Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP映画た行 ≫ 『トウキョウソナタ』

『トウキョウソナタ』

tokyosonata_main.jpg

監督:黒澤清 CAST:小泉今日子、香川照之、小林友 他
カンヌ映画祭「ある視点部門」 審査員賞受賞

平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)はある日突然リストラを言い渡され退職し、家族には内緒で職を探し出す。そんな中、次男の健二(小林友)がピアノを習いたいと言い出すが、竜平が大反対する。そして長男の貴は、アメリカに行って軍隊に入隊すると言い出す・・・・

リストラされた父親、黙って不満を溜め込む母親、家庭に背を向ける長男、1人孤独に墜ちる次男、、、、、
かくも哀しく滑稽なこの物語の家族は、今まさにこの日本にとってタイムリーな、象徴的な家族で、その風景は
どれも決して他人事では済まされない。
株価暴落のニュースが飛び交う昨今の世情を、そのまま映し出している。

リストラされた父親は絶望しながらも家族には自分を偽り続け、いつしか家族それぞれの心のベクトルが
違う方向を向き、元に戻したいと願いつつもその術も分からず・・・
本来家族は皆で一つの船を漕ぎ、苦しい時もお互いを思いやり乗り越えなければならないもの。
確かにこの時代、安定した生活の中で子供を育てるというのは簡単なことではない。
ともすればそれぞれがそれぞれに、濁流に飲み込まれそうになる。
けれども何があっても家族は共に手を取り助け合って乗り越えていきたい・・・・
たとえ他人と上手くいかなくても、家族とはそのような存在であって欲しい・・・・・
自らの恥を堂々とさらけ出し、そして受けとめ合う、唯一無二の存在であって欲しい・・・・

この作品を見ると、その船の漕ぎ手である親、、、、親がぶれると全てがぶれると言うことを改めて痛感します。
親がぶれると、いつか社会に飛び立っていかなければならない子供が、1人の人間として巣立てなくなる。
しかし親が、親たるプライドをかなぐり捨て真っ正面から家族に向き合うことが出来れば、それが出来れば
もしかしたら大人より純粋で大人より逞しい「子供」が家族に癒しを届け、立て直すきっかけをくれるかも
しれない。
子供って、、、、、素晴らしいのです、、、、、それは家族の光であり希望であり、命だから、、、
か弱く情けない、大人の目を覚ましてくれるのは、やはり「子供」なんだ・・・・

失業した事を家族にうち明けられない父親に、大好きな役者さん、香川照之さんが流石の演技。
彼の情けなく失望した顔は、最早芸術的!
そして、崩壊しそうな家族を見守りつつもどこかで解放されたいと願う主婦に、キョンキョン。
彼女は上手よね。。。こういう飄々としながらもどこか哀しいキャラ。

映画としては最後まで退屈することなく登場人物がどうなるかに目が離せず面白かったけど、後半、突然
展開が変わった場面で賛否が別れそう・・・・
あの場面が邪魔になるかならないかで、かなりこの映画の感想が変わってくると思うな。
私的には全くそこに違和感を感じなかったわけではないけど、ラストはやはり涙を流さずにおれませんでした。。。。

non的お気に入り度:





Comment

編集
ブログ専門の検索&更新情報配信&ランキングのサイトのご案内です。

モバ☆ブロ~3次元ブログ検索
http://blog.carryamu.com/

無料ですので、一度ご覧下さい。
2008年10月11日(Sat) 19:54
編集
TBありがとうございました。

ラストへの展開が、伏線が張られているとはいえ、いささか無理目な感じもありました。ですがテーマとしては、家庭や家族について考えたことがある人なら、程度の差こそあれ何らかの共感は呼びそうな感じがしました。
シュールな1本、自分の今年のお気に入りになりそうです。
2008年10月12日(Sun) 09:13
編集
◆rose_chocolatさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

この家族を見ると、他人事とは思えない方が多くいらっしゃるでしょうね。
家族の崩壊が珍しくない時代になってしまいました。
少し無理な展開もありましたが、なかなか面白い作品でした。
2008年10月13日(Mon) 08:58
お久しぶりです
編集
こんにちは、nonさま

どうしたことか、時々こちらの記事が表示されず、
TB出来ない事が、(・_?)
なので、TBお返しできない時もあるかもです。
今日は一発で記事が読めましたよん♪

日常に完全にないかも知れない、でも、有るかもしれない「もしも」が
沢山詰まった作品でしたね。
私もラストは胸が詰まりました☆
2008年10月31日(Fri) 17:03
編集
◆kiraさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

最近幣ブログの記事表示に不具合が生じていることがあるらしく、
ご迷惑をおかけしております。
その場合は、下の方に記事が移動してしまってることもあります。
でもこればっかりは私のPCで普通に見れているので、
どうしようも手の施しようがありません(-_-)

子供を持つ身としてはなかなか共感できる部分もあり、
でも飛躍したところもありましたが、全体を通しては面白く見れました。
2008年11月01日(Sat) 08:37
編集
TBありがとうございます。
次男がピアノを弾く最後の場面が感動的でしたね。子どもが夢を追いかけることで、家族にまた希望が生まれたのが大きな救いでした。
2008年11月03日(Mon) 09:12
編集
◆HIROMIさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

ラストは感動しましたね。
家族の中の子供の存在の大きさを思い知らされました。
2008年11月04日(Tue) 10:49
編集
nonよ!お師匠様は昨日ビリーのコンサートに行ってきたのじゃ!

この映画はよかったですよね。まだまだ家族という形に意味があるというのがわかりました。「月の光」が印象的に響きました。
2008年11月19日(Wed) 08:21
編集
◆ぷくちゃんさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

師匠、ビリーのコンサート行かれたのね~
良いですね~
フーも行かれたんでしょう?羨ましすぎます!

この作品、なかなか良かったですよね。
ラストはほんと、ジーンと来ました☆
2008年11月19日(Wed) 16:54
編集
こんにちは♪
いよいよ12月も半ばになりましたね。
なんだか気ばかり焦るわ~。

前半すっごく良いな~と思ってみていたので、あの突然の強盗騒ぎ(?)は驚きの展開でした。
役所さんの役どころとセリフがなんだか浮いているような気がして・・・。
うーん。
でも、最後はまた上手く締まっていたなと思いました。
2008年12月11日(Thu) 19:44
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

私も前半までは凄く良い!って思ってただけに
役所さんのくだりにはどう思って良いのか戸惑いました。
でもラストのピアノのシーンは感動的でしたね(^^)
2008年12月12日(Fri) 18:14
編集
>親がぶれると全てがぶれる・・・
ほんと,そうなんですよね・・・
でも,ぶれる親についても責められない・・・
そんな世の中なのかもしれないと,
この作品の香川さんやキョンキョンを観て痛切に思いました。
だからこそ,佐々木家の再生は嬉しかったし
感動しました・・・
結局何があっても,最後は家庭なんですよね・・
大切にしたい,と思いました。
中盤のあの唐突な展開も私的にはアリだったかな。
2009年01月10日(Sat) 22:56
編集
◆ななさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

子を持つ親としてはなかなか胸が痛くなる作品でした。
役者さんも演技もさすがでしたね。
途中の展開の変化には少し戸惑いましたが、
ラストは素晴らしかったです。
2009年01月11日(Sun) 19:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

トウキョウソナタ
「トウキョウソナタ」(2008)を観ました。監督・脚本:黒沢清出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、   井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司<内容>健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆...
2009年12月02日(Wed) 08:00
「トウキョウソナタ」前半は凄く面白かったのに後半が・・・
前半は凄く面白かったのですが、後半の展開が・・・・・。この作品ってそんなに素晴らしい作品とは私は思えなかったです・・・。3つ☆
2009年07月01日(Wed) 22:23
mini review 08357「トウキョウソナタ」★★★★★★★☆☆☆
東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のきずなをテーマに見つめ直した人間ドラマ。『回路』などで知られる黒沢清監督が、累積したうそや疑心暗鬼などにより、ありふれた家庭を壊していくさまを現代社会を映す鏡として描く。リストラを家...
2009年03月15日(Sun) 03:02
トウキョウソナタ
ボクんち 不協和音・・・・カンヌ 国際映画祭「ある視点」部門で,審査員賞を取った作品ということで,ミニシアターにて鑑賞。家族とは?人生とは?といろいろ考えさせられる秀作だった。 あらすじ: 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川...
2009年01月10日(Sat) 22:57
トウキョウソナタ
エロマニアはどうなった?
2008年12月28日(Sun) 22:27
映画 【トウキョウソナタ】
映画館にて「トウキョウソナタ」 2008年度カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した黒沢清監督最新作。 おはなし:平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、長男も次男もそれぞれが...
2008年12月11日(Thu) 19:41
トウキョウソナタ
 本日は妻がバドミントンの試合で、留守番です。邦画が嫌いな妻が不在の時には邦画を
2008年11月19日(Wed) 08:18
トウキョウソナタ
日本映画初!!2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作品。 線路沿いの小さなマイホームで暮らす四人家族の物語。リストラされたことを家族に言えないお父さん。ドーナツを作っても食べてもらえないお母さん。 アメリカ軍に入隊するお兄ちゃん。こっそり...
2008年11月17日(Mon) 21:58
トウキョウソナタ
リストラを言い渡され、毎日職安に通う父(香川照之)。リストラする側も、面接する側もセリフは同じ「あなたは一体わが社に何を提供してくれますか」。企業の論理といえばそうだろうが、あからさまで容赦のない言葉だ。公園の炊き出しに並び、職安で並び、あげく今までの...
2008年11月03日(Mon) 09:07
映画「トウキョウソナタ」を観ました!!(2008-15)
映画「トウキョウソナタ」を観ました!!2008年の第15作目です。
2008年11月03日(Mon) 07:18
【映画】トウキョウソナタ
▼動機 予告編にて興味を引かれたため ▼感想 難しいなぁ・・・ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ むずかし ▼あらすじ 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。?...
2008年11月02日(Sun) 09:09
トウキョウソナタ
ボクんち、不協和音。 上映時間 119分 脚本 マックス・マニックス/黒沢清/田中幸子 監督 黒沢清 音楽 橋本和昌 出演 香川照之 小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥/津田寛治/児嶋一哉/役所広司 東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族?...
2008年10月31日(Fri) 16:55
トウキョウソナタ☆独り言
カンヌ国際映画祭で注目された黒沢清監督の『トウキョウソナタ』気づけば、ホラーな作品ばかり観てた気がするんだけどこれも、ある意味ホラーな現実描いているなぁ~なんて観ながら思ってました。リストラされたことを家族に話せない父。ドーナツをつくっても食べてもらえな
2008年10月23日(Thu) 23:41
トウキョウソナタ
線路沿いの一軒家に暮らす佐々木家。父・竜平は会社をリストラされた事を家族に言えず、長男・貴はアメリカの外人部隊へ入隊したいと言い出し、次男・健二は親に内緒でピアノを習い始め、母・恵はそんな家族の間に立たされる環境に疲れていた。ごく平凡な家族に起こった物...
2008年10月21日(Tue) 07:05
トウキョウソナタ
トウキョウソナタ - goo 映画 10月11日 映画館にて 家に帰って、まず最初の一言。 「あのさあ、リストラされても隠さなくていいからね。...
2008年10月18日(Sat) 21:05
【トウキョウソナタ】
監督:黒沢清 出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司 「トウキョウのある家族佐々木家。 リストラされたことを家族には言い出せずにいる夫竜平、アメリカに行き入隊を希望している長男貴、給食費を内緒でピアノ教室の月謝にして
2008年10月16日(Thu) 10:45
『トウキョウソナタ』
落ちて行く濃密な空気感は、決して居心地悪くない。映画を観ながら、安心してこの家族と一緒に壊れて行ける、『トウキョウソナタ』 トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1) ホラー映画のイメージが強い黒澤清監督が、今回はじめて“家族”をストレー?...
2008年10月14日(Tue) 15:18
「トウキョウソナタ」
小泉今日子さんの映画で、家庭の崩壊劇というと「空中庭園」を、ちょっと思い出すが。 キョンキョンも、子持ちの主婦の役が普通のことになっ...
2008年10月13日(Mon) 23:19
トウキョウソナタ
公式サイト。黒沢清監督、香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司、児嶋一哉。 キョンキョンが見つめる海。日が昇る前のキョンキョンの瞳や前歯は、暗い海の青に反射した月の光に映えてまるでゾンビのように、異様だが美しくラピスラズリ色?...
2008年10月13日(Mon) 17:55
アカルイミライ?『トウキョウソナタ』
東京の一戸建てに暮らす、ごく普通の4人家族が抱える問題を描いた作品です。
2008年10月12日(Sun) 15:51
黒沢流・家族の再生【トウキョウソナタ】
黒沢清監督最新作『トウキョウソナタ』を見てきました。 この日はよみうりホールでの
2008年10月12日(Sun) 14:13
「トウキョウソナタ」
「トウキョウソナタ」イベント付き試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 イベント=舞台挨拶なら許せるけど、どうでもいいお笑い芸人とかがきて白けたトークをして時間を無駄に使わされるのが目立つ昨今。 今回はなにか違う感じ。 ステージにはグランドピアノ。 ちょっとおい...
2008年10月12日(Sun) 12:17
トウキョウソ\\ナタ(ネタバレ注意)
{amazon}  本日公開初日の映画『トウキョウソ\\ナタ』を観てきました。 自分が支持する監督の一人である黒沢清監督作品で 『ニンゲン合格』以来?の家族もの作品です。 世界の黒沢と言われるぐらい知名
2008年10月12日(Sun) 09:45
『トウキョウソナタ』試写会鑑賞
健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆然としたまま帰宅するが妻、恵にリストラされたことを言い出せなかった。夕食時、小学校6年生で次男の健二はピアノを習いたいと言い出すが、竜平は反対。翌
2008年10月12日(Sun) 02:01
トウキョウソナタ
    = 『トウキョウソナタ』  (2008) = 仕事に没頭する毎日を送る、平凡なサラリーマンである佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。 一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている長男・貴(小柳友)...
2008年10月12日(Sun) 01:27
『トウキョウソナタ』 (2008) / 日本
監督・脚本:黒沢清出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司鑑賞劇場 : CINECITTA\'公式サイトはこちら。<Story>健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平(香川照之)は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される?...
2008年10月12日(Sun) 00:56
トウキョウソナタ/香川照之、小泉今日子
キョンキョンが出演してるからっていうのもあるんだろうけど、なんとなく『空中庭園』を思いださせるような4人の家族の物語。黒沢清監督というとホラーやサスペンスのイメージが強いんだけどそういえば『アカルイミライ』も黒沢清さんなんですよね。 出演はその他に、...
2008年10月11日(Sat) 21:18
映画『トウキョウソナタ』
2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞作『トウキョウソナタ』を梅田ガーデンシネマにて。昨日・今日と休日にも関わらず、早起きで眠いです・・・簾。 Story 健康機器メーカーの総務課長として働く佐々木竜平(香川照之)は、人事部に呼び出され、リ..
2008年10月11日(Sat) 20:14