Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP小説な行、は行 ≫ 『ファミリーポートレイト』

『ファミリーポートレイト』

ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
(2008/11/21)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

母、マコと二人で14歳まで流浪の生活を送った娘、コマコの半生を描いた作品。

長い!でも面白いし読みやすいしあっという間に読めた。
物語は大きく二つに分かれる。
前半は娘の5歳~14歳まで、母娘の逃亡生活。
そして後半は母と別れた後の娘のその後。

前半は、それは残酷でそして愛に溢れた母娘の物語。
娘は何も言わず母に絶対服従。どんな目に遭っても母の為に生き続ける。
その部分は『私の男』の母娘版ともいうべきか。
いやあれより恐ろしいけど…
そんな母娘の流浪生活は、怖いけどでも覗いていたくなる痛々しい愛が溢れた物語。

後半は14歳まで異常な環境におかれた娘が突然現実の社会に引き戻されてからの話。
母の暴力と愛に抱かれ依存し、自らの尊厳全てを奪われながら生きてきた少女が
どうやってその後を生きるのか…
前半の嵐の様な展開は一気に穏やかにはなるが、その後の娘の生き様もまた面白い。

長いと言う事もあるけど、その濃過ぎるぐらい濃い物語にぐいぐい引き込まれ
とても読み応えがあった。
非現実的でどこか夢物語な感じでありながら、でもやっぱりその世界はどこかに
本当に存在するかのように思えてしまう不思議な作品。
『私の男』もそう言えばそんな感じだったな…

母娘の話以外にも、小説が人にとってどのようなものであるのか、そして小説家と言う人達は
どういう人達であるのか…何故物語を書き続けるのか…皆が皆そうでは無いにしても、
なるほど作家さんと言うのはこうして物語を紡ぎ出すのだと思える作品でもありました。

あたしゃ結構厳しいしどっか冷めてるからあんまりうまく子供に愛を伝えられない。
だらしないし自分勝手だし怒ると鬼みたいだし、虐待はしないけど でも娘は従順やねんなぁ… 
桜庭さんの本読んでたら、何となくコマコと娘がかぶったりして…
胸がチクチクしたわ…

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL