Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP映画ら行 ≫ 『ラースと、その彼女』

『ラースと、その彼女』

lars_and_the_real_girl_movie_image_ryan_gosling__2_.jpg

監督:クレイグ・ギレスピー 
CAST:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー 他

27歳のラース(ライアン・ゴスリング)は良い青年でありながら、人と深く関わることを避けながら1人で生活をしていた。そんな友人も作らないラースを、ラースの兄夫婦はいつも心配していた。ある日ラースは1人の女性を紹介したいと兄夫婦に告げる。喜び驚いた兄夫婦にラースが紹介した女性とは、ラースがビアンカと名付けたリアルドールだった・・・・

ちょっと笑えて、キュッと胸が痛くなって、ホッと心が暖まる・・・そんな物語。

ラースは人形を本当の恋人と慕い、その姿は確かに異様
最初は彼が人形を本当の人間のように扱う場面に劇場でも笑いが起き、またそんな彼に翻弄される彼の
兄夫婦の反応もちょっと笑えたりする。
でも、心の美しいラースが抱える闇は他人も、そして兄弟さえも理解できるものではなく、いったい何故ラースが
そうなったのか、彼をそうさせるものは何なのか・・・・
彼の真実が明らかになってくるにつれ、ラースのビアンカへの姿が何とも痛々しく、切なくなってくる、、、

そんな中でビアンカを認知し、ラースを支えた街の人達がとても素敵
決してラースを嘲笑することなく彼を支える人達の愛は何にも代え難い。
ラースは皆に支えられながらビアンカを愛し続け、そして・・・・


誰も気付くことの無かったラースのトラウマ。
ラースは1人ビアンカと向き合いながら、自らと向き合いトラウマと闘っていたのかもしれない・・・・
そして物言わぬビアンカだけが、彼心の扉を叩く事が出来たのかもしれない・・・・

ライアン・ゴズリングの演技はさすが
この人、『16歳の合衆国』でもそうだったけど、屈折した人を演じさせると実に上手い。
兄嫁役のエミリー・モーティマーも、いつも優しい感じで良いわ

人は人知れず傷つき、それが深ければ深いほど自らではどうにもならない闇になることがあります。
でもやっぱり、それを癒してくれるのも人。人は人の愛で変わることが出来る・・・
さり気なくそう思わせてくれる、素敵なお話でした


non的お気に入り度:








Comment

編集
TBありがとうございました。

ライアン・ゴズリングは流石の演技でしたね!まさに”ちょっと笑えて、キュッと胸が痛くなって、ホッと心が暖まる・・・そんな物語”でしたね。
2008年12月20日(Sat) 16:53
編集
nonさんTBをありがとうございました。

これを見たんですね☆
ゴズリングはまってましたよね。
コメディかと思いきや、
素敵なお話でした☆

2008年12月20日(Sat) 18:36
編集
◆daiさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます☆

ライアン・ゴズリングは上手いですよね。
期待通りの演技でした(^^)
ストーリーも良かったし、素敵な作品でした。
2008年12月20日(Sat) 21:19
編集
◆migさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます☆

今月で一番見たかった作品なので早速行ってきました。

ゴズリング、上手いですね。
笑えて、でも泣けて、素敵なお話でした(^^)
2008年12月20日(Sat) 21:23
編集
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
2008年12月21日(Sun) 00:46
編集
こんばんは。
私もずっと楽しみにしていた作品だったので
先週末、早速行ってきました。

いい雰囲気の作品でしたね。
切ないけど、笑えて、ほのぼのして。

そう言えば、私も子供の頃は着せ替え人形の
”リカちゃん”で遊んだりしてたなぁと思いだしたり(笑)
そういう意味で、女性は理解しやすいのかもしれませんね。

俳優陣も1人1人魅力的でした。
2008年12月26日(Fri) 23:57
編集
◆Soffyさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

こういう作品大好きです♪
ラースの心が少しずつ成長していく姿は
何となく痛々しくもあって、胸が痛くなりましたわ。
でも、成長するって、誰にとっても痛いことでもありますもんね、、、

女のは皆幼い頃は人形を人と思いますよね。
物言わない人形も、時には大きな存在だったりして・・・

今年の締めに素敵な作品に出会えて良かったです♪
2008年12月27日(Sat) 06:25
あけましておめでとうございます。
編集
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ライアン・ゴズリングは『きみに読む物語』の時とは本当に雰囲気が違ってましたよね。
前は格好いい兄ちゃんだったのが、今回は優しい青年。
これからもしかしたら一番化けるかも知れない俳優さんのような気がしてきましたよ。
彼の次回作も楽しみです。
2009年01月03日(Sat) 13:32
編集
◆にゃむばななさまへ
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願いしますm(_ _)m

ライアン・ゴズリングって、ほんとに良い役者さんですね。
『きみ読む』の後に『16歳の合衆国』という作品を見たんですが、
これまた全然違ってるんですよね。
今後の活躍に要注目です☆
2009年01月03日(Sat) 15:17
編集
nonさん、こんにちは。
寒い時期にぴったりな、心温まる作品でしたね。
大袈裟な作りではなく、さりげなくも未来を感じさせる
ラストが素敵で、キャストも皆素晴らしかったです。

ところで、賞レース関連の記事も読ませて頂きましたが
こちらも楽しみな季節になってきましたね♪
2009年01月13日(Tue) 13:10
編集
◆Nyaggyさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

さり気なく暖かい作品で良いですよね(^^)
ほんとにこういう作品大好きです♪

賞レースの季節ですね☆
これからも楽しみです♪♪
2009年01月13日(Tue) 16:17
編集
うーん,いいお話でしたよね。
こんなに善意の人しか出てこないお話も
たまにみるととっても癒されます。
でもなんといっても一番感心したのは
一番最初に的確に対処方法が出せたあの女医さん。
彼女の「話を合わせなさい」という指示がなかったら
ラースはみんなから狂人扱いされて
ほんとに壊れてしまったかもしれませんものね。
2009年03月26日(Thu) 21:30
編集
◆ななさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

心暖まるお話でしたよね。
あの女医さんの処方は、ビンゴだったんですよね。
またそれに応じた周りの人の温かさにもジーンと来ました。
2009年03月27日(Fri) 10:25
編集
こんにちは~♪
実際にラースみたいな青年がいたら、やっぱり「ビョーキ?」って思ってしまいますよね。
女医さんとかしっかり者のオバちゃんたちが率先してラースを見守る姿勢を取ってくれたからこそ町の人たちも受け入れられた。
みんな優しい人ばっかりで思わず涙が・・・。
2009年04月17日(Fri) 09:56
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

ラースみたいな人がご近所にいたら、絶対受け入れられないですよね。
少なくとも私のご近所では、白い目で見られちゃいそうです(^^;)
でもほんと、彼の周りの人が温かすぎて・・・
良いお話でしたね(^^)
2009年04月18日(Sat) 18:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

-
管理人の承認後に表示されます
2010年08月16日(Mon) 00:35
-
管理人の承認後に表示されます
2010年07月31日(Sat) 01:40
『ラースと、その彼女』
ラースにとってのその<妄想>は、現実逃避などではなく、 トラウマを克服するために必要とした“リアル”な時間。 <現実>を補うためにやってきた、箱の中の妄想が、 ちいさな町の人々と、ラース自身をゆっくりと変えていく。 『ラースと、その彼女』 LARS A...
2010年04月02日(Fri) 20:37
『ラースと、その彼女』'07・米
あらすじ小さな田舎町に暮らすラースは、シャイで女の子が大の苦手。でも、人一倍優しくて純粋な心を持っている。そんなある日、同じ敷地内に住む兄夫婦に、ラースが「彼女を紹介するよ」と言って連れてきたのは等身大のリアルドール、ビアンカだった・・・。感想アカデミ...
2010年03月30日(Tue) 23:38
ラースと、その彼女
友人が良かったというので 観てみました。 アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、 優しくて純粋な青年で町の人気者だが、 ずっと彼女がいないために 兄のガス、義姉カリンらは心配していた。 そんなある日、 ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにや...
2010年01月05日(Tue) 03:01
mini review 09422「ラースと、その彼女」★★★★★★★☆☆☆
アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』の...
2009年12月07日(Mon) 23:06
ラースと、その彼女
レンタルで鑑賞―【story】人付き合いが苦手なラース(ライアン・ゴズリング)が、ガールフレンドを連れて兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレンドとは、インターネットで注文した等身大?...
2009年11月06日(Fri) 08:01
「ラースと、その彼女」
人間の温かさが良く出てた映画だったなぁ。笑って、そしてホロリ
2009年08月17日(Mon) 10:19
ラースと、その彼女
彼が恋に落ちたのは…等身大のリアルドール!
2009年08月09日(Sun) 15:10
DVD:「ラースと、その彼女」Lars and the Real Girl
昨日アップしたように、「超」がつく美女が何気に凄すぎたショックをかかえたまま、微妙に女性不審な状態で今日このDVDが届いて鑑賞(笑) 「リア充」という言葉がネット上で使われているようだが、こちらは「リアルドール」を現実の女の子として扱う男性の話。 これも一...
2009年08月08日(Sat) 18:07
映画 【ラースと、その彼女】
映画館にて「ラースと、その彼女」 アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。監督は、本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。 おはなし:ラース(ライアン・ゴズリング)は人付き合いが苦手な青年。そんな彼が兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シ...
2009年04月17日(Fri) 09:54
「ラースと、その彼女」 LARS AND THE REAL GIRL
リアルドールに恋する青年とそれを見守る心優しき街の人々が織り成すファンタジーヒューマンドラマ。 最初ビアンカと名付けられた“リアルドール”(という言葉今回はじめて知りました)が主人公ラースとともに登場してきたときには、正直言って兄夫婦同様、相当に引いて...
2009年04月16日(Thu) 10:08
ラースと、その彼女
これ,昨年のアカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品なんだってね。普通ならありえないような風変りな設定の物語なんだけど,とってもハートフル[E:heart02]で繊細なお話だった。 あらすじ: 幼いころのトラウマから人とのつながりを避けて生活し、毎日地味な仕事に従?...
2009年03月26日(Thu) 21:31
ラースと、その彼女■コミュニティが人を支える
「大阪ハムレット」と似たティストの作品である。「大阪ハムレット」が家族が支えであったのに対して、この「ラースと、その彼女」はコミュニティが支えであることを描いている。どちらにしても人間はお互いに理解しあい、支えあうことが大事だということであろう。単に支...
2009年03月18日(Wed) 01:14
ラースと、その彼女
公式サイト。原題:LARS AND THE REAL GIRL 。クレイグ・ギレスピー監督、ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン。セックスドールが恋人なんて、かなりアブなそうな雰囲気なのだけれど、違和感の...
2009年02月19日(Thu) 10:07
映画[ ラースと、その彼女 ]せつないけれど、あったかい
映画[ ラースと、その彼女 ]を渋谷シネクイントで鑑賞。 「せつないけれど、あったかい。」 そんな背反することを体験できるのがエンタメであり、映画である。 善人だらけの街という設定が、オイラ好みではないが、 その抵抗を払拭させるだけの斬新さと胸を打つド...
2009年02月14日(Sat) 16:17
ラースと、その彼女
『きみに読む物語』『16歳の合衆国』の若き演技派ライアン・ゴズリングが主演を務めた本作は、内気な青年とその周りの人々を温かく描くハートフルドラマ。 アカデミー脚本賞にノミネートされた。監督はこれが2作目となるCM作家出身のクレイグ・ギレスビー。 物語:アメ....
2009年02月07日(Sat) 21:45
映画『ラースと、その彼女』
『青い鳥』を観て以来のシネリーブル梅田。12月20日から公開されていた『ラースと、その彼女』を観てきました。12:10からという昼飯時の上映だし、もうそんなにお客もいないだろうと思っていましたが、結構入ってました。 以下、ネタバレありです嶺。 Story ..
2009年02月01日(Sun) 19:32
ラースと、その彼女 を観ました。
本当はマドンナの初監督作品を観るつもりでした…ですが、1時間間違えたおかげでこのハートフルな作品に出会いました。
2009年01月23日(Fri) 15:20
ラースと、その彼女
観てきました。 <シネ・リーブル池袋> 監督:クレイグ・ギレスピー 脚本:ナンシー・オリヴァー 小さな田舎町。ラースは兄夫婦が暮らす家のガレージに住み、地元の企業に勤める毎日。孤独癖のある彼を気遣って、兄嫁は何かと世話を焼くが、ラースには重荷ななだけ?...
2009年01月18日(Sun) 14:28
*ラースと、その彼女*
{{{   ***STORY*** アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、優しくて純粋な青年で町の人気者だが、ずっと彼女がいないために兄のガス、義姉カリンらは心配していた。そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにやってくる。しかしラー?...
2009年01月16日(Fri) 12:48
『ラースと、その彼女』@シネリーブル池袋
アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、優しくて純粋な青年で町の人気者だが、ずっと彼女がいないために兄のガス、義姉カリンらは心配していた。そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにやってくる。しかしラースが連れてきたのは、ビアンカと名づけ
2009年01月14日(Wed) 00:19
僕の彼女を紹介します~『ラースと、その彼女』
 LARS AND THE REAL GIRL  アメリカの田舎町で、実家の離れに一人暮らす物静かな青年ラース(ライアン・ ゴズリング)。ある日彼は、母屋に...
2009年01月13日(Tue) 15:11
【ラースと、その彼女】
監督:クレイグ・ギレスピー 出演:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー これすごーく好きな映画でした! ラースもいい人だけど、ラースの周りの人たちがとっても温かくていい人ばかり。 嫌な気持ちになることが全くないとって
2009年01月13日(Tue) 15:05
ラースと、その彼女
監督:クレイグ・ギレスピー キャスト: ライアン・ゴズリング エミリー・モーティマー ポール・シュナイダー ケリ・ガーナー パト...
2009年01月13日(Tue) 12:58
ラースと、その彼女
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)      シネクイント にて 監  督:クレイグ・ギレスピー キャスト:ライアン・ゴズリング       エミリー・モーティマー       ポール・シュナイダー       ケリ・ガーナー
2009年01月13日(Tue) 02:26
「ラースと、その彼女」
「ラースと、その彼女」、観ました。 アメリカ中西部の田舎町に住むラースは好青年として知られていたが、ひどい人嫌いだった。義姉の出...
2009年01月10日(Sat) 13:36
ラースと、その彼女
彼が恋に落ちたのは…等身大のリアルドール! 原題 LARS AND THE REAL GIRL 製作年度 2007年 上映時間 106分 脚本 ナンシー・オリヴァー 監督 クレイグ・ギレスピー 出演 ライアン・ゴズリング/エミリー・モーティマー/ポール・シュナイダー/ケリ・ガーナー/パトリシア?...
2009年01月08日(Thu) 01:50
ラースと、その彼女
等身大のリアルドールとの恋愛関係になった青年とそんな彼に当惑しつつも 彼を見守る周囲の人々との関係を描いたハートフルコメディ。小さな田舎町の片隅で暮らしている青年ラース。彼は心優しいが極端に シャイで女性とまともに会話ができない。そんなラースを日頃から心..
2009年01月08日(Thu) 00:05
ラースと、その彼女△▼彼女は雪のある日、彼の元に・・・・。
彼女は雪のある日、ラースの元にやって来た。名前はビアンカ。 12月26日、「リダクデッド」の前に、この作品を鑑賞しました。同じく京都シネマにて。 ラース(ライアン・ゴズリング)は、アメリカ中西部の小さな田舎町で暮らしている。仕事は事務職。兄のガス(ポー...
2009年01月05日(Mon) 23:19
ラースと、その彼女
アメリカ中西部の小さな町で、兄夫婦が住む家のガレージを改造して生活しているラースは、人に対して消極的で引っ込み思案ですが、優しく純粋で、町の人たちの信頼を集めています。けれど、ずっと彼女もいなくて、兄のガス、義姉のカリンたちは心配していました。そんなあ...
2009年01月05日(Mon) 21:06
ラースと、その彼女
    = 『ラースと、その彼女』  (2007) = 雪に覆われた、小さな田舎町。 町の人たちから慕われている心優しい青年、ラース(ライアン・ゴズリング)は、純粋すぎるがゆえに、極端にシャイで、女の子とまともに話すことも出来ないでいた。 そんなラース...
2009年01月04日(Sun) 02:25
ラースと、その彼女
物静かな男が恋した女性が等身大のリアルドールという奇想天外な設定ながらも、映画全体を包み込む優しさと心温まるストーリーは実際に世界のどこかで起きていてもおかしくないリアルな温かみがありました。本当に地味な映画なんですが、こういう作品がアカデミー候補にな...
2009年01月03日(Sat) 13:47
ラースと、その彼女(映画館)
彼が恋に落ちたのは・・・等身大のリアルドール!
2008年12月27日(Sat) 13:38
ラースと、その彼女 (2007)
ちょっとヘンテコリンで可笑しく、切なくて、そして温かい気持ちになる作品でした。人の心は、何をきっかけにして、どんなタイミングで大人になっていくのでしょう?真面目に会社勤めをして、誰に対しても優しいけれど、とても内向的なラース。母屋に住む兄夫婦は、いつま...
2008年12月26日(Fri) 23:17
ラースと、その彼女
雪に覆われた小さな田舎町。 町の人たちからMr.サンシャインと慕われている優しい青年、ラース(ライアン・ゴズリング)は、 幼い頃の...
2008年12月25日(Thu) 19:35
「ラースと、その彼女」感想
アメリカ映画っぽくない感じで、でも斬新なテーマで、なかなか面白かったです。
2008年12月23日(Tue) 10:50
172●ラースと、その彼女
人々の温かさが、しんみりと心に沁み込んで、いかにも泣かせようとするシーンは一切ないのに、泣けてしまって仕方がなかった。ハートフルな人間模様に打たれてしまった、そんな小さな良作。
2008年12月23日(Tue) 00:03
ラースと、その彼女/ライアン・ゴズリング
劇場予告編を目にしてこれは絶対に観るゾと決めていた映画です。主人公の青年がリアルドールを恋人にしてそれを周囲も受け入れちゃうという何とも奇妙そうなお話に興味津々。 出演はその他に、エミリー・モーティマー、 ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリ?...
2008年12月22日(Mon) 21:33
ラースと、その彼女☆独り言
名古屋に来て初めて試写会に当たりました。予告でも、いい感じの作品だなぁ~っと思っていた『ラースと、その彼女』弟のラースから紹介された彼女ビアンカは・・・等身大のリアルドールだった内気で女の子が苦手な青年ラース、でもとっても優しい青年兄夫婦はそんなラースを
2008年12月21日(Sun) 23:43
「ラースと、その彼女」
彼にとっては必然の最後の1ピース。この作品はすごい。何がすごいって、まず一見ありえない話を決してコメディに走ることなく終着までたどり着かせていること。付け加えれば、ラースのとった行動。ぼくは真面目に「有り」だと思った。別に心理学者でも何でもないが、冒頭...
2008年12月21日(Sun) 23:37
「ラースと、その彼女」
 2007年/アメリカ  監督/クレイグ・ギレスピー  出演/ライアン・ゴズリング      エミリー・モーティマー  とても観たかった映画。期待通り、面白くて温かい作品でした。  雪が降り積もる小さな田舎町。そこで暮らすラースはシャイで内気、でも純粋...
2008年12月21日(Sun) 23:24
ラースと、その彼女
 『彼が恋に落ちたのは… 等身大のリアルドール!』  コチラの「ラースと、その彼女」は、雪が降り積もる小さな田舎町で”Mr.サンシャイン”とみんなに慕われる心優しい青年が、”リアルドール”いわゆる”ラブドール”に恋してしまう姿を描いた12/20公開のハートフル...
2008年12月21日(Sun) 20:26
『ラースと、その彼女』
(原題:Larse and the Real Girl\") ----「彼が恋に落ちたのは…等身大のリアルドール!」。 このリアルドールというのがよく分からないんだけど? 人間そっくりに作ってあるってこと? 「ゴホンゴホン。 まあ、そういうことだね。 ぼくも観る前は 男の子が小さな人形?...
2008年12月21日(Sun) 00:06
ラースと、その彼女
ビアンカはラース成長のための補助輪 【Story】 シャイで人とのコミュニケーションを取るのが苦手な青年ラース(ライアン・ゴズリング)は...
2008年12月20日(Sat) 16:51