Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP小説ら行、わ行 ≫ 『楽園に酷似した男』

『楽園に酷似した男』

楽園に酷似した男楽園に酷似した男
(2005/01)
岩井 志麻子

商品詳細を見る

ベトナム、韓国、日本に愛人を持つ女流作家の日常が描かれた作品。

本作品もエロいけど、またも文章が独特でそのエロさが何となく誤魔化されている…気がする。
作者の遊び心か、全文句読点の無い長く独特なリズム。
それらは慣れるとなかなか心地良い。

ざっくり捉えれば、バツイチ子持ちアラフォー女性と若い愛人達とのめくるめく
性生活の話なんやけど、その中で描かれるベトナムの退廃的でエスニックな熱い空気、
韓国の閉鎖的な寒々とした空気、それぞれの文化、それぞれの男達の性質が非常に興味深い。

この主人公って著者自身の事かな…
志麻子さんが奔放な女性である事は何となく知ってたけど、40手前にしてなんと元気な…
しょっちゅう海を渡っては逢瀬を繰り返し、いやはや脱帽。
眉毛が無いと桂枝雀師匠に似てるらしい著者が何故そんなにモテるのか、真剣に考えてしまったw

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL