Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP小説あ行、か行 ≫ 『苦役列車』

『苦役列車』

苦役列車苦役列車
(2011/01/26)
西村 賢太

商品詳細を見る

第144回芥川賞受賞。性犯罪者の父親を持った若者の苦悩に満ちた生き様を描いた作品。

おもろかったー♪好き、この作品。主人公の若者はこの著者である西村さんの事らしく、
ほんまに?って思ってwikiってみたらほんまやったw 
この方は基本私小説を書かれてるのね。

父親が犯罪者と言うのはあるにしても、この主人公は実に自堕落でその場主義で他力本願。
どうしようもないし何をやってもダメダメなんだけど、私には何故か悲壮感が感じられなかった。
古い小説家に強い影響を受けた西村さんならではの独特な文面でありながら、お下劣でストレートな
描写が痛快。

主人公(西村さん本人)の恥ずべき内面が客観的な視点でいちいち明確に記され、
それがなんか可笑しくて… 
ほんとにほんとにアホでダメダメ過ぎるんだけど、主人公に降りかかる事全ては
身から出た錆である事を踏まえた上での展開に、やるせない哀愁さえ感じてしまった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL