Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 『岸辺の旅』TOP映画か行 ≫ 『岸辺の旅』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『岸辺の旅』



カンヌ映画祭「ある視点」部門監督賞受賞作品。

3年前に失踪し死んだはずの夫と妻が、過去に夫が関わった人達に
会いに行く旅に出るお話。

幽霊になった夫と旅に出てつまりは妻が夫への愛を再確認するというお話で、
二人の旅が静かに穏やかにどこか物悲し気に描かれてる。
こういう儚い、悲しい女性の役に深津絵里はほんとぴったり。

旦那様は幽霊やけど見た目普通に人間で、何の違和感もなく二人で旅に出て色んな人に会う。
その中には夫と同じく幽霊の人もいたり、そうじゃない人もいたり。
だから見てる内にどれが現実でどれが現実じゃないのかよく分からなくなってきたり。
なんだかとっても不思議な作品。
夫婦愛が描かれてることだけはよく分かったけど。

良い作品だと思うけど退屈と言えば退屈。
好き嫌いが別れそう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。