Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP映画ら行 ≫ 『ロング・エンゲージメント』

『ロング・エンゲージメント』

ロング・エンゲージメントロング・エンゲージメント
(2006/08/04)
オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル 他

商品詳細を見る


監督:ジャン=ピエール・ジュネ CAST:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル 他

第一次大戦下、死刑宣告をされた5人のフランス軍兵士が敵との中間地帯に放り出される。その中の1人、マネク(ギャスパー・ウリエル)の婚約者、マチルダ(オドレイ・トトゥ)はその事を聞き、マネクの消息を追う・・・

戦死したかも知れない婚約者の生存を心から信じ、足の悪い女の子が懸命に真実を探る物語。
母を訪ねて三千里の恋人版・・・みたいな・・・
戦闘シーンが結構リアルなのね。
その一方で、オドレイ・トトゥ扮するマチルダのマネクへの思いがとても健気で愛らしかったり、
彼女に協力する周囲の人達の優しさも暖かくて素敵だったり、その両面が極端に描かれているところが
なかなか面白い。映像もとても綺麗だし。
マチルダとマネクが戦争で引き裂かれるのはとても哀しいことだけど、決して後ろ向きにならず、ひたすら
自分の直感を信じながらマネクの生存を信じるマチルダの姿には元気をもらえます。
ただちょっと長く感じたな・・・
マネクを見付ける糸口になる人物が現れたりしてどんどん真実に近づく辺りは面白いんだけど、
その人物が肝心な事以外の事をベラベラ話したりして、「そんな話いらん!」とイラチな私は思わず
叫んでしまいそうになった・・・
で、その現れる人達の相関図も分かりにくかったりして、正直少々混乱してしまったわ。
ただま、ラストは良かったですけども。ジョディ・フォスターの登場にはビックリ。

しかし何よりギャスパー目当てで見た訳で、そう言う意味では正直物足りなかったぁ・・・
この作品でのギャスパーは、マチルダが心から愛してやまない男の子にピッタリのキャラ。
何だか弱々しくて優しくて、彼にもマチルダしかいない・・・そんな男の子。もちろん超可愛いんだけど。
でも台詞も少ないし、この作品を最初に見てたらギャスパーのことは気にならなかったかも。
やっぱり彼はどちらかというと、個性のキツイ役の方が魅力を放つ人だな。


non的お気に入り度:


と、これでギャスパー祭りは終宴・・・だって、彼の作品見れないんだもん・・・
あちらでは去年、『Jacquou le Croquant(ジャクー・ル・クロカン)』という作品で主演して公開済み。
こちら

こりゃまた復讐劇だとか・・・ そしてギャスパーの逞しいbodyも見れそ・・・
しかし日本では未公開・・・日本語訳のDVDもまだ見れない・・・
はよ見てぇ~


Comment

編集
nonさん、こんにちは!
私は、この映画が、初のギャスパー君だったんですよ。
その後に「かげろう」を、見たのです。それを見て、うむ~~!さすがにやっぱり魅力的な人だな、と思いました。

>やっぱり彼はどちらかというと、個性のキツイ役の方が魅力を放つ人だな
 私もそう思います!と、言っても、他にはハンニバルと、パリ・ジュテームしか見てないんですが・・
2008年03月02日(Sun) 20:28
編集
◆latifaさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

ギャスパー、ほんとに素敵ですよね~(*^^*)
怖いキャラが妙に合ってると言うか、特にハンニバルでは人を殺めるギャスパーが美しくて・・
ほんとは苦手なシーンなのに、見入ってしまいました(^^)

でも仰るとおり彼の作品ってなかなか無くて(涙)
こちらでは未公開の物もあり、その辺は残念ですよね・・・
次はいつ見れるのやら・・・
2008年03月02日(Sun) 20:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

映画『ロング・エンゲージメント』
原題:A Very Long Engagement その婚約者の長い別れと愛の直感、執念の捜索が結実する。深くて暗いミステリーの闇を愛の力が解きほぐす。初めての言葉・・歩くと痛いの・・・? 第一次大戦下のフランス・ブルターニュ、婚約者マネク(ガスパール・ウリエル)が、...
2008年02月24日(Sun) 18:39
ロング・エンゲージメント マチルダの直感(ゲン担ぎ)は、半分くらい外れる
ロング・エンゲージメントを見ました。 フランス映画です。 一応英語の題も入れましたが、原題はフランス語です。 主演はアメリのオドレイ・トトゥ(役名:マチルダ) 共演に、新鋭のギャスパー・ウリエル(役名:マネク) 監督は、アメリでオドレイ・トトゥを抜擢した...
2008年02月23日(Sat) 18:11
ロング・エンゲージメント
彼は生きている。彼女の鼓動が聞こえる。
2008年02月21日(Thu) 16:10
ロング・エンゲージメント
見事な謎解き戦争ドラマ。 深く心に響きました!
2008年02月21日(Thu) 10:38
「 ロング・エンゲージメント 」(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES )
ご存知「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ、オドレイ・トトゥコンビの新作である「ロング・エンゲージメント」はいろんな意味でとても贅沢な映画だった。 基本的には一人の女性が戦場で死んだという恋人の死を受け入れることが出来ず、必死に彼の行方を探すというのが...
2008年02月21日(Thu) 01:18
ロング・エンゲージメント
試写会で一足早く観てきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネと オドレイ・トトゥのコンビによる 作品だから、ファンタスティックな ミステリーを想像していましたが、 結構生々しい戦場シーンがあり、 以外ときついかもしれません!! 舞台は第一次大...
2008年02月20日(Wed) 23:44
『ロング・エンゲージメント』
-------この映画知らないにゃあ。 「だけど今に話題になるだろうね。 監督がジャン=ピエール・ジュネで主演がオドレイ・トトゥ。 つまりは『アメリ』の黄金コンビ」 ------ということは、またまたこだわりの映像が観られるわけだ。 「そう。しかも今回は思いっきりレトロ...
2008年02月20日(Wed) 22:07
★「ロング・エンゲージメント」
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。 フランス映画は独特・・・なんだけど、 「アメリ」の監督と女優コンビの作品は見ておこうかな・・・っ...
2008年02月20日(Wed) 22:03
『ロング・エンゲージメント』
 “直感”を信じる。   それは、“奇跡”に耳をすますこと。 ■監督 ジャン=ピエール・ジュネ ■脚本 ギョーム・ローラン ■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」) ■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス...
2008年02月20日(Wed) 21:03
ロング・エンゲージメント
芸術性の高い美しい映像で「ロスト・チルドレン」などのダークな映画を撮るかと思えば、穢れのかけらも無い現代のおとぎ話「アメリ」も撮る鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督。その彼が「アメリ」の主演女優オドレイ・トトゥと再び挑んだこの春一番の期待作ロング・エンゲ?...
2008年02月20日(Wed) 20:33
ロング・エンゲージメント
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。
2008年02月20日(Wed) 20:15