Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 『白い薔薇の淵まで』TOP小説さ行、た行 ≫ 『白い薔薇の淵まで』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『白い薔薇の淵まで』

白い薔薇の淵まで白い薔薇の淵まで
(2001/02/05)
中山 可穂

商品詳細を見る

主人公の女性が美しい女性作家と恋に落ち翻弄される物語。

中山可穂さんなので勿論百合の話。
本作は前に読んだのよりも一層激しい女同志の恋愛。
痛みを伴う激しい恋愛。
しかし主人公は男の恋人もいてノンケのはずなのに、ほんとにここまで同性に
落ちるものかね…

物語の始まりと終わりのトーンに温度差があって、後半の展開からは
なんとなくやっつけ感が感じられる。
それもあって後味はいまいち…

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。