Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP小説さ行、た行 ≫ 「さまよう刃」

「さまよう刃」

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾の作品は読みやすくて、何を読もうか迷ったときに手にしたりします。
単なるサスペンスにとどまらず、人の心の深い部分まで書かれていて共感することも多く、アッという間に読み終えて
しまう彼の作品。
そしてこの「さまよう刃」もやはり最初から最後まで一気に読めました。
でも、思いの外重く、後味の悪いキツいストーリーだった・・・・

物語の始まりは、ある少女が犯罪に巻き込まれる場面から。
少女はある夜未成年数人にさらわれ陵辱され、結果遺体で発見されます。
少女の父親は密告から真犯人を突き止め残忍な犯罪の全てを知り、復讐することを決意。
逃亡する未成年の犯人・・・・それを追う父親・・・・・
未成年の犯した凶悪事件とその復讐劇に、世論は二分します。
犯人は逮捕されても未成年と言うことで被害者遺族の満足いく刑を受けないまま、社会復帰する事が予想
される。
だからこそ、真犯人を追い復讐しようとする父親の気持ちは分かる。
とは言っても、それも又、罪になる・・・・・
その事件の残忍さを知れば知るほど人々は辛くなり、やり場のない怒り、心の刃をさまよわせるのでした。

もし私の子供がこんな目に遭ったら・・・・この作品を読むとそう思わざるを得なかった・・・
遺族の思いはおそらくその立場にならないと分からないでしょう。しかしそれは、想像を絶する生き地獄である
と言うことは間違いない。
だからと言って犯人に復讐することが良いことだとは決して思わない。
でも我が子が蹂躙されたことを知ったら、増してその場面を見てしまったら、おそらく私も鬼か悪魔になるのでは
ないか・・・

今は平気でこの様な凶悪な事件を起こす若者が居て、そしてそれによって人生を滅茶苦茶にされる人が居て
・・・・決して非現実的ではないこの物語は、娘を持つ親としては非常に辛いものでした。

Comment

編集
こんにちは。実はこれ読んでいてとっても辛かったです。親父さんの気持ちよくわかるんです。

私は40代半ばですが、今の若い人たちの性感覚は全く理解できません。この登場人物たちは極端な例でしょうが、もう何かがくるっているとしか思えません。

いやな後味でしたが一気に読ませてしまう。そこにこの作家の凄味があると感じました。
2008年09月18日(Thu) 06:50
編集
◆ぷくちゃんさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

この作品、読んでいてかなり辛いですよね・・
なんか他人事じゃなくて。
この内容が極端な例だと思いたいです。
でもほんと、今の時代こういう事が起きても不思議では無いですよね・・・
2008年09月18日(Thu) 10:56
編集
こんにちわ。

あ!角川文庫の新刊ですよねー!
私も買うか買わないか迷ってて・・・
結局、恩田陸の『ユージニア』を買って
しまいました(←面白いですよ♪)

東野さんの小説、私も数年前までむさぼるよう
に読んでた時期があります。
読みやすくて、お話も面白くていいですね。

この小説はどうやらだいぶドギツそうですが。
でも内容的に大変興味のもてる題材を
扱っているようなので、ぜひ読んでみようと
思っています!
2008年09月24日(Wed) 11:55
編集
◆睦月さまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

東野さんの作品って、一つ読んじゃうとしばらくはまってしまいますね。
この作品はなかなかキツかったけど、今の時代にリンクした感じで
余計に胸に響きました。
是非読んでみてね(^▽^)

私も『ユージニア』、読んでみます(^^)
2008年09月24日(Wed) 15:18
編集
こんにちは♪
9月も今日でお終い。
nonさんはもう「10月の気になる映画」をアップなさったのね~。
私も早くアップしないと。

東野さんの小説って読み始めたら最後、一気に行っちゃいますよね~。
これは子供(特に女の子)を持つ身としてはかなりググーっと来る内容でした。
長峰に肩入れしちゃう人が多かったんじゃないかな~。

季節の変わり目で体調管理も大変ですけど、どうぞお大事になさってね。
2008年09月30日(Tue) 19:59
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

東野さんの作品はどんなに太い本でもザザーっと読めちゃいますね。
しかしこの作品はなかなか辛い物がありました。

ミチさんも、お体に気を付けて下さいね♪
2008年10月01日(Wed) 09:28
こんにちわ。
編集
こんにちわ。
東野作品にしては、嫌な後味の残る、
そして深々と考えさせられるテーマが山のように突きつけられた一冊でした。
2008年11月14日(Fri) 14:54
編集
◆michiさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

そうですね。
彼の作品の中でもこれはかなり辛くなる物語ですね・・・
2008年11月15日(Sat) 09:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

東野圭吾『さまよう刃』
さまよう刃朝日新聞社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『さまよう刃』を紹介します。レイプの挙句に殺された娘の敵をとるために、父親(長嶺重樹)は娘を殺した少年を殺そうと策略し、それを実行しようとする物語である。要するに、復讐殺人をしようとしている...
2009年03月11日(Wed) 19:10
「さまよう刃」あるいは少年法の改正について
さまよう刃東野圭吾(角川文庫)長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。[BOOKデータベースより]...
2008年11月15日(Sat) 07:08
さまよう刃
さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)/東野 圭吾 ¥740 Amazon.co.jp 満 足 度:★★★★★  (★×5=満点)  ■内容■  不良少年たちに蹂躙され死体となった娘の復讐のために、 父は仲間の一人を殺害し逃亡する。  世間の考えは賛否が大きく分かれ、 ...
2008年11月14日(Fri) 14:37
「さまよう刃」 東野圭吾
{/book/}「さまよう刃」 東野圭吾 不良少年たちによって最愛の娘を殺されてしまった会社員・長峰が、少年の一人を殺害し逃亡する。もう一人の犯人を殺害するために・・・というお話です。 東野さんの小説はどんなに長くても一気読みさせる力があります。 特に前半、あ...
2008年09月30日(Tue) 19:55
本「さまよう刃」東野圭吾著
   ☆本プロからの移行☆   2004/12/24 読了 ものすごく辛いストーリーでした。 読み終わった後「ホッ」としてしまった程。 さすが東野作品、こんな重いテーマで読んでいて目を背けたくなる辛い話なのに、一気に読み進ませる力はすごいな~とは思います。...
2008年09月29日(Mon) 18:56
永遠に消えない悪~『さまよう刃』
 妻を亡くし、一人娘の絵摩と暮らす平凡な会社員長峰。花火大会の夜、絵摩は 未成年の若者に拉致され、暴行された上殺されてしまう。呆然...
2008年09月18日(Thu) 07:56