FC2ブログ

Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』TOP映画さ行 ≫ 『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』



ロン・ハワード監督による、ビートルズのツアーを追ったドキュメンタリー。

まぁ、ビートルズファンとすれば嬉しくなるような映像も沢山で楽しかったけど、
ちょっと私が思ってた内容と違ってたかな…。
ドキュメンタリーだろうしって事で、私としては解散の真実辺りまで描かれてるのかと
思ったけど、この作品はあくまでもレジェンドなバンド、ビートルズのイメージを壊すことなく、
如何にして頂点に上り詰めたのか、そして彼らがアイドルからスター、伝説になる中
どういう苦悩を抱え、人として、バンドとして、そして音楽がどう変わっていったのかに
焦点が当てられ、映画は彼らの最後のLIVEで終わっている。
解散の前で終わってる。

ビートルズのファンにとっては、解散時のごたごたはもうお腹いっぱいなのよね。
なので敢えてそこには触れずと言った感じかな。

私も勿論ビートルズ大好きなんだけど、なんちゅうか…
これまで色んな映像見過ぎて、いや、初見の映像も沢山あったんやけど、
特に初期の頃の彼らの事は昔々アホほど色んな映像を見たり、本とか見たりして、
その時その時の騒動やら、いまいち珍しくないなぁという感想で…

ま、純粋にビートルズの音楽活動の歴史を振り返るには文句ない映画でしたという事で。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。