Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP小説あ行、か行 ≫ 『永遠の0』

『永遠の0』

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

ある兄弟が、太平洋戦争時特攻で戦死した祖父を調査するところから始まる話。
戦後二人の祖母が再婚した相手に可愛がられた二人は実の祖父の事は殆ど知らず、
ただ母親の為にと戦死した祖父の事を調査、生存している元特攻の人々を訪ね歩く。

元特攻の人達から聞く彼らの祖父は、非常に優秀な飛行士でありながらとにかく生きたいと
堂々と願う男…
そんな祖父を「臆病者」と揶揄する者もいながら調査を進めていく内に、その真実の姿、
戦う姿が見えてくる。

空戦など戦闘描写が多いのでその辺に興味の無い人はなかなか読みにくいかもしれない。
私も序盤はちょっとしんどかった。
しかし読み進めていく内に色濃く描かれていく悲惨な戦況、日本軍の愚かしさ、
負けると分かっていながら飛び立つ飛行士達の思いが胸を締めつける。

最後は号泣してしまった…
美しい話にまとめられてるように思うけど、これは決して美談では無い。
やはり戦争はあかん。
でも国の為、愛する者の為と言う理由を無理やりにでもつけ、その命に抗う事も出来ず
旅立った兵士達を責める事は出来ない…
ただただ、戦争はあかん…

多くの人にこの作品を読んで欲しい。特に若い人には。
どう思うかは読者によって違ってくるだろうけど。
戦争作品は私も色々見てきたつもりだけど、特攻に関しての詳細は本作品で初めて知ったし。
つい70年前まで日本は優秀な若者の多くをこんな形で失っていた言う事をリアルに感じられた。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL