Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP小説ら行、わ行 ≫ 「私の男」

「私の男」

私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


第138回直木賞受賞作品

-お父さんからは夜の匂いがした。-
9歳の頃に震災で家族を失った花を引き取ったのは、花の親戚という若い男・・・淳悟・・・
淳悟は花の父親となり、そして男になった・・・・

最近ミーハーに大賞受賞作品を読みあさっております
って言うか、どちらもタイトルや作者に惹かれたって言うのが理由なんだけど。
だいたい「私の男」が養父って事で興味津々になったわけだけど・・・内容は予想とは違っていました。

正直かなり衝撃的・・・HEAVYだったぁ・・・
暗い極寒の海の漁港に立ちこめる魚の腐臭の様な、漆黒の海底からわき上がってくる死臭の様な、
男女が激しく絡み合って匂い立つ体液臭の様なよどんだ生臭さが漂ってきそう・・・そんな物語でしたわ。
心の中が寒々として重くなるし。だいたい近親相姦ってだけでもただ事じゃないんだけど。
でもこういう話、好きなんです。
こういう息苦しいほど泥臭い話に目がないんです。
その泥の深みに、ズルズルと引きずり込まれてしまうんです。
どこにも暖かみもなければ救いもないけど・・・

舞台は花親子が移り住んでからの東京と、移り住む前の北海道。
そのどちらででも、花親子の上空には重い空気が常に垂れ込め、そのどす黒い中で彼らは肩を寄せ合うように
生きている。
花と淳悟だけの世界・・・・花と淳悟だけが決めた世界の中で。

原点はオホーツク海を臨む北海道で、そこから彼らの全てが始まっています。
それは、自らの元となる血潮の貪り合い・・・強すぎて歪な愛と、重すぎる罪の始まり。
出会ったときから、お互いの欠けたパズルのコマを見付けたように引き寄せられた花と淳悟。
まるでそれぞれがそれぞれの体の一部でもあるかのように許し合う彼ら。
求め方も知らず与え方も知らない彼らは、貪欲に欲しふんだんに与えた・・・・
・・・それは神を冒涜した行為・・・
でも彼らはお互いの中に自分を探し、見付け、愛し、また探し続けるという事をやめることは出来なかった・・・

そんな親子の物語。
暗く冷たいオホーツク海に流れる流氷のように孤独に彷徨い、神にも逆らう歪んだ愛を肯定しながら
重い鎖を引きずって生きる親子・・・自分の「血と愛」を探し離れられなくなった親子の話。
生々しくエロティックな描写には少々驚かされるけど、彼らを取り巻く人々や情景が実に綿密に繊細に
描かれ、この罪の親子の重苦しい生き様を一層引き立たせています。

勿論彼らに共感なんて出来ません。したら大変です。
でも何故かこういう話に惹かれる・・・有り得ないけどこういう男女の繋がりに、そして彼らの心の奥底に潜む闇
に興味が沸いて仕方がない。
何よりこの父親、淳悟と言う男が、女から見ると何とも魅力的な男なのよ。
優しさと残酷性を持ち合わせた危険な臭いのする男・・・・
ちなみに私の頭の中では、淳悟には豊川悦司さんがキャスティングされ、姿が重なって仕方ありませんでした~

Comment

編集
nonさん、こんばんはー!
私もこれ読みました☆

私もイケナイおどろおどろしい暗い重いお話は好きなのだけれど、でも近親相姦と、少女に・・ってのが、イヤなので、残念ながらこの小説は面白く引き込まれて読んだけど、好きな作品ではなかったりします^^

トヨエツ、私も思った!!同じ事言ってて、うれし~~☆
2008年04月09日(Wed) 20:37
編集
◆latifaさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます☆

この作品、好き嫌い別れるだろうなって思います。
だってかなり生々しいし、イケナイ世界ですものね。
見てはいけないものを見てしまった・・って言う感じ。

私、実は近親相姦ものが好きなんです・・(^^;)
妙に興味が沸くんです。
あと、淳悟がすごくいい男に思えて、それも引き込まれた原因だと思いますわ。

ほんと、トヨエツですよね!!もう、彼以外いなぁい~~
2008年04月09日(Wed) 20:41
こんにちは
編集
TBありがとうございました。

ものすごく濃厚でしたね~
普通に考えるととても拒否反応出て当然のようなストーリーなのに、何故か夢中で読んでしまいました。

この二人の今後・・花の結婚生活は幸せなのか・・興味あります。
2008年04月10日(Thu) 09:34
編集
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
淳悟=トヨエツ 大賛成です☆
花は誰にしましょうか~?

美郎がこれから花と上手くやっていけるのか心配でたまりません。
花はなんとか猫被っていける気がするけれど・・。
2008年04月10日(Thu) 09:42
編集
◆hitoさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

濃厚で濃厚で、読後の後味は決して良いものではありませんでした。
少々胸焼け気味と言っていいぐらい。
でも、引き込まれましたねぇ・・・
苦くて濃いけど、グングン引っ張られました。

2人の今後・・・これは何ともかんとも・・
私はやっぱり淳悟無しの花の人生は、なかなか難しいのでは、と思うのですが。
2008年04月10日(Thu) 10:57
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

もう、淳悟はトヨエツ以外に考えられなくて・・そのままスッポリハマったって感じです。
それが花役が思い浮かばないんですよねぇ・・
暗い陰を背負った若い女の子・・・う~ん・・・

私は、淳悟無しの花の人生はなかなか困難では無いかと思うのですが。
と言うのは、彼女の原点は淳悟にあるし、彼女の生まれながらの心の穴を埋めたのも淳悟だし。
淳悟がいないと言うことは、花にとっては体の一部が欠けたのと同じ感覚ではないかと。
それを補うには、彼女が産む子供なら可能かも。
美郎では、無理な気がします。
2008年04月10日(Thu) 11:04
編集
こんにちは~~

これ、気になってるんですが・・・
今『死神の精度』から始まった、伊坂さん作品を読み出していて・・・
まだ読めそうにないんですよね。。。

そうですか~・・・
トヨエツですか?
昔TVで「青い鳥」ってドラマやってた時、確か再婚相手の連れ子だった鈴木杏ちゃんと、最後結ばれてましたが~どんなもんでしょう?
読んでない私が言っても始まらないけど・・・(苦笑)
2008年04月10日(Thu) 13:52
編集
◆マリーさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

かなり濃厚で衝撃的で、久々に印象に強く残りそうです。
時間が出来たら是非読んでみて下さいませ(^^)

最初の淳悟登場の段階からトヨエツが頭に浮かんでしまって・・・
背がヒョロッと高くて切れ長な目。
最後まで彼のイメージで読んでしまいました(^^;)
花は白い顔に切れ長な目、そして口だけが異様に赤い女の子。
今活躍してる若手の女優さんでは、なかなか思い浮かばなくて・・・
マリーさんが読まれたらどんな役者さんを連想されるかしら・・・
レビュー、楽しみにしております♪
2008年04月10日(Thu) 14:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

私の男<桜庭一樹>-(本:2009年36冊目)-
私の男クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2007/10/30) # ISBN-10: 4163264302 評価:70点 第138回直木賞受賞作。 問題作だと言われていたので興味はあったのだが、これまで読まずじまい。最近図書館で見つけて借りてきた。 明日が返却日なので、夜中に2時間...
2009年03月15日(Sun) 02:39
私の男
 絶句!…第138回直木賞を受賞したこの小説を、どう評したらいいのだろうか。テーマが近親相関というタブーであるだけではなく、その愛情描写が異常なほど熱いエネルギーを放射しているのだ。まさに一歩間違えれば狂気の奈落の底である。ギリギリの瀬戸際で綱渡りをし...
2008年11月01日(Sat) 18:30
私の男
 絶句!…第138回直木賞を受賞したこの小説を、どう評したらいいのだろうか。テーマが近親相関というタブーであるだけではなく、その愛情描写が異常なほど熱いエネルギーを放射しているのだ。まさに一歩間違えれば狂気の奈落の底である。ギリギリの瀬戸際で綱渡りをし...
2008年11月01日(Sat) 18:28
私の男
桜庭一樹 著 
2008年09月26日(Fri) 11:43
本「私の男」
私の男 桜庭一樹 文藝春秋 2007年10月 花は9歳の時に震災で家族を亡くし、25歳の腐野淳悟(くさりのじゅんご)が養父となり二人でやってきた。24歳になった花は、明日、結婚式を迎える・・・・・・・ 直木賞をとる前から予約しておいたのに、やっ...
2008年04月10日(Thu) 19:16
「桜庭一樹」の感想
「桜庭一樹(さくらばかずき)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:青年のための読書クラブ、赤朽葉家の伝説、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない、GOSICK ゴシック、少女七竈と七人の可愛そうな大人、少女には向かない職業、推定少女、ブル?...
2008年04月10日(Thu) 12:09
桜庭一樹【私の男】
「けっこん、おめでとう。花」 「ありがとう、淳悟。……いま、傘をぬすんだでしょ」 手足の長い痩身を安物のスーツに包んだ40歳の腐野淳悟...
2008年04月10日(Thu) 10:26
「私の男」桜庭一樹
{/book/}「私の男」桜庭一樹 初めて読んだ桜庭一樹さんの小説がコレとはかなり衝撃的でした。しかも、女性作家さんだったとは! 物語は6つの章から成り、語り手を変えながら、過去へと遡って行くという手法がとられています。 第一章は花と美郎の結婚が描かれています?...
2008年04月10日(Thu) 09:40
本「私の男」桜庭一樹
 第138回直木賞受賞作品 「明日結婚する花と養父淳悟の間には二人が決して離れられない二人だけの過去があった。 25歳の若さで9歳の花を引き取って育ててくれた淳悟は今はうらびれた男。でも二人は親子なのだ、罪を背負った男と女」 最初が結婚式前夜、そ
2008年04月10日(Thu) 09:31
桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」を読んだ!
第138回直木賞受賞作、桜庭一樹の「私の男」を読みました。もう1週間以上も前に読み終わっていたのですが、書くきっかけがつかめずに、ずるずると過ぎてしまいました。まったくの偶然ですが、今日ジムへ行って、バイクを漕ぐときに手に取った日本経済新聞の「文化欄」に
2008年04月09日(Wed) 21:36
「私の男」苦手でした・・・と、表紙の絵「マルレーネ・デュマス」
私の男 (2007.10月出版) 桜庭 一樹 表紙に引き込まれたのと、本の評判が良さそうなので、図書館で借りてみました。
2008年04月09日(Wed) 20:33