Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP小説な行、は行 ≫ 『深爪』

『深爪』

深爪深爪
(2000/07)
中山 可穂

商品詳細を見る

人妻を愛し翻弄された女、その女の後に別の女を愛し家庭を捨てた女、
妻を女に寝とられた男、それぞれの愛憎物語。

何も知らず普通の恋愛物と思って読み進めてたらなんかおかしい…
主人公の一人称が「私」で絡みの描写も男女のそれとなんか違う…
そこで百合の話だと気付いた…

私は当然ノンケだけど同性愛ものが特に嫌いと言う事は無く、またそう言う
人達の心理に大いに興味はある。

これまでレズビアンものは映画などでもあまり見た記憶が無く…
『ボーイズドントクライ』はそうなんかな…
だからどんなものかと読んでいく内に、なかなか面白くて結局一気読み。

ま、同性であろうがその愛や嫉妬する気持ちは異性の恋愛と同じで。
でも本来同性愛の人が自分を偽って結婚しても、自分の本来のセクシャリティに
目覚めてしまうと大変なんやなぁと思ったお話。
女性にときめいたり女性相手に興奮したりはさっぱり分からんけど、
分からないから逆に面白かった。

不倫相手が男であろうが女であろうが、子供を犠牲にする事だけはいかん。
それだけはいかん。
ところで著者の中山可穂さんって人もやはりレズビアンなのね。
ま、そうやろね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL