Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP小説あ行、か行 ≫ 『クロク、ヌレ!』

『クロク、ヌレ!』

クロク、ヌレ!クロク、ヌレ!
(2008/09/05)
真梨 幸子

商品詳細を見る

ある作家とその友人の画家志望の男、二人の友情を巡って描かれたミステリー。

本作品は珍しく女より男のドロドロを描いたもの。変な女もいっぱい出てくるけど。
一応これもミステリーだけど、その真相は結構どうでも良い感じなのは他の作品と同様。

真梨作品と言えば阿呆な女達の滑稽な程の醜い諍いが何より楽しいんやけど、
これはテイストが違ってたからかこれまで読んだ作品程にはハマらなかった。
相変わらず何が言いたいのかいまいち??やし。
でも、やっぱりどんどん読み進めてしまうって事で私は紛れも無く真梨ファン。

『クロク、ヌレ!』と言えばストーンズの「Paint it Black」で作中にもストーンズが
度々登場する。
特にバンド創始者でありながら脱退した故B.ジョーンズについて触れられている。
ブライアンが脱退に至るまでに抱いたであろう嫉妬や孤独を、登場人物の男達の心理に
ダブらせてる感じ。

そして何より真梨さんご自身がストーンズファンっぽい。
何故なら今日読み終えた真梨作品にもストーンズがちらっと登場するから。
だから私はこの人の作品に惹かれるのかもなぁって本作品を読んで思いました。
特に彼女はブライアンがお好きなのかもなぁ…

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL