Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPひとりごと ≫ くいだおれ太郎よ・・・いずこへ・・・

くいだおれ太郎よ・・・いずこへ・・・

大阪のシンボル・・・くいだおれ太郎君が看板だった「くいだおれ」が、経営不振によって閉店だとか・・・

大阪に来れば必ず目にする「くいだおれ太郎」。
みんなその姿は知っていても、その奥のお店にはなかなか入らなかったんやね。
確かに浪速っ子の私でも、一回入った事があるかどうか・・・って感じで・・・

「くいだおれ」の経営陣は、店の経営権と共に、太郎君の所有権も誰かに譲りたいらしく、
次の太郎君の親を探しているらしいけど。

あそこにいなくなると寂しいやんかぁ・・・
子供の頃からそこに居て当たり前だったくいだおれ太郎。
今でも大阪に帰って彼を見ると、知らず知らずに笑顔がこぼれる・・・「帰ってきたぁ。」ってホッとする。
そんな存在でした。

kuidaore.jpg

うう・・・太郎よ、どこへ行くぅ~

Comment

ショッキングゥ~
編集
nonさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございましたm(__)m

なんだかショッキングなニュースでした。
nonさんもおそらくそうだと思うのですが、大阪で生まれ育って、そして大阪を離れてしまった
人間にとっては余計にこのニュースは感慨深いものだと思うんですよ。 
僕なんか大阪に拘って本籍そのままですし(笑)
みんなでカンパして、ナンパ橋の袂にでも残す運動でもあれば喜んでカンパしますよ(笑) 
7月閉店なので、GWに京都に帰ったとき、お別れのあいさつして来ますわ(笑) 
それまで盗まれないようにしてほしいですよ、カーネルおじさんのように(爆)

ところであの人形、いくらぐらいするんですかねぇ(おいおい(笑))?
2008年04月11日(Fri) 12:34
編集
◆cyazさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

ショックですよねぇ・・・我々大阪人にとったら。
太郎君の姿が無くなると思うと、幼い頃からの大阪の風景が一変してしまう気がして、
とても哀しい気持ちになります。
ほんと、カンパしてあの場所に残ることが出来るなら喜んでしますわ~!
7月閉店までに帰省が間に合いそうもないので、本当にもう会えないかも・・・

太郎君の値段って、付けられないぐらい高価だって鑑定士の方が言ってました。
彼を置いてるだけでその商業効果はすごいらしいし。
何とか残して欲しいですね・・・
2008年04月11日(Fri) 15:47
編集
nonさん、こんばんは。
道頓堀まで40分ほどで行ける、生まれも育ちも現在も奈良県民悠雅です。
わたしも「くいだおれ」に入ったのは、記憶にない子供時代を除けば、
もう30年前、やったと思います。
関西ローカルでは、毎日、くいだおれ太郎くんの情報が流れます。
今日は、通天閣が名乗りを上げ、ビリケンさんと一緒に大阪のシンボルにしたいとか。
問い合わせは数100件、海外からの申し出もあるんやて。
今後は、専門家も交えたプロジェクトチームを組んで、
太郎くんの行方を検討すると言うてました(なんや、えらいこっちゃ)

大阪のええとこの奥さんらしい、やわらか~い雰囲気の和服姿の会長さんが、
恨みがましいことも言わんと、記者会見の席上、お隣に座ったお兄さんだか弟さんだかに、
「何て耳打ちしたらよろしんやろ」と言うて笑うてはるの!
何か、大阪らしいて、ええわぁ・・・
2008年04月12日(Sat) 18:58
編集
◆悠雅さまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

関西ではくいだおれ太郎君のこと、沢山報道されてるんでしょうねぇ。
こちらでは「くいだおれのお店があるなんて知らなかったぁ!」って言ってるキャスターの声ばかり・・・

>問い合わせは数100件、海外からの申し出もあるんやて。

そうですかぁ~そうなんやぁ。そりゃそうですよねぇ。
しかし海外からもなんて・・・・
いやぁ、太郎君は大阪以外のどこにも行かせられへんわ。
しかし、プロジェクトチームとはまた、たいそうな事ですなぁ(^^;)

女将さんの記者会見、こちらでも好評です☆
「さすがに浪速の女将さん!」って。
あの大きなお店の記者会見を愛らしく茶化しての会見は、
実に見事でした(^▽^)
哀しい事も笑いで吹き飛ばす・・・これぞ、浪速魂ですわね・・
2008年04月13日(Sun) 18:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

くいだおれ人形
大阪名物「くいだおれ」が閉店 ? ?  大阪ミナミは道頓堀の名物「くいだおれ」。 今年の7月8日で閉店し、その約60年の歴史に幕を下ろすことになったそうだ。 時代の変化と、客層の流れが名物店を経営不振に追いやったのは事実だ。 企業努力もそこにあったかど...
2008年04月11日(Fri) 12:04