Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP映画あ行 ≫ 『いつか眠りにつく前に』

『いつか眠りにつく前に』

nemuri.jpg

監督:ラホス・コルタイ 
CAST:ヴァネッサ・レッドグレーブ、クレア・デインズ、トニー・コレット パトリック・ウィルソン 他

死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーブ)は、娘2人が見守る中うなされながらある事を語り出す。「ハリス(パトリック・ウィルソン)という男性を愛し、それは過ちだった・・・」と。アンは夢の中、親友の結婚式に出た頃を思い出す・・・

何だかとてもジーンと来た・・・・涙がボロボロこぼれるわけじゃないけど、ゆっくりゆっくりジュワ~っと来る・・・・
そう言う作品でした。

ある1人の天に召されようとしている女性の、愛と悔恨の思いから始まるこの物語。
重い病の床でのアンの告白は、親近者の聞いたことの無い名前ばかりが登場し、まるでうわごとのよう・・・・
でもそれは確かに、アンにとって最も心に引っかかっていた事。
忘れられないほど愛した人がいた・・・でも、忘れられない悔やまれる事件が起きた・・・
死の床でアンの胸に去来するのはその時の事・・・・そして、娘2人のこと・・・
娘達姉妹もそれぞれが違う道を行き、それぞれが苦悩を抱え、迷いながら生きている。
死を前にした母、娘達の知らない頃の出来事に思いを馳せる母を見て、彼女達も又、同じ女として、
子供の母として、自らを見つめ直すのです。

誰にも必ず訪れる「その時」。その時、一体何を思うのだろう・・・・
今は勿論そんな時の事を考えることもなく、日々あくせく過ごしているだけ。
良いことがあったり嫌なことがあったり・・・
時には誰かを傷つけたり、自分も傷ついたり、全てを放り出してしまいたいことも。
そしてまた、「本当にこれで間違っていないのだろうか」「子供にはこれで良いのだろうか」など迷って困惑したり、
「あの時あの選択をしていたら」「あんな事を言わなければ」などの後悔の思いに苦しんだりして・・・。
それでも「その時」が来れば、ちゃんと思えるんだろうか。
・・・・失敗はなかった・・・・と。
どんなに苦しい最期でも冷静に自分の人生をそう振り替えれれば、そして我が子に最大の愛を示せれば、
最高に幸せな人生の終幕ですね。

メリル・ストリープやグレン・クローズなどの名優もチラッと顔を出して、キャスト陣が豪華なのもこの作品の魅力。
特に、トニー・コレットやヴァネッサ・レッドグレーブなどの名女優達の演技が素晴らしかった~
トニー・コレットはやっぱ良いわ~
この人の演技は自然でありながらすごく説得力があるというか、いつも見入ってしまいます


non的お気に入り度:




Comment

編集
こちらにも。こういう映画って駄目です!弱いんです。すぐに感動してしまいます。

特に相手が結婚していたのを知った雨の街中・・・いいシーンだなあって。
2008年02月25日(Mon) 19:13
編集
◆ぷくちゃんさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます。

こういう作品は、共感できると胸が痛くなりますね。
雨の中の再会のシーンは何とも言えないシーンでしたね。
哀しくなりました・・・
2008年02月25日(Mon) 20:13
編集
こちらにも・・・。
パトリック・ウィルソンってちょっと前に「リトル・チルドレン」で不倫する夫を見たばかりだったのです。
だから、ハリスもなんか誠実そうには見えなくて、それがノれなかった原因かもって思ってしまったわ。
自分は人生の最期に何を思うのだろうって思いましたね~。
2008年02月28日(Thu) 21:18
編集
◆ミチさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうですか。確かにそう言うキャラを見た後って、結構影響されたりしますよね。
私も近い内に『リトル・チルドレン』見てみます(^^)

若い頃のシーンのキャストはイマイチだったけど、
ジーンと来た作品でした。
2008年02月28日(Thu) 22:57
編集
こんにちは~
映像が美しかったです。特に冒頭のシーンには、それだけで泣きそうでした。
キャストも本当に豪華で素晴らしくて~私もト二・コレットには、いつも引き込まれますね~今回もとってもよかったです。

いろんな泣き所あったのですが、料理中に子供にせがまれ~途方に暮れつつ、唄うシーン・・・とっても泣きました。ぐちゃぐちゃになった鍋たち・・“♪私がお月さまを見ると お月さまも私を見る♪”
アン、あなたはいい人生を歩んだじゃない?後悔しちゃいけないわ。。。と言いたかったです。
2008年03月06日(Thu) 09:26
編集
◆マリーさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

映像も、役者さんの演技も素晴らしい、素敵な作品でしたね。

この作品色々評価が別れてるけど、私はかなり共感できて、
色んなところでグッと来ました。
マリーさんの書かれている、お鍋を放って子供に歌を聴かせていたシーンは良かったですね~
とっても素敵な場面でした☆
2008年03月06日(Thu) 10:34
編集
こんばんは、nonさん。TBおじゃまします。
いい映画だとは思いますが、やはりおじさんには感情移入が難しいですね。
男と女の感性の違いでしょうか・・・
ただメリル・ストリーブの存在感だけは凄かったと思います。
2008年03月15日(Sat) 22:00
編集
◆ケントさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

そうですね。女性の為の作品と言った感じですかね。
やりたいことが沢山あったのに子育てに追い立てられて・・・
と言う部分なんかは、女性しか持てない感情かも知れません。
2008年03月16日(Sun) 06:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

『いつか眠りにつく前に』を観たぞ~!
『いつか眠りにつく前に』を観ました人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を、豪華アカデミー女優陣の競演で映画化した感動作です>>『いつか眠りにつく前に』関連原題: EVENINGジャンル: ドラマ上映時間: 117分製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ監督:...
2009年11月11日(Wed) 23:14
『いつか眠りにつく前に』
いつか眠りにつく前に 病床にある老婦人の 若き日の恋の追憶 【個人評価:★★★☆】 (自宅鑑賞) 原題:EVENING
2009年04月08日(Wed) 02:58
『いつか眠りにつく前に』\'07・米・独
あらすじ死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れ...
2009年02月19日(Thu) 06:57
命の終わりに残せる言葉。~「いつか眠りにつく前に」~
いつか眠りにつく前に [DVD]スーザン・マイノット おすすめ平均 <ネタばれ>親から子へ伝える幸せとは何か死を前にして、人は何を想うのか?女優(の芸)を見せる映画Amazonで詳しく見る by G-Tools 劇場公開時に見そびれた作品でやっと鑑賞できたわけで。 内..
2008年12月02日(Tue) 16:34
いつか眠りにつく前に
いつか眠りにつく前に EVENING 監督 ラホス・コルタイ 出演 クレア・デインズ トニ・コレット ヴァネッサ・レッドグレーヴ     パ...
2008年10月16日(Thu) 16:18
「いつか眠りにつく前に」
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしていたアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)。長女のコンスタンス (ナターシャ・リチャードソン)と次女のニナ(トニ・コレット)に見守られる彼女は、混濁する意識の中、 “ハリス”(パトリック・ウィルソン)という男性の名を何度も...
2008年10月15日(Wed) 23:27
いつか眠りにつく前に
2007年度 アメリカ・ドイツ作品 117分 ショウゲート配給 原題:EVENING STAFF 監督:ラホス・コルタイ 脚本・原作:スーザン・マイノット CAST クレア・デインズ トニ・コレット ヴァネッサ・レッドグレーヴ パトリック・ウィルソン メリル・ストリープ グレン・クロ...
2008年04月07日(Mon) 00:59
映画『いつか眠りにつく前に』を観て
25.いつか眠りにつく前に■原題:Evening■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■鑑賞日:3月1日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ラホス・コルタイ□脚本・原作・製作総指揮:スーザン・マイノット□脚本・製作総指揮...
2008年04月03日(Thu) 23:40
いつか眠りにつく前に☆母の隠された40年前の愛
 死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶 ? ? 2月26日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。キャストの顔ぶれは、凄い親子で共演という女優さんもいます。その一人がメリル・ストリープのお嬢さん、メイミー・ガマー。メリル演じるライラの若き...
2008年03月23日(Sun) 00:18
いつか眠りにつく前に
★★★☆  脚本を手がけたのは『めぐりあう時間たち』のマイケル・カニンガムであり、どちちも女性による女性のための映画のような気がする。そのためか、アメリカではこの映画に対する批評が、男女真二つに分かれて大論争を呼び起こしたと言う。        もちろん指
2008年03月15日(Sat) 21:59
いつか眠りにつく前に
死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶__。 あなたが最期に呼ぶのは、誰の名前ですか?・・・。 老女アン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は、ベッドに横たわり、うなされたように、たびたび「ハリス」という名前を口にする。二人の娘がそば...
2008年03月12日(Wed) 17:32
『いつか眠りにつく前に』
□作品オフィシャルサイト 「いつか眠りにつく前に」□監督 ラホス・コルタイ □原作・脚本 スーザン・マイノット □脚本 マイケル・カニンガム □キャスト クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、パトリック・ウィル?...
2008年03月11日(Tue) 12:06
「 いつか眠りにつく前に / EVENING (2008) 」
【いつか眠りにつく前に 】2008年2月23日(土)公開 監督 : ラホス・コ...
2008年03月10日(Mon) 00:26
【いつか眠りにつく前に】
【原題: EVENING 】 原作/スーザン・マイノット 『いつか眠りにつく前に』(河出書房新社刊) 監督/ラホス・コルタイ   脚本/スーザン・...
2008年03月09日(Sun) 22:11
『いつか眠りにつく前に』
                 死の床にある母が語った物語は、                 娘たちが知らない                 40年前の愛の記憶・・・『いつか眠りにつく前に』監督・・・ラホス・コルタイ原作・脚本・・・スーザン・マイ...
2008年03月06日(Thu) 10:02
「いつか眠りにつく前に」
 2007年/アメリカ  監督/ラホス・コルタイ  出演/クレア・デインズ      ヴァネッサ・レッドグレイヴ      メリル・ストリープ  クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズ、トニ・コレット・・・女優...
2008年03月03日(Mon) 01:39
いつか眠りにつく前に
うちの母と一緒に観てまいりました。 観終わるなり母に言われた言葉・・・「あんたに
2008年03月02日(Sun) 22:52
「いつか眠りにつく前に」(アメリカ 2007年)
人生の終わりに封印していた恋を思い返す母と 母を看取りながら自分の人生を見つめ直すふたりの娘の物語。
2008年03月02日(Sun) 19:26
いつか眠りにつく前に
死の床にあるアン。アンの二人の娘が病床の母を見守っています。混濁した意識の中、アンは、娘たちが知らない男性の名前を何度も口にします。それは、アンが、親友のライラの結婚式で花嫁の付き添い人を務めるため、ロードアイランドの海辺にあるライラの別荘に滞在した時...
2008年03月02日(Sun) 09:17
「いつか眠りにつく前に」レビュー
「いつか眠りにつく前に」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズ、トニ・コレット、メイミー・ガマー、アイリーン・アトキンス、パトリック・ウィルソン、ヒ...
2008年03月02日(Sun) 03:30
いつか眠りにつく前に
今回、ハリス(パトリック・ウィルソン)似てませんっ!! 観るつもりはなかったのですが、時間的にちょうど良かったので、つい鑑賞。 ...
2008年03月01日(Sat) 23:54
いつか眠りにつく前に
「いつか眠りにつく前に」 2008年 米 ★★★☆ 2姉妹、コニー(リチャードソン)とニナ(コレット)は、病床の母を見舞う。 病魔に侵された母親アン(レッドグレーヴ)は、うわ言で「ハリス・・・!ハリス」 と2人の知らない人物の名前を何度も言う。...
2008年03月01日(Sat) 19:56
映画「いつか眠りにつく前に」
原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、輝くように美しい、まるで絵に描いたような、いや、絵にも描けない美しさと?...
2008年03月01日(Sat) 19:00
いつか眠りにつく前に
あなたが最後に呼ぶのは、誰の名前ですか― 原作 スーザン・マイノット 監督 ラホス・コルタイ 音楽 ヤン・A・P・カチュマレク 出演 クレア・デインズ/トニ・コレット/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/パトリック・ウィルソン/ヒュー・ダンシー/ナターシャ・リチャードソン/?...
2008年03月01日(Sat) 01:24
いつか眠りにつく前に
原題:EVENING 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:117分 配給:ショウゲート 監督:ラホス・コルタイ 原作:スーザン・マイノッ...
2008年02月29日(Fri) 21:56
いつか眠りにつく前に
アン役ヴァネッサ・レッドグレーヴの娘役を実の娘ナターシャ・リチャードソンが、ライラ役メリル・ストリープの40年前を実の娘のメイミー・ガマーが演じ、二組の母娘共演を果たした本作。感動作だということだが・・・【story】死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッ?...
2008年02月29日(Fri) 09:20
人生に過ちなんてない~『いつか眠りにつく前に』
 EVENING 「ハリスは私の最初の過ち」  臨終間近な一人の老婦人が、死の淵で呼ぶ若き日の恋人の名。横たわる母アン (ヴァネッサ・レ...
2008年02月29日(Fri) 00:40
「いつか眠りにつく前に」
「いつか眠りにつく前に」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 病床に伏せる老齢の婦人が夢うつつの中で自分の恋愛を懐古するラブストーリー。 現在の彼女や家族とのやりとりと過去が特別な関連もなく断片的に切り替わるので、誰にも感情移入できにくいです。 とはいっても、...
2008年02月28日(Thu) 23:12
思い出は美しすぎて。『いつか眠りにつく前に』
死の床で自身の人生を振り返るひとりの女性を中心に人間模様を描いた作品です。
2008年02月28日(Thu) 23:10
映画 【いつか眠りにつく前に】
映画館にて「いつか眠りにつく前に」 スーザン・マイノットのベストセラー小説を映画化。 おはなし: 死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)は二人の娘たちが見守る中、熱にうなされてある男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代?...
2008年02月28日(Thu) 21:16
いつか眠りにつく前に 32点(100点満点中)08-060
何もかも懐かしい…。 公式サイト アメリカの作家スーザン・マイノットの小説『EVENING』を、ジュゼッペ・トルナトーレ作品などの欧州映画の撮影監督を務めてきたラホス・コルタイ監督により映画化。今回の日本公開を機に、原作も日本語版が刊行された。 現代と50?...
2008年02月28日(Thu) 11:57
【いつか眠りにつく前に】
監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、グレン・クローズ、ナターシャ・リチャードソン、メイミー・ガマー 「間もなく永遠の眠りにつくアンを、枕もとで見守る二人の娘。アンは娘達の知ら
2008年02月28日(Thu) 10:37
映画館で『いつか眠りにつく前に』見てきました!
昨日の'''『いつか眠りにつく前に』'''の初日に もう一度映画を見ました。 場所は'''川崎チネチッタ'''。 '''チネグランデ'''というチネチッタのいつもの映画館の前にあ...
2008年02月28日(Thu) 09:27
いつか眠りにつく前に
『悲しみを呑み込んで、女は母になる』 / (ネタバレの可能性あり) 死の床にある老母が、うわごとで何度も口にする「ハリス」という謎の男の名前。そして「ハリスと私がバディを殺した……」という思いがけない言葉に戸惑いを隠せない二人の娘。次女は知られざる母親の?...
2008年02月28日(Thu) 00:33
いつか眠りにつく前に
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしているアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ) 死の床で長女のコンスタンス(ナターシャ・リチャードソン...
2008年02月27日(Wed) 19:42
いつか眠りにつく前に/ヴァネッサ・レッドグレーヴ
本当は「ライラの冒険」を真っ先に観に行きたかったんだけど、他のスケジュールとの兼ね合いでこれが先になっちゃいました。どっちみち観る予定ではあるからいいんだけど、「ライラの冒険」が早く観たいよォ、と思っていたらまさかこの映画にもライラが登場してたなんて・...
2008年02月24日(Sun) 23:34
映画レビュー「いつか眠りにつく前に」
◆プチレビュー◆死を目前にした母が胸に秘めていたのは娘たちが知らない悲恋。豪華キャストで描くしっとりとした女性映画だ。 【65点】  人生の最期を迎えた老婦人アン。母の枕元の二人の娘が聞いたのは、自分たちが知らない男性の名前だった。夢とも現実ともつかな?...
2008年02月24日(Sun) 22:37
映画館で『いつか眠りにつく前に』見てきました!
昨日の'''『いつか眠りにつく前に』'''の初日に もう一度映画を見ました。 場所は'''川崎チネチッタ'''。 '''チネグランデ'''というチネチッタのいつもの映画館の前にあ...
2008年02月24日(Sun) 22:15
いつか眠りにつく前に
☆いつか眠りにつく前に☆(2007)ラホス・コルタイ監督スーザン・マイノット原作ヴァネッサ・レッドグレーヴ・・・・・・アンメリル・ストリープ・・・・・・・・・・ライラクレア・デインズ・・・・・・・・・・・若き頃のアンメイミー・ガマー・・・・・・・・・・・若...
2008年02月24日(Sun) 20:37
いつか眠りにつく前に
女性の映画ですね、完全に。
2008年02月24日(Sun) 20:24
いつか眠りにつく前に(Evening)
英語タイトルEvening、スーザン・マイノット原作、ラホス・コルタイ監督、ヴァネッサ・レッドグレーブ、クレア・デインズ、パトリック・ウィルソン、メリル・ストリープ。親子二代のシーンが交互し、似たような顔の人が出て来て混乱する。
2008年02月24日(Sun) 20:15
いつか眠りにつく前に
実は鑑賞の予定が分かったのだが、地元のシネコンで特に予告編が流れた回数が多く、これは是非家内と一緒に観にいこうと予定をして誘ったのだが、二人の娘の学年末テストの勉強を見てあげるとかで、あっさり断られ、情けなく一人の鑑賞となったが、作品を観終わって、なる...
2008年02月24日(Sun) 19:05
いつか眠りにつく前に
Evening(2007/アメリカ)【試写会】 監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/メリル・ストリープ/グレン・クローズ/トニ・コレット/ナターシャ・リチャードソン/パトリック・ウィルソン/ヒュー・ダンシー あなたが最期に呼?...
2008年02月24日(Sun) 18:58
いつか眠りにつく前に
 『すべての女性の人生が、 美しい一瞬を持っている。』  コチラの「いつか眠りにつく前に」は、スーザン・マイノットのベストセラー同名小説を豪華女優陣の競演で映画化した2/23となった感動作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  死の床に伏したアン(ヴァ...
2008年02月24日(Sun) 18:30