Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPmusic ≫ Taka in FM802 その3

Taka in FM802 その3

またまたTakaがFM802に登場。
この度は番組のゲストと言う形なのでDJに色々質問されてたのでまたザックリ上げます。



去年回ったアジア欧州ツアジアについて…
フランスの劇場の前は長蛇の列で信じられない様な様子でしたが。

Taka:
ほんと信じられなかった。沢山の方が待っててくれてて嬉しかった。



アジアでは大変でしたね。

Taka:
アジアはほんとにハプニングが多かった。
アメリカだったりヨーロッパでハプニングが起きるのは何となく予想してた。
でもアジアは近い場所だから性格的にも日本に似た感じがあると思ったら、 結構無くてw
なんならヨーロッパよりもすげぇ雑な感じもありつつトラブルもあった。
でも楽しかったです。



そして今年はアメリカ、ワープドツアーに出演しました。
ワープドツアーと言えばストリートキッズの憧れと言うイメージですが、
そういう雰囲気はありましたか。

Taka:
箇所によってはスケートボードやってる人いました。
でも全箇所では無くて場所によってだけど。
ワープドツアーって知らない方沢山いると思うけど、結局フェスティバル。
日本のフェスとはまたちょっと違って、いろんな会社だったり…
レコード会社も一緒にツアーに参加して、自分達の所属してるアーティストの
CD売ったり、その年のワープドツアー用にTシャツを作って売ったり、色んな会社が
入って一緒に回ってるツアーなんです。
だからアーティストに限らず…僕らのステージの横にブースがあって、ラップステージみたいな…
ストリートラップステージみたいな…結構バンドのステージだけじゃない凄く面白いイベントです。



このワープドツアーは、沢山の人達が、全米、町から町へ移動して行くんですね。
と言ってもアメリカ非常に広いですから…
そして開催時期は6月~8月ですが、この広いアメリカ、40か所以上を移動するそうですが。

Taka:
そうですね。そんな感じです。
実は僕らが今回回ったのはハーフなんです。
僕らが仲良くなったバンドはまだ未だに回ってて連絡とか来るんですけど、
こういう島国で育つと、感覚が分かんないと言うか、国内で時差がある感覚が
分かんないんですよね。



移動距離は半端無かったんじゃないですか。

Taka:
でもバスの中にベッドがあるので、夜寝てる間に次の都市に向かってバスが走るんですね。
だから朝着くと違う場所に着いてて、ちょっと面白かったですね。



全く景色が変わってますか。

Taka:
うん、全然違う。
その場所によって来るお客さんも違うし。
サンフランシスコとかLAに近い場所って言うのはちょっとこう、凄くお洒落な人が多い。
これがメキシコの近くになってくると、情熱的な人が多かったり。
その場所によってパフォーマンスしてそのリアクションが違うんですね。



気温も全然違うとか。
ラスベガスやばかったと聞きましたが。

Taka:
いやぁ~暑かったですね。
行く前にCrossfaithに会って、彼らワープドツアーに回ってたので色々話を
聞かせてもらってたんですけど、彼らの話によると靴とか、黒の靴とか履いてると
溶け出すとかw
PCが止まるとか聞いてて、その情報を元に行ったんですけど、暑かったですね。



ハーフとは言え全米各地を色々回った訳ですけど、そのワープドツアー、
近年取り入れられてるシステムがあるとか。
アメリカで有名なツアーなので長蛇の列が当然出来ます。
そして、当日までタイムテーブルが分からない…

Taka:
そうなんです。
朝9時に起きてタイムテーブルチェックしに行って、そこで自分達の出番が発表されるんですけど、
起きてすぐLIVEの時もあれば、起きたのに夜まで待つみたいな日もあれば…
ちょっと調節はなかなか面白かったですね。



お客さんもその日のタイムテーブルをその日に知る感じですか。

Taka:そうです。


なので、列に並んでいたら自分の好きなアーティストの出番に間に合わないかもしれない。
そんな時に用意されてるシステムが、列を飛び越えられる「skip the line」と言うシステム。
以前までこれはそれ用のチケットが売られていたそうですが、現在は恵まれない子供達に
寄付する為のテントに食べ物、使わなくなった携帯、服などを寄付をすれば、チケットが無くても
列に横入り出来るそうです。

Taka:聞いてないなぁ~初耳でした。


ところで色んなバンドも出ていた様で友達になったそうですが。

Taka:
凄くみんな良い人達で、アメリカの文化と日本の文化の違いを見せ付けられた
感じがあったんですけど。
最初はみんな僕らの事を…日本人じゃないですか…やっぱり目立つんですよね。
逆もそうだと思うけど。
だから、日本人?それとも韓国人?中国人?どの人種?みたいになるけど、
段々話していくうちに仲良くなって、毎晩BBQがあるけどそのBBQにみんな
足を運んで行って、お酒飲んだり、ご飯食べたりしながらお話しをして。
可愛い女の子とかも全然いるし、そこでコミュニケーションをとっていく間に
どんどん仲良くなるんですね。
だからサマーキャンプみたいでした。



お互い音源交換したり…

Taka:
明日何時にステージなの?って聞かれてまだ分からないって言ったらじゃあ
アドレス交換して、分かったら教えてっつって、見に行くよとかあるんですけど、
たまに、この曲に参加してよとかあるんです。
そんな急に言われても俺分かんねぇしとか思って一応練習するんですけど、
結局時間が合わなくて、そのバンドとはちょっと出来なかったんですけど。



次は新曲について…
『Mighty Long Fall/Decision/Pieces of me』はダブルAサイドシングルだけど、
トリプルAサイドシングルと言って良いぐらい素晴らしい出来だと思います。
忙しい中でのレコーディングはどうでしたか。

Taka:
今年入ってから約3カ月間ぐらいずっと向こうでレコーディングしてて、
その中で出来たものを今回シングルにしたんですけど。



「Mighty Long Fall」とはどう言う意味ですか。

Taka:
これはまぁ落ちていくって言う事。
深い深い谷底に落ちて行ってしまう…
歌詞の内容的には男女のお話だったりするけど、敢えて男と女のテーマは取り除いて、
物事の深さだったり、落ちていってしまう感じ…
ひとつの事に対して吸いこまれていく感じって言うのを書いてみました。


イントロからドラマが始まってる感じがします。

Taka:
そうですね。
今までに無いONE OK ROCKの感じも入ってると思います。
今までの自分達とまた違った一面を出せたらなと思って…
今回はプロデューサーにジョン・フェルドマンを迎えて、初めてプロデューサーって言う
立ち位置で一緒に音楽を作っていったのが凄く良かったのかなと思ってます。


アメリカでの仕事は時差との戦いがあると思いますが。

Taka:向こうから日本に帰ってきたらやっぱり辛いですね。


でもその分タフになったと思います。



以上、802のTaka、ザックリでした。


ところでここでTomoyaの写真。
最近見付けた中でnon的一番のお気に入り写真↓
0806.png
いいわぁ~こういうの、めっちゃRockで(^^)

それと、昨日対バンしたCrossfaithのドラマーとのツーショットでTomoyaの
おニューtattooがちょっと…
0806-1.jpg

アップ↓
0806-2.jpg

Crossfaithのドラマーの子も胸にガッツリ入ってるけど^^;

Comment

こんばんは!
編集
お久しぶりです(^-^)
毎日暑かったけど、今週はだいぶ暑さも和らいでますね。
お元気ですか?最近全然nonさんとお話してないので寂しいです~
(´;ω;`)
私はと言うと、相変わらずTomoyaくんのことを考えてしまってインスタに一喜一憂したりとダメダメな日々を送ってます。
(^-^;
そうそう、Tomoyaくんの左腕のtattoo凄いことになってるね!!かなり大きいよね。テニスとかバドやる時見えてるけど周りにいる人とかびっくりしないかな!?
まだちゃんとしたのを見た事ないから見てみたいなぁ
(*´∀`*)ノ

それではまた遊びに来ますね♬
( ^o^)
2014年08月26日(Tue) 22:51
■ともか☆★さまへ
編集
こんにちは♪
いつもコメントありがとうございます☆

お久しぶりです!
ごめんね…
8月に入ってから色々バタバタしててPCをあまり見れずブログを開けられませんでした…
ワンオク関連の情報はチェックしてたんだけど…

Tomoyaのインスタに一喜一憂?!
それは、バドミントンしてたり甚平さん着てる姿に??
それとも、女の子とのツーショットに???

タトゥー、まともにまだ見せてくれないから見てみたいよね。
でもそうねぇ…周りの人はどう思うのかな。
最近の若い子達は案外平気なのかしら。

るろ剣の伝説の最期編の主題歌もチラッと発表されましたね。
素敵なバラード☆
早くフルで聴きたいです!

ともかさんのブログにもお邪魔しますね~(^0^)


2014年08月28日(Thu) 17:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL