Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP映画は行 ≫ 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
(2008/02/22)
佐藤江梨子、佐津川愛美 他

商品詳細を見る

監督:吉田大八 
CAST:佐藤江梨子、佐津川愛美、永瀬正敏、永作博美 他

両親が事故死し、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が実家に帰ってくる。女優業が上手くいかない澄伽はその事を、自分の私生活を漫画にした妹の清深(佐津川愛美)のせいにし、清深を責めていた。一方長男の宍道(永瀬正敏)も、何故か横柄な澄伽に頭が上がらずにいた・・・

う~ん・・・・内容はつまらなくない・・・でも映画としてはなんか退屈だった。
我が儘で自意識過剰な澄伽、か弱そうに見えて実は違う顔を持つ清深、澄伽に頭が上がらない宍道、
空気が読めずちょっと間の抜けた宍道の嫁。
みんなほんと腑抜けで欠陥だらけで哀しい人達で、そんな彼らの家族模様が、ドロドロとブラックに、ユーモア
たっぷりで描かれている。
こういうのって面白いはずなんだけどな。
役者も良かった。
サトエリも頑張ってたし、永作博美さんや佐津川愛美さんは超上手い。
特に清深役の佐津川さんはとても良かった。
でも、なぁんか響いてこなかったなぁ・・・・・面白くなかった・・・・
ドロドロなんだけどイマイチピント来ないし、笑いきれない。色々中途半端な気がした。
サトエリも、ビジュアル的にはこのお姉ちゃんにピッタリなんだろうけど、もっと毒々しくても良かったかも。
っていうか、個人的にサトエリが余り好きじゃないのが大きかったかな・・・
姉と妹の対決なら、「週末婚」の方が面白いわ


non的お気に入り度:



Comment

編集
いつもどうもでーーす。
全く同感な感想でしたっ・・・
ので、ついついコメント入れさせてもらいました。
また、よろしくぅぅぅ。
2008年05月21日(Wed) 00:42
編集
◆ひらりんさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

こちらこそいつもありがとうございます(^^)
なんか、イマイチですよね・・・
内容が面白いだけに残念でした。
2008年05月21日(Wed) 09:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ DVD
この映画は実現力の上位・下位についての罠を描いているが、ネガティブに突き進んでいくところは、「四丁目の夕日」には遥かに及ばないとして、それを受け入れられるか否かで鑑賞者がただ嫌悪するか、というところだが、その点は面白いと思える。サトエリが、女優目指して...
2009年04月18日(Sat) 20:37
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 両親が交通事故で急死。 4年振りに女優志望の長女が帰郷して 巻き起こすブラックコメディ。 【個人評価:...
2009年04月12日(Sun) 23:21
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』\'07・日
あらすじ両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは妹の清深(佐津川愛美)のせいだと家族をいたぶる。兄の宍道(永瀬正敏)も澄伽には気を遣い、横柄にふるまう...
2008年12月04日(Thu) 23:32
映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
これまた過激なタイトル、『劇団、本谷有希子』2000年初演戯曲の小説版映画化なのだけど、題名に負けない中身もちゃんとある~家族の秘密とエゴイスト~ 北陸の石川県の能登の山の中の道の上、ダンプカーの両輪に無残にも轢き殺されて道路に残る真っ赤なタイヤの...
2008年11月29日(Sat) 20:11
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(日本)
タイトル長っ! で気になっていた「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏 上映時間:112分 両親の訃報を受け、女優をめざして上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶ...
2008年07月21日(Mon) 21:51
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (2007) / 日本
監督・脚本:吉田大八原作:本谷有希子出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、 永作博美、永瀬正敏鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道(...
2008年05月26日(Mon) 14:34
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (シネマライズ)
両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が、4年ぶりに山間の田舎に舞い戻ってくる。 自意識過剰でわがままで、’ゴーマン女’である澄伽は、自分が女優として認められないのは、妹の清深(佐津川愛美)のせいだと思い込んでいる。 兄の宍?...
2008年05月25日(Sun) 16:05
【映画】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
■状況 MOVIX伊勢崎にてレイトショウで観賞 ■動機 チャットモンチー(主題歌担当)にお願いされた為 ■感想 思いのほか面白くて驚いた、満足 ■あらすじ 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた長女・澄伽(佐藤江梨子)が故郷に戻ってくる。自意識過剰?...
2008年05月24日(Sat) 17:27
映画 【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】
試写会にて「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 本谷有希子の同名戯曲を映画化。 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは家族、とりわけ妹の清深(佐津川愛?...
2008年05月21日(Wed) 19:39
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ サトエリ頑張っています。
   妹がしでかしたトンでもない事件が、壮絶な姉妹バトルに・・・・・ ? 7月14日、京都シネマにて鑑賞。あのサトエリが超ゴーマンな勘違い女を演じています。スタイルバッグンですよね。サトエリさん足が長いので、同性の私もうっとりするくらいです。 ? さてさて?...
2008年05月21日(Wed) 01:36
★「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
今月は、どうも「109シネマズ川崎」での上映作が気になるひらりん。 2本まとめて見てきちゃいました。 その2本目。
2008年05月21日(Wed) 00:40
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
奇抜なタイトルと、身内を連想させる他人事とは思えない設定が気になっていた『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を観てきました。 ★★★★ 「私は何が何でも女優になるの!」 “自分は特別”と勘違いして、彼女なりに努力しているようだけれど、はたから見ていると安?...
2008年05月20日(Tue) 20:00
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】2007/07/07年公開製作国:日本 監督:吉田大八原作:本谷有希子『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(講談社刊)出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏、山本浩司 和合澄伽は見てるこちらも恥ずかしい・・・ぞ。
2008年05月20日(Tue) 13:32
感想/腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(試写)、ぜつぼう(単行本)
サトエリ、ハマり役だけどイメージ回復にはなりそうにない『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』7月7日公開。両親を事故でなくした和合家。女優をめざして上京していた澄伽が葬儀で戻り、女王のごとき振る舞いによって波乱が生じる。それを見る兄の宍道、その嫁の待子、そし...
2008年05月20日(Tue) 12:10
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
----この映画、お芝居が基になっているんだって? 「そのようだね。 『生きてるだけで、愛。』が芥川賞にノミネートされた本谷有希子という人が 旗揚げした『劇団、本谷有希子』の公演作。 その後、小説化されて三島由紀夫賞候補にもなったらしい」 ----お芝居と言うと、 ...
2008年05月20日(Tue) 10:14
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/佐藤江梨子
観たいと思っていた映画ではあるけど初日に観るつもりは全然ありませんでした。なのに何で観に行ったかといえば、それは舞台挨拶があったからッ。だってだって、な、な、なま永瀬正敏さんだよォォォ。これはもぉ観に行くっきゃないでしょ(涎)。予告編の印象だとホラー映画...
2008年05月20日(Tue) 10:08
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
石川県ロケ映画が多くなってきた。
2008年05月20日(Tue) 10:02