Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP映画は行 ≫ 『ファクトリー・ガール』

『ファクトリー・ガール』

factorygirl.jpg
監督:ジョージ・ヒッケンルーパー  CAST:シエナ・ミラー、ガイ・ピアース、ヘイデン・クリステンセン 他

1965年、名門セジウィック家の娘、イーディ(シエナ・ミラー)は、美術学校を退学しニューヨークへ行き、ポップアートの旗手として有名だったアンディー・ウォーホル(ガイ・ピアース)とあるパーティで出会う。イーディの魅力の虜になったアンディは、ファクトリーと呼ばれる自身のスタジオにイーディを招き、そしてその後いつもイーディと共に行動するようになる・・・
ウォーホルに見出され時の人となったイーディ・セジウィックを描いた作品。

1960年代・・・・ロンドンやニューヨークなどでサブカルチャーが花開いた時代。
そんな時代に有名になった人物は、今でも全く色褪せることなく語り継がれています。
イーディ・セジウィックもその1人。
7582_Edie_Sedgwick2.jpg

当時のセレブの多くは酷いドラッグ中毒者で、命を落とした人も少なくありません。
彼らは皆心に哀しい闇を持ち、一時はその魅力に周囲が飛びつきもてはやされても、いずれ奈落に
つき落とされる・・・・
名家に生まれ、愛らしい笑顔で何もかも完璧に見えたイーディも又、幼い頃から横暴な父親の偏愛に
悩まされ続けてきた、真っ暗な闇を抱いた女の子でした。
そんな彼女の光と陰を描いたこの作品。
主演のシエナ・ミラーの演技が好評だった事もあったし、すごく楽しみだった~。

お嬢様で可愛くて、誰もがうらやむようなイーディ・・・・でもとても孤独でいつも何かに依存していた・・・・
ウォーホルとの出会いで一躍時の人となり、そしてその出会いで自滅していったイーディを、シエナが
見事に演じています。
とにかくシエナがこの役にピッタリ。彼女以外にはこの役、考えられないな。
圧倒的に魅力的で、どうしようもなく自己破壊的なイーディになりきっていました。
その他、イーディの人生を変えたウォーホルに扮したガイ・ピアース、どうみてもボブ・ディランなんだけど
劇中ではビリーと言う役のヘイデン君もそれぞれ良かったです。

映画や音楽、ファッションにおいて、時代の先を行くアーティストの側にいることがステイタスだったその頃。
しかしそこには常に甘くて危険な誘惑があり、自分を見失うと命まで落としかねない。
イーディにとってその世界は、足を踏み入れるべきではない所だったのかも知れません・・・


non的お気に入り度:

*過去にイーディについて書いた記事

イーディの動画

超可愛い・・・

Comment

編集
nonさん☆
こんにちは~

やっぱりすぐにご覧になられたんですネ☆
あまり観てる人少ないみたいですね~この映画、、、、
シエナがハマり役でした!
このイーディという女性のこと殆ど知らなかったけど、興味深く観れました~。
ヘイデンくんは続々と新作ありますね☆^^
2008年04月23日(Wed) 11:21
編集
◆migさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

早速見てきました~♪ 慣れない渋谷で・・・(^-^;)
確かにまだあまりご覧になってないですね。
劇場はまあまあ多かったんですけど。

シエナはぴったりでしたね。
イーディ本人はもっと華奢な感じだけど。
ヘイデン君、頑張ってますね(^^)
2008年04月23日(Wed) 15:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ファクトリー・ガール
イーディはいつも謳ってた 少しのお金と、深い愛がいっぱいほしいの
2009年06月14日(Sun) 22:13
ファクトリー・ガール
『ファクトリー・ガール』(2006年/米国 原題:FactoryGirl)を見た。ポップカルチャーの旗手アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)に見出され、1960年代にモデル・女優として活躍したイーディ・セジウィック(シエナ・ミラー)の、旧家に生まれ、ポップシーンで一世を...
2008年11月23日(Sun) 23:44
先週末観た映画その?:ファクトリー・ガール 
アンディ・ウォーホルのファクトリーに突然舞い降りた、飛び切りモードで華麗な堕天使 、イーディ・セジウィックの物語。 ? こんな女性がアンディの影にいたとはまったく知りませんでした。そしてこんなに破滅的な人生を歩んだ彼女にはどんな思いがあったのでしょうか?...
2008年09月19日(Fri) 21:22
映画「ファクトリー・ガール」を観た!
「ファクトリー・ガール」を観た、というタイトル、その前に「アンディ・ウォーホールの」と付けようかと迷いましたが、これは映画だからそのままでいい、ことにしました。ウォーホールといえば「ファクトリー」です。僕も自分の事務所を持ったときに、事務所の名前に「
2008年06月07日(Sat) 20:26
ファクトリー・ガール
本作は、アンディ・ウォーホルの“ファクトリー”に突然舞い降りた、飛び切りモードで華麗な堕天使。1969年代ニューヨーク・アンダーグランド・カルチャーの伝説のミューズ、28歳という若さでこの世を去ったイーディ・セジウィックの物語である。 物語:1965年、ニ...
2008年06月02日(Mon) 17:23
『ファクトリー・ガール(Factory Girl)』
多くのアーティストに愛され、当時のカルチャーにインパクトを与えたイーディ・セジウィックの人生。 華やかでキュートなミューズがドラッグに溺れて破滅していく姿が切なくて、痛々しかった。 きっと美貌の裏にある儚さと脆さが、彼女を一層魅力的にしたんだろ...
2008年05月11日(Sun) 04:43
映画 『ファクトリー・ガール』
  ☆公式サイト☆ポップ・アートの旗手アンディ・ウォーホルのミューズとして知られ、今もファッションやカルチャーに影響を与えるイーディ・セジウィックの波乱の人生を描く伝記映画。1960年代のポップ・アイコンとなり時代の光と影を体現した彼女を、『カサノバ』のシ...
2008年05月04日(Sun) 10:20
真・映画日記(3)『ファクトリー・ガール』
JUGEMテーマ:映画 (2から) 映画が終わり、会場を後にした。 次の『ファクトリー・ガール』まで時間があるので、漫画喫茶で時間を潰す。 午後5時10分に「シネマライズ」へ。 『ファクトリー・ガール』は公開2周目。 それでも5時20分の回は6、70人はいた。...
2008年05月03日(Sat) 15:27
ファクトリー・ガール
オススメ度 ★★★☆☆(3・4) 「幸か不幸か彼女のみぞ知る。」 60年代。マルチに活躍する芸術家アンディ・ウォーホルが目を奪われた美女イーディー・セジウィックの28年のたった生涯を映画に。主演はシエナ・ミラー。
2008年05月01日(Thu) 02:59
ファクトリー・ガール
 『ウォーホルのミューズとなり、 ボブ・ディランが曲を捧げ、 偉大な時代そのものを魅了し、全てから愛された女性―― 華やかな世界で孤独を抱えながら、愛を探していた女性―― イーディ・セジウィック その儚くも激しく美しい輝きを描く物語』  コチラの「ファ...
2008年04月29日(Tue) 20:05
「ファクトリー・ガール」 
JUGEMテーマ:映画 1965年、NYのアートシーンを舞台としたドキュメンタリータッチの作品。 一部は実在の人物、一部は実在の人物をモデルとした架空の人物が織り成すアート、ファッション、ゴシップがちりばめられたドラマチックな人間模様でした。 60年代ポ?...
2008年04月23日(Wed) 21:48
ファクトリー・ガール
60年代NYの独特の空気を、時代のミューズのイーディ・セジウィックを通して描く異色伝記映画。今もファッション雑誌が取り上げるイーディは資産家の娘だが、ウォーホールに見いだされ時の人としてブレイク、やがて飽きられ、薬物で身を滅ぼしていく。60年代のサブカル・...
2008年04月23日(Wed) 21:41
『ファクトリー・ガール』
アンディ・ウォーホルに選ばれた、特別な感性と才能をもつ人々が集うニューヨークのスタジオ、“ファクトリー”。 そこに集まるのは、とても自由に生きているように見えて、実はとても不自由な魂を持て余しているような人々。見栄とかエゴの固まりの彼等に、見栄を張る必?...
2008年04月22日(Tue) 20:11
時代の寵児その末路【ファクトリー・ガール】
60年代POPカルチャーは好きなんですが、無学なもんでこの映画を見てきました。
2008年04月21日(Mon) 17:54
『ファクトリー・ガール』
(原題:Factory Girl) 「いやあ、こんな変わった映画とは思わなかったな」 ----えっ、そうニャの。 1960年代のポップカルチャー・シーンを描いているとかで 観る前から楽しみにしていたじゃニャい。 「それはそう。 だって、アンディ・ウォーホルやボブ・ディランが話の...
2008年04月20日(Sun) 09:57
ファクトリー・ガール/FACTORY GIRL
これは、ニューヨーク市で60年代、ポップアートの人気を博したアンディ・ウォーホルの アヴァンギャルド系短編映画に出演したモデル・女優、イーディー・セジウィック (1943-1971)の、 いちばん輝いていたときから、弱冠28歳でその輝きを失ってしまうまでを描いた伝記...
2008年04月20日(Sun) 00:12