Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP小説あ行、か行 ≫ 『暗渠の宿』

『暗渠の宿』

暗渠の宿暗渠の宿
(2006/12)
西村 賢太

商品詳細を見る

内容は「けがれなき酒のへど」と「暗渠の宿」の二篇。どちらも著者本人と女性との話。

「けがれなき…」は風俗嬢に入れ込んで金をだまし取られる話。
「暗渠…」は恋人との同棲生活の話。又いずれにも著者が尊敬して止まない作家、
藤澤清造の事が詳細に綴られている。

どうも私は西村さんのファンになったようで。
何だろなぁ…この人の書く文章にはなんか惹かれる。
古い言い回しなんだけど、やっぱりその下品でシニカルな表現にたまらなくそそられる。
本作も二篇いずれも著者のどうしようもない性格が災いしての話で、それがどうにも面白い。

自他とも認めるかなりの難しい性格で、だからたいがいの人とは上手くいかないのに
そのくせ人恋しくて、風俗では飽き足らず心の通った恋愛がしたくてでも結果失敗して…
そもそもこの方、別段イケメンでも無いのにちょいちょいご自分を大棚に上げて人を蔑む
と言う悪癖があるからねwそれがおもろいのよ

正直作品中に出てくる藤沢清造なる作家の事は興味無いんだけど、でも彼のその作家への
熱い思いも物語の一部ではあるから目は通すけど…って、愛読してても藤澤清造氏の事
そんな風に言ったら西村さんきっと「頭の足りんちんちくりんのおばはんがー!」って
激昂して私の事罵倒するんだろうな。あははw

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL