実は色欲に注意しなさいということなのね・・ マージャンのポンチー合戦の見所はよく分からなかったが、R18となったベッ...
2008年03月02日(Sun) 12:08
ラスト、コーション
ラスト、コーション’07:米+中国+台湾+香港 ◆原題:LUST, CAUTION 「色・戒」◆監督:アン・リー「ブロークバック・マウンテン」◆出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ ◆STORY◆ 日本軍占領下の1942...
2008年03月02日(Sun) 00:43
ラスト、コーション
本当にすごい映画です・・・余韻が残る。。。 そう、18禁なんですが。。 舞台は1942年、日本軍占領下の上海・香港、 ほのかな恋心から抗日運動に身を投じる女、 そして日本の傀儡政府に関わる組織のリーダーの男の暗殺任務を命ぜられる。。。 当時の抗日主義に没...
2008年03月01日(Sat) 00:36
「ラスト、コーション」感想 世間の評判ほどには・・・
ヴェネチア映画祭で金獅子賞を撮った映画ですが、おそれ多くも、私にはこの映画の良さがそこまでは解らなかった様でした。でも長い映画なの...
2008年02月28日(Thu) 08:46
★「ラスト、コーション」
「ブロークバック・マウンテン」でオスカーを受賞したアン・リー監督の最新作。 「映倫 R-18」指定で、過激な性描写が話題の本作。 原題は「色・戒」、英題は「LUST, CAUTION」。 LUSTは「肉欲(を抱く); 渇望(する)」・・・の意味。 CAUTIONは「用心(深さ), 慎?...
2008年02月28日(Thu) 02:18
ラスト、コーション
さすが、日本のリーチマージャンとは違い、世間話しながらも「ポン」・「チー」とよく鳴きます。
2008年02月27日(Wed) 09:06
「ラスト、コーション」情熱をもって生きるとは、陳腐なことなのだ。
「ラスト、コーション」★★★★ トニー・レオン、タン・ウェィ主演 アン・リー監督、アメリカ 中国 、2007年、158分 日本軍占領下の1942年の上海、 大学生だった主人公は、演劇仲間と抗日運動に 加わり、ある男の暗殺計画に強力する。 トニー・レオンに冷...
2008年02月25日(Mon) 00:56
【2008-37】ラスト、コーション(LUST, CAUTION 原題:色|戒)
人気ブログランキングの順位は? 1942年──日本占領下の上海 女は、愛を武器に、男を殺さなければならなかった 男は、その偽りの愛を受け入れた 禁断の、 そして極限の愛 その愛は、許されるのか?
2008年02月24日(Sun) 21:55
アン・リー監督の「ラスト、コーション 色―戒」を観た!
1942年、日本占領下の上海。 人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役 イー。 イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。 ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力で彼を堕とすことに成功する。 人目をはばかる危険で激しい逢瀬を重ねるふたり・・・。
2008年02月20日(Wed) 11:00
『ラスト、コーション 色/戒』
□作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆...
2008年02月17日(Sun) 20:39
『ラスト、コーション』
2007年。製作国・地域:アメリカ・中国。監督:アン・リー。 見てまいりました。トニー見たさに行ってまいりました、『ラスト、コーション』。 疲れた、見るのにめちゃくちゃ体力を消耗した。でも良作、かなりの佳作。ヴェネチアで金獅子ということだそうですが、賞とる?...
2008年02月12日(Tue) 17:16
ラスト、コーション 色|戒☆独り言
トニー・レオンの映画はなぜか長いというそんな印象は、どこから付いちゃったのかな?あぁ、でも150分以上は、猫には長いのよね(爆)結局、長い分は自動調整してるらしい^^;;;抗日運動に身を投じたのは好きな人がいたからそんなチアチーはマイ夫人として特務機関のリー
2008年02月12日(Tue) 00:01
映画「ラスト、コーション」(2007年、中国・米)
  ★★★☆☆  第2次大戦中の中国を舞台にした男女の悲恋。 原題(中国語)は「Lust, Caution (Se, jie 、色,戒)」。  1938年、香港。 大学の演劇部の学生たちが、 親日色の強い特務機関の幹部 Mr. Yee (Tony Leung Chiu Wai)の暗殺を計画。 メンバーの女学生...
2008年02月11日(Mon) 09:05
ラスト、コーション
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  幾多もの偽り、一糸まとわぬ唯一のリアル  
2008年02月10日(Sun) 16:04
ラスト、コーション(中国/アメリカ)
大好きなトニー・レオン主演作品だもん。 産気づくまえに観とかなきゃ! ということで早速「ラスト、コーション」を観ました! ( → 公式サイト  ) 出演:トニー・レオン、ワン・リーホン、タン・ウェイ、ジョアン・チェン 上映時間:158分  1940...
2008年02月09日(Sat) 20:57
『ラスト、コーション』
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞しながらもアカデミー外国語映画賞には諸事情でノミネートされなかったこの作品。過激な性愛描写が物議を醸したそうですが、実際に見てみるとR-18指定でも不十分ではないかと思うくらいにかなりハードなシーンでした。そんなハードな...
2008年02月09日(Sat) 16:17
ラスト、コーション
JUGEMテーマ:映画 2008年2月2日 公開 ダイヤモンドは永遠のしるしです! これ、いろんな意味ですごいね(つぶやきシローで) あっぱれだね(つぶやきシローで) 過激な性描写があるとは聞いてましたが。 アメリカでは"NC-17"だそうですが?...
2008年02月09日(Sat) 08:52
『ラスト、コーション/色|戒』
  『ラスト、コーション/色|戒』 その愛は、許されるのか?   ■1942年、日本占領下の上海。人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役イー。イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力でカッを堕とすこと
2008年02月09日(Sat) 05:00
ラスト、コーション
禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然!「ブロークバック・マウンテン」からわずか2年、アン・リー監督が、再び全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作だった。 時は1942年。日本占領下の上海で、傀儡政権特務機関の顔役イーの懐に飛び込み、命を狙う女スパ...
2008年02月09日(Sat) 00:28
“ラスト、コーション”
         ★公式サイト     1942年、日本占領下の上海。   大学の仲間と共に抗日運動に身を投じていくチアチー。   彼女の運命は翻弄され、もう後戻りは出来ない。   スパイとして、暗殺を目的に敵対する機関のリーダー、イーに近づき   危険
2008年02月08日(Fri) 19:53
『ラスト、コーション』 (2007) / アメリカ・中国・台湾・香港
原題:LUST,CAUTION/色・戒監督:アン・リー原作:アイリーン・チャン出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政...
2008年02月08日(Fri) 13:48
ラスト、コーション
ラスト、コーション(2007 中国・アメリカ) 原題   色・戒 /LUST, CAUTION(英題)    監督   アン・リー   原作   アイリーン・チャン 『ラスト、コーション 色・戒』 脚色   ワン・フイリン ジェームズ・シェイマス 撮影   ロドリゴ・プリエ?...
2008年02月07日(Thu) 19:12
「ラスト、コーション」 LUST, CAUTION 色・戒
舞台は1942年、日本占領下の上海。それまで普通に生活を送っていた女子大生が、「演じることの喜び」を知り、ちょっとした恋心をきっかけとして過激な抗日運動に身を投じていき、そこにはやがて思いも寄らぬ展開が待っているという、エスピオナージュ的サスペンス要素も盛...
2008年02月07日(Thu) 17:55
これもまた、愛の物語~『ラスト、コーション/色・戒』
 LUST, CAUTION  色・戒 Se, jie  日中戦争下、抗日運動の女スパイとして親日傀儡政権の幹部イー(トニー・レオン) に近付くワン・チア...
2008年02月07日(Thu) 13:03
*ラスト、コーション*
{{{   ***STORY***              2007年 アメリカ=中国=台湾=香港 日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演?...
2008年02月07日(Thu) 11:38
ラスト、コーション 色・戒/トニー・レオン
「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の最新作はトニー・レオン主演映画。敵同士であるはずの男女の激しい愛のドラマを描く官能スパイ映画。予告編はかなり色っぽかったので、そういうのを期待して観に行きました(笑)。 出演はその他に、タン・ウェイ、ワン...
2008年02月07日(Thu) 10:57
ラスト、コーション 55点(100点満点中)
SMぽいの好き 公式サイト 日中戦争期の上海を舞台に一人の女性の運命が描かれる、チャン・アイリンの自伝的小説『色|戒』を原作に、『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督により映画化。 エモーションに重点を置いた丹念な人間描写と、即物的な視覚娯楽...
2008年02月07日(Thu) 10:13
ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒
平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭とが入り交じって ちょっとうっとなるような中、 約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい 面白かった! 2人の立場の違う男の間で揺れる女スパイとのスリ...
2008年02月07日(Thu) 00:10
映画「ラスト コーション」
 台湾駐在の友人のお薦めの映画「ラスト コーション(戒・色)」がやっと日本公開さ
2008年02月05日(Tue) 19:14
ラスト、コーション
予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動?...
2008年02月04日(Mon) 17:13
ラスト、コーション
 あんまり、男を印象付けて記事を書くことはないのですが・・・でもこれは、男性全開
2008年02月04日(Mon) 07:22
ラスト、コーション
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・チ...
2008年02月03日(Sun) 20:25
ラスト、コーション
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・チ...
2008年02月03日(Sun) 20:25
「ラスト、コーション」
「Lust, Caution」...aka「Se jie」「色・戒」2007 中国/台湾/香港/USA 女工作員と、彼女のターゲットとなる重要なる人物の男。二人が織りなす官能サスペンス・ドラマ。 主演の女工作員チアチー(マイ夫人)にタン・ウェイ。 ミスター・リーに「花様年華/2000」「...
2008年02月03日(Sun) 19:01
ラスト、コーション
「ラスト、コーション」 色・戒/LUST, CAUTION/製作:2007年、ア
2008年02月03日(Sun) 17:05
どちらも捨てられなかった愛情。『ラスト、コーション 色/戒 』
日本軍占領下の上海、香港を舞台に抗日運動家たちが目論む暗殺計画に参加した女性の物語です。
2008年02月03日(Sun) 15:23
映画 『ラスト、コーション』
  ☆公式サイト☆日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1942年、日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵...
2008年02月03日(Sun) 12:03
「ラスト、コーション」:東京ビッグサイトバス停付近の会話
{/kaeru_en4/}ビッグサイトって、フェリーでも来れるんだよな。 {/hiyo_en2/}香港を往来しているフェリーみたいに? {/kaeru_en4/}そこまでロマンチックじゃないけどな。 {/hiyo_en2/}香港映画の「ラスト、コーション」はロマンチックだったけどね。 {/kaeru_en4/}おいお?...
2008年02月03日(Sun) 11:32
映画 【ラスト、コーション】
映画館にて「ラスト、コーション」 アイリーン・チャンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。 おはなし:1942年、日本占領下の上海。女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、演劇部の仲間クァン(ワン・リーホン)に感化され、過...
2008年02月02日(Sat) 23:23
『ラスト、コーション』
 アン・リー監督がヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『ラスト、コーション
2008年02月02日(Sat) 22:30
ラスト、コーション
1942年、上海。後戻りできない女と男・・・
2008年02月02日(Sat) 22:12
「ラスト、コーション」
「ラスト、コーション」シャンテシネで鑑賞 初日1回目でみるのはひさしぶり、でも2時間半の時間はなかなかつくれないからこの時間しかだめなのです。 そんなこんな、すべてに濃厚、朝一にみるべき作品ではないと思うけど、朝だからすっきりみられたかも知れません。...
2008年02月02日(Sat) 21:08