Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 『脳男』TOP小説な行、は行 ≫ 『脳男』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『脳男』

脳男 (講談社文庫)脳男 (講談社文庫)
(2003/09/12)
首藤 瓜於

商品詳細を見る

連続爆破事件の容疑者が追われる中ある青年が逮捕される。
無表情で不思議なその青年と爆弾事件の真実を探るサスペンス。

来年映画が公開されるとか。って事で読んでみた。
まぁまぁおもろかった。
盛り上がりのシーンはそりゃ映像にしたら盛り上がるだろうなって感じで。

一応主人公は人間で、理由があって「脳男」な訳だけど、ちょいアメコミヒーロー
みたいな感じでもあり。
物語はそんな痛快な物じゃないけど脳男があまりに人間離れし過ぎてて…
哀しいヒーローみたいな。

本作品はいかにも続きがありそうな終わり…と思ったら『脳男2』があったのねw 
読んでみよ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。