Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP小説な行、は行 ≫ 『べっぴんぢごく』

『べっぴんぢごく』

べっぴんぢごくべっぴんぢごく
(2006/03/18)
岩井 志麻子

商品詳細を見る

明治の岡山、乞食の娘シヲが村の分限者の養女となってから続いて行く、
その家に生まれる女達の因果を描いた話。

おもろい…キモ怖いけどおもろい。
ぼっけぇおもれぇわ。

明治から平成、岡山のとある旧家の女達…別嬪と醜女の順で生まれる女達の因果、宿業…
絶やしたくても絶やせない女の血。
繰り返される女達の奇妙な人生。
そして彼女達に纏わりつく異界の者達… 

岡山弁たっぷりの、陰鬱で猥褻でおどろおどろしい志麻子節炸裂な話。
彼女の作品には私小説、現代物、舞台がアジアの物などがあるけど、
私はやっぱり岡山の古い話が一番好き。

本作品を読みながら、何故この手の作品に惹かれるのか気付いた。
母の実家を思い出すのだ。
広島の母の実家。幼い頃に何度か行った田舎。
家の前は田圃、裏は山の斜面、隣は暗い竹藪。
昼も薄暗い不気味な土間、黴臭い蚊帳と布団、街灯の無い夜の闇…
それらは幼い私を恐怖の妄想で包み込んだ。

そして母は私が幼い頃からその暗い生い立ち、親戚との因縁を語り続け、
私にとってはそれら=広島の家と言う事で一層陰鬱な印象となった。
でもやはり私の体にも確実に広島のあの家の血が流れている。
だからか、志麻子さんの岡山の作品を読んでいるとどこか懐かしい気持ちになるのだ。

村社会、親戚同士の軋轢、血脈の因果など、核家族に生まれ都会で育った私には
理解し難い遠い世界の話だったけど、この年になって志麻子さんの作品を読むと、
何故かその昔自分もその場にいたような気持ちになる。
母の実家は嫌いだったのに、薄暗い土間で言い知れぬ恐怖に怯えていた自分が懐かしくなる…



Comment

「映画ベース」のご案内
編集
Something Better 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非映画に関心のある方からレビューの投稿や、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂ければと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ立ち上げたばかりの未熟なサイトですが、
一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------
2013年04月28日(Sun) 17:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL