Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP小説さ行、た行 ≫ 『月と蟹』

『月と蟹』

月と蟹月と蟹
(2010/09/14)
道尾 秀介

商品詳細を見る

昨年の直木賞受賞作品。父親を亡くし、母と父方の祖父と共に暮らす孤独な少年の物語。

これまで道尾さんの作品はちょこちょこ読んできたけど、直木賞作品だけあったやはり
一番面白かった。
孤独な少年達がその小さな胸で抱く人生の悲哀に、また泣けた…ほんま最近よう泣くww

祖父の苦痛、女である母への思い、唯一心を通わせた同じく孤独な少年との友情、
淡い恋心…子供目線からの恐怖、謎、感動、嫉妬…不器用で繊細な主人公の少年の
心の中に蠢くそれら様々な感情が、道尾さんらしい、陰鬱感たっぷりに重く描かれている。
賛否分かれるだろうけど私は結構好き。

Comment

No title
編集
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2012年08月17日(Fri) 18:22
◆藍色さまへ
編集
こんにちは♪ コメント、TBありがとうございます☆

お返事遅くなりまして申し訳ありませんm(__)m
またお邪魔させて頂きます(^^)
2012年10月30日(Tue) 18:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

「月と蟹」道尾秀介
「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは...
2012年08月17日(Fri) 17:43