Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP映画か行 ≫ 『幻影師アイゼンハイム』

『幻影師アイゼンハイム』

幻影師 アイゼンハイム [DVD]幻影師 アイゼンハイム [DVD]
(2008/11/21)
エドワード・ノートンポール・ジアマッティ

商品詳細を見る

監督:ニール・バーガー 
CAST:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール 他

少年時代から奇術の技を持っていたアイゼンハイム(エドワード・ノートン)は、大人になって見事なイリュージョニストとなり多くの人の心を掴んでいた。ある日その噂を聞いて彼のショーを見に来た皇太子は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)をイリュージョンショーの舞台に上げる。ソフィを見たアイゼンハイムは、ソフィが若い頃に身分の差によって引き裂かれた初恋の人だと分かった・・・

最近のマジックやイリュージョンと言われる物には驚かされる事ばかり。
果物の中からお金が出てきたり、ガラスを突き破ってみたり・・・・ほんと、どうなってるのかサッパリ分からない。
でもそこには必ず仕掛けがあって、マジシャンやイリュージョニストと言われる人は、壮絶な練習を積んで
いるのだろう。

この作品の主人公であるイリュージョニスト、アイゼンハイムは、そんな技をいつどうやって収得し、どうやって
見せているのかとっても不思議で、何とも謎だらけな男。
作品を見る限りではただのマジシャンと言うより殆ど超能力者・・・って言うか霊媒師・・・・
って言うか絶対フツーじゃない
いやいや、それはあなた、有り得ないでしょ~っていうレベルで。
最終的には霊魂らしきものを出して操ったりして・・・・・怖い・・・・
でもそれがまた、面白いんだけど。

そんな彼に怒りをメラメラと燃やしてるのが、オーストリア皇太子。
只でさえ人気のあるアイゼンハイムに嫉妬しているのに、婚約者とアイゼンハイムの焼けぼっくいに火が
ついちゃったもんだから、皇太子のアイゼンハイムへの怒りの炎は大火事に・・・

そしてもう1人キーになる人物が、皇太子の犬のように仕える警官。
扮するのは名バイプレーヤー、ポール・ジアマッティおじさん。
この警官が、皇太子の言いなりでもあるんだけど内心アイゼンハイムを救いたい気持ちで揺れたりして、
その辺も見所。

で、見ていて何が面白いって、このアイゼンハイムという男が、どこまで人の心を読み尽くせてるか、皇太子の
弱点、警官の弱味、その辺をどこまで見透かせているかってとこで。
これだけの能力のある人だからどんな苦難でも避けれそうに期待しちゃうんだけど、それが最後までどんな
もんなのかよく分からない。それが面白い。
そして結末は・・・・・・・そっかぁ~やっぱりねぇ~って感じで。
途中までラストを何となく読めてたように思ってたんだけど、結局後半ですっかり騙されたぁ、、、、

同じイリュージョニストの作品、『プレステージ』より全然好き
役者もそれぞれ良かったし。
悩めるジアマッティおじさんも良いし、控えめなイリュージョニストにエドワード・ノートンって言うのが何とも
萌え~なのよね
是非一緒に消して欲しい・・・・(爆)
それと、渡辺謙さん似で目が印象的なルーファス・シーウェルの皇太子も怖くて良かった。
この人も、良い人でも悪い人でも絶妙な上手い役者さんです

マジックやイリュージョンに仕掛けがあるのは当然だけど、それがどうなってるのかを真剣に考えるのは野暮。
有り得ないショーを目の前で見て夢見心地になる・・・それが一番楽しいですね。


non的お気に入り度:

Comment

tb
編集
nonさま
今晩は☆★
最近、FC2さんやエキサイトさんのブログへ
TBが貼れなくなっております。そんなことで、コメントにて失礼します。
エドワード・ノートンのファンなのもで、京都での公開には素早く参りました。彼にぴったりの役どころでした!何でもアメリカでも、わずか51館からの上映だったのが、口コミで1438館まで広がったということらしいです。日本でもミニシアターのみの上映だったと思います。上映期間も短いので、もう少し何とかならないものか!なんて思います。
2009年02月06日(Fri) 23:33
編集
◆mezzotintさまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

エドワード・ノートンは上品で良い感じですよね。
この作品は役者さんも良かったし内容も面白かったし、
私も公開時に劇場で見たかったです・・・
こういう作品こそ、もっと広く公開して欲しいですよね。
2009年02月07日(Sat) 08:53
編集
こんにちは♪
ハムスターちゃんの画像になんだか癒されます。
動物は触れないのだけど、こうして画像を見るのは好き♪

「プレステージ」は二人のマジシャンが人生を全て捧げて復讐に継ぐ復讐だったから後味が悪かったですよね。
ノートンのマジシャンは好感が持てました。
彼はやっぱりいい俳優さんだな~と。
2009年02月07日(Sat) 17:55
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

『プレステージ』はキャストも良くてゴージャスな作品だったけど、
途中でオチも読めちゃったしイマイチだったんですよね・・・
でもこの作品は素敵な気持ちになれたし面白かったし。
エドワード・ノートン、良いですね~
彼の演技、もっと見たいですね(^0^)
2009年02月07日(Sat) 20:30
編集
nonさん、こんにちは!
以前にストーンズの映画の記事にお邪魔したYANです。
覚えていらっしゃらないかもしれませんが・・・

この作品のノートンは憂いがあって、ほんと萌え~ですよね(^^)
私も後半の展開では騙されました(^_^;
幻想的な雰囲気がとても良かったですね!
2009年02月19日(Thu) 21:06
編集
◆YANさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

YANさんのこと、ちゃんと覚えておりますよ(^^)v

この作品のノートン、良い感じですね(^^)
静かでもハラハラ出来て、楽しめました。
2009年02月20日(Fri) 19:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

-
管理人の承認後に表示されます
2010年05月24日(Mon) 20:38
-
管理人の承認後に表示されます
2010年05月08日(Sat) 20:45
【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシ?...
2009年03月21日(Sat) 07:22
幻影師アイゼンハイム
今作のエドワード・ノートンはいい! そんな憂いをたたえた眼差しで見つめられたら、 惚れてまうやろぉ~~~!! 監督:ニール・バーガ...
2009年02月19日(Thu) 21:07
「幻影師アイゼンハイム」
幻影×偶然×偶然×偶然≦想定の範囲E.ノートンは好きな俳優である。初めて観た「真実の行方」以来変わらないのは、どこからともなくにじみ出る育ちの良さ。本作の役どころは、公爵令嬢と認められぬ恋仲になる平民男性なのだが、極めて聡明で純粋な青年がよく似合っている...
2009年02月11日(Wed) 22:43
幻影師アイゼンハイム
The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】 監督・脚本: ニール・バーカー 出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/エドワード・マーサン/ジェイク・ウッド すべてを欺いても手に入れたいもの、 ?...
2009年02月09日(Mon) 21:45
幻影師アイゼンハイム
日本にもヨーロッパ的な二人組のマジシャンが・・・名前だけか・・・
2009年02月09日(Mon) 01:59
幻影師アイゼンハイム
19世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーン。 魅惑的なイリュージョンで天才と評され人気を集める幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノー...
2009年02月08日(Sun) 22:16
幻影師アイゼンハイム
19世紀末のウィーンで、“幻影師=イリュージョニスト”の男と公爵令嬢の“格差愛”を描く「幻影師アイゼンハイム」。 観客は物語にしかけられた伏線に、見事だまされるだろう。 物語:舞台上の椅子に座り、額からにじむあぶら汗。何かを念じるように、片手をかかげるア...
2009年02月07日(Sat) 23:05
「幻影師アイゼンハイム」  The Illusionist
まず何と言っても実際の撮影はプラハで行なわれたという、舞台となっている19世紀末のハプスブルグ帝国終末期のウィーンという時代と場所が何とも魅力的。 出ている俳優はほとんどアメリカ人ながら、まるでヨーロッパ映画を観ているかのよう。 そしてそこで繰り広げられ?...
2009年02月07日(Sat) 19:54
「幻影師アイゼンハイム」
「幻影師アイゼンハイム」、観てました。 19世紀のウィーンが舞台なのに出演者がアメリカ人ばかりの、幻想の入り交じったミステリー。 ...
2009年02月07日(Sat) 18:53
映画 【幻影師アイゼンハイム】
映画館にて「幻影師アイゼンハイム」 ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化。 おはなし:19世紀末のウィーンではアイゼンハイム(エドワード・ノートン)という幻影師が絶大な人気を誇っていた。ある日、彼は...
2009年02月07日(Sat) 17:51
幻影師アイゼンハイム
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観?...
2009年02月07日(Sat) 15:12
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?聞いた事ないタイトル、邦画かな?って思ってた。 調べてみたらなんと{/ee_1/} 2006年 あちらで...
2009年02月07日(Sat) 12:47
幻影師アイゼンハイム(映画館)
すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。
2009年02月07日(Sat) 12:37
『幻影師アイゼンハイム』
※カンの鋭い人は注意。 これは映画をご覧になってからお読みください。 あっ、チラシもお読みにならない方がいいです。 (原題:THE ILLUSIONIST) ----これってスティーヴン・キングが 「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!」と言っている映画だよね。 「う~ん。...
2009年02月07日(Sat) 11:22
★幻影師アイゼンハイム(2006)★
THEILLUSIONISTすべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。映時間109分製作国アメリカ/チェコ公開情報劇場公開(デジタルサイト=デスペラード)初公開年月2008/05/24ジャンルサスペンス/ミステリー/ロマンス【解説】ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウ...
2009年02月07日(Sat) 01:03
「幻影師アイゼンハイム」
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
2009年02月07日(Sat) 01:02
幻影師アイゼンハイム
ラスト数分で評価が変わる 【Story】 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日...
2009年02月06日(Fri) 21:55
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
レディース アーンド ジェントルマン! 見事な髭の競演です!あなたは、どのヒゲがお好き? 『幻影師アイゼンハイム』まるで\"大正時代の...
2009年02月06日(Fri) 21:24
幻影師アイゼンハイム
幻影師アイゼンハイム THE ILLUSIONIST 監督 ニール・バーガー 出演 エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ     ジェシカ・ビー...
2009年02月06日(Fri) 21:21
「幻影師アイゼンハイム」
JUGEMテーマ:映画 アメリカでの公開は2006年の夏だったと記憶しています。 かなり評判も良く、日本での公開を心待ちにしていたのですが 何故かまったく予定が聞こえてこない… “ひょっとしてDVDスルー?”と思いましたが、その気配もなく不思議でした。 本...
2009年02月06日(Fri) 20:53
暗黒王子、見参!~『幻影師アイゼンハイム』
 THE ILLUSIONIST  19世紀末のウィーン。幻影師として熱狂的な人気を誇ったアイゼンハイム(エド ワード・ノートン)は、皇太子レオポルド...
2009年02月06日(Fri) 19:33
幻影師アイゼンハイム
【THE ILLUSIONIST】2008/05/24公開製作国:アメリカ/チェコ監督:ニール・バーガー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル、エドワード・マーサン“すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。”
2009年02月06日(Fri) 18:18
94●幻影師アイゼンハイム
怪しげなアイゼンハイムにウットリ。なので、今回は、この邦題にも満足。だって「イリュージョニスト」だと、ついつい「プリンセス・テンコー」と口をついて出て来てしまうから。。。って私だけ?
2009年02月06日(Fri) 18:13
幻影を録画
「REC/レック」 「幻影師アイゼンハイム」 
2009年02月06日(Fri) 17:10
幻影師アイゼンハイム
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステリ...
2009年02月06日(Fri) 16:33