Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPmusic ≫ ロックだぜ!その2…楽器隊

ロックだぜ!その2…楽器隊

相変わらずONE OK ROCKにハマり中。
殆ど毎日聴いたり見たり。

なんでこんなハマるのか…

80年代に流行った洋楽ロック。
私や友人が聴きまくった音楽。
あの時聴きまくったロックの香りがする音楽を日本人の可愛い彼らが、ビジュアル系の
ファッションでも無くシンプルなスタイルでやってくれてる事が嬉しかったり、
メンバーのキャラがそれぞれが魅力的だったっり、楽曲がかっこ良かったり、
Takaの声が良かったりってもうそれは挙げるとキリが無いんだけど…
今日はTakaでは無く、それ以外のメンバー、楽器隊について。

ワンオクの楽器隊は、リズム隊…ベースとドラムが上手いと一般的に言われてるらしい。
ギターは…正直私はそこまであんまり良く分からない。
昔から色んなバンドのいろんな音楽を聴いてきたけど、確かにバンドで一番目立つのは
ボーカルの次にギターだとは思う。
そのバンドのギタリストは下手するとボーカルより人気が出る事もあるぐらいの存在感。
そりゃあほんと格好良い楽器で上手く弾きこなせたらめちゃくちゃアピール出来るし、
聴いてる人の心に残る旋律を作れれば音楽史に名を残せることもある。

でも、私自身元々あまりリードギターがギター技術をアピールする事にそれほど魅力を
感じないと言うか…
その楽曲のリフとかが超かっこ良かったらそれで十分って感じ。
だから、ワンオクのギターがぁーとか言われても、Toruちゃんめっちゃかっこ良いし、
どんどん上手くなってるし、良い曲作るし、全然いいやぁ~んって思うのですが。

特に彼が作る曲は心にグッと刺さるメロディが結構あって、なかなかセンス高いと思うし、
これからもどんどんその才能を磨いて欲しいと思うのです。
技術も大事だけど、良い曲を残していってほしい。
そして、これまで同様大きな器でバンドを守って欲しいと思います。
何と言っても、乗り気じゃないTakaを粘って粘って口説き落としてこのバンドを作った
張本人ですから。
ワンオクファンはみんな彼に感謝ですよね。

ベースは…これはもっと私にはわからな~い^^;
これまでで好きだったベーシストは、DuranDuranのジョン・テイラーぐらいかな…
それも上手いかどうかまで考えた事無いしw

そんなだから、Ryotaが上手いかどうかとかそんなの良く分からないし気にならない。
でもあの若さで、しかも殆どダンスしかしてこなかった子がある日突然Toruに
ベースやれって言われて、それも最初はいやいややって、そんな子がそこそこ難しい
楽譜を弾きこなせるようになってお客呼べてるんだから、Ryotaの努力もそれはそれは
想像を絶するものだと思うとそれだけでもう…

そんな事より私は何よりRyotaの人間性が好き。
見た目はワイルドだけどほんとにピュアで、バンドをとてもとても愛していて。
揉め事が嫌いなお茶目で天然で優しい子。
でも、優しいけど、ワンオクを守ろうとする強さは誰よりも強いかもしれない。
そんな彼の思いが、このバンドの原動力のひとつだろうと思うのです。

そしてドラム。
実は私がこのバンドの「音」に関して一番気に入ってるのが、Takaの声とドラム。
昔から色々音楽聴いてきたけど、こんなにドラムの音に酔うのは初めて。
打楽器にここまでメロディ性を感じるのは初めて。

ワンオクを知ってすぐに知ったのは、このバンド、ボーカルとドラムが上手いとやたら
言われてるって事。
ドラムがそんなに上手いの?どんなんだ??
そう思ってからドラムに耳をすませるようになって…

そう思って聴いてる内に自分の耳も肥えてきたのか、ドラムの音が前より分かって
くるようになってきた気がして。
そんな中で感じた事…うん、確かに音がなんか違う気がする…
聴けば聴くほど、Tomoyaの叩く音が違って聞こえてくる。
艶っぽいと言うか何と言うか…

世界レベル、日本最高峰レベルと言う評価をする人もいるぐらいの技術は当然言う事無し。
手数の多い高速ビートはいつも狂う事無く確実。
でもTomoyaの凄いところはそれだけに留まらない。
ドラムに詳しい人が彼の技術をここまで絶賛するのはそれだけでは無いのだと思うのです。

ONE OK ROCKの曲の土台となる音を出す絶妙なチューニング、Takaの歌を盛り上げるべく、
また観客の興奮を煽るべく入る独創的なフィルイン。
そして、フィーリング、グルーヴ。
バラードのようなゆったりした曲でもその色を出し、ドラムだけでメロディを奏でてると言うか、
ボーカルと共にその曲を語ってると言うか…
これってTomoyaならではなんだろうなと思うのですな。

色々調べると、ドラムって打楽器で要するにシンプルだからこそ、演奏者の人柄が
音に出やすいんですってね。
Tomoyaの人となりの本当のところは知らないけど、この子もきっといい子。
ブログとか色んな映像を見る限り、きっといい子。
バンド内で一番年上なのに一番の弄られ役、ムードメーカー。
自分に厳しい、音楽に厳しいムードメーカー。
情緒豊かでツアーの最終日にいつも感極まって涙している。
なかなか頭も良い子で、高校は兵庫県内の進学校に進学してるのね。
麻雀大好き、ラーメン大好き、LIVE後ホテルでネット麻雀に耽り漫画を読んで号泣する、
そんなバンドマンw
バンドマンなのに、ロックミュージシャンなのに、イケイケの匂いがしないバンドマンww
学校に時々いる、頭が良くて、でも天然でちょっとオタクな優しい男の子、
そんな感じの子がめちゃくちゃカッコいいドラムを叩いてる。

きっと世の中には上手いドラマーは沢山いて、Tomoyaより上手い人は沢山いて、
でも、そのキャラクターとか色々含めて、これからの彼の演奏をずっと聴きたいし
応援していきたいと思うのです。

と言うか、Tomoya以外の子達みんなほんといい子で、だから応援したいのです。
曲が良いからとか、歌が上手いからとかだけでは無く。

Ryotaのベースの先生の言葉。
「ONE OK ROCKのメンバーは、皆それぞれ考えが深くて厳しくて、何より優しい。
1人1人が人間として暖かくて優しい。」

バンドってバランスが大事だし、何と言っても色んな個性の集まりでもあるから
長く続けるのはそう容易なことではないと思います。
でも、頑張って続けていってほしい。
謙虚に、そして大胆に、ロックをやっていってほしいです。

Comment

こんばんは♫
編集
ワンオクの事、Tomoyaくんの事、たくさん書いてある~♫
ファンの方がワンオクについて書く文章を読むのが大好きなんだ。
(*^^)v
自分では書けないから、読みながら「うん、うん、そうなの~!」って頷いてる。

ワンオクの魅力って「人柄」の割合が多いと思う。
歌や演奏が上手なだけじゃこんなにみんな好きにならないよね。勿論ワンオクの音楽が好きなのが大前提だけど。
『曲に惹かれる→youtubeで色んな動画を見る→メンバーの人柄に惚れる→気が付いたらすっかりワンオクのファンになってる』
っていうパターンの人が多い気がするんだけど、どうでしょ?(笑)

Tomoyaくんの『イケイケの匂いがしないバンドマン』
に笑っちゃった^m^
そこが大好きだよ~♡♡

これからもワンオクの記事楽しみにしてるね!
2014年03月03日(Mon) 22:57
■ともか☆★さまへ
編集
こんにちは♪ コメントありがとうございます☆

また来てくれてありがと~(^0^)

> 『曲に惹かれる→youtubeで色んな動画を見る→メンバーの人柄に惚れる→気が付いたらすっかりワンオクのファンになってる』
> っていうパターンの人が多い気がするんだけど、どうでしょ?(笑)

うんうん、そうだね~私もほんとそんな感じ(^^)
最初はTakaの声が聴きたくてやたら動画見てたんだけど、その内どんどんメンバーの人柄に惹かれて。
だって、彼らが過去にやったUstとかどれもめっちゃ面白いし!(*≧m≦*)
Takaもただ一人標準語なんだけど、関西人3人に負けず面白いしね。
嫌な事があると彼らの動画見て癒される毎日^^;
残響のLIVEDVDも、動画では飽き足らず買ってしまうかもって勢いですw

ともかさんがワンオクの記事がお好きとあらば、これからもちょこちょこ書こうかな…
どれぐらい書けるか分からないけど、何か思う事があれば書きますね。
どれもあくまでも私の思うことだけど、許してね~(^^)ゞ
2014年03月04日(Tue) 11:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL