Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP映画か行 ≫ 『クリムト』

『クリムト』

クリムト デラックス版クリムト デラックス版
(2007/04/25)
ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 他

商品詳細を見る

監督:ラウル・ルイス CAST:ジョン・マルコヴィッチ 他

STORY:1918年、死を迎えようとしているクリムト(ジョン・マルコヴィッチ)。
彼の頭には自身の事が走馬燈のように去来していた。
19世紀末のウィーン。酷評される彼のエロティックな絵画はパリでは絶賛を浴びていた・・・


クリムトの絵画はあまりに有名なのであちらこちらで見たことはあるものの、
彼自身のことやその絵についての詳しいことなどは何も知りませんでした。
こういう実在の著名な芸術家を描いた映画は好きなんだけど、この作品はちょいと異色。
クリムトの半生と言うよりは、主に瀕死の状態の彼の頭に巡る現実と虚構の世界が描かれているのです。
その世界は私のような凡人にはかなり理解しがたく、ハッキリ言ってよくわからん・・
まぁこの映画の世界そのものが、クリムトの頭の中・・って事なのかな。
当時ウィーンではタブーとされていた裸婦などを描き続け、ウィーンではかなり厳しく叩かれたクリムト。
それでも尚、美しい女性に魅せられながら自身の芸術を探求するクリムトが描かれていながらも、
妄想や幻想の中に迷い込んでみたり、またそれらが何を意味しているのかかなり理解に苦しみました
ただ、彼の描く女性は実に美しく艶めかしく、それだけ女性を愛し女性の本来の美に気付いていた芸術家、
と言うことはよく分かりましたけど・・・

クリムトファン、及びマルコヴィッチファンでなければ少々眠くなるかな・・


non的お気に入り度:


Comment

編集
少し前から、このコメントコーナー、何だか様変わりしてませんか!?前からこんなだったっけ??「Name」と「URL」の欄は表示されてた気がしたんだけど・・・。

まぁそれはともかくとして、ジョン・マルコヴィッチですか!!なかなか好きかもv-10 でも、「クリムト」って画家、あんまり知らない・・・v-13 nonさんの言う通り、途中で寝てしまうかもi-202

遅ればせながら、お帰りなさいv-290 何度かコメント書き込もうとしたのですが、コメント書く時に限って「エラー」になってしまってたんですよv-406 ページ開くのにもめちゃめちゃ時間かかるしi-181 そこまで古いタイプのv-216じゃないのに、どーしてかなぁ??契約してるブロバイダに問題があるのかしらん??良くエラーにもなるし・・・i-202
2007年08月18日(Sat) 09:37
編集
◆CSIな24さまへ
こんにちは♪ コメントありがとうございます。

CSIな24さんはこちらのブログのフォーマットになかなか鋭くつっこまれますねぇ・・v-356
あのですねぇ、テンプレをダウンロードしても気に入らない部分などがあると、
色々いじくってカスタマイズしたりするんですね。
この度はコメント欄に絵文字を記入する部分が無く、後で自分で追加したんですよ。
これからもちょこちょこそういう変化があると思いますので、その辺は見逃してやって下さいe-466
それと、ページが開くのが遅いと言うことですが、それはおそらく私のブログに原因があるでしょう。
重いプログパーツをいくつか添付しているせいだと思います。
大変ご迷惑をおかけしました。
なので、少し減らしてみました。これでいかがでしょう。

この作品、難しかったなぁ・・・最近この手の作品についていけない私です・・・e-263
2007年08月18日(Sat) 09:45
編集
ごめんなさいv-406 ケチをつけるつもりは全然なくて、ただ「あれ!?」っとひっかかっただけだったんですi-202 気を悪くされたんでしたらすみませんv-13
でも、ご自分で色々変更されてるとは・・・!!ますます尊敬!v-352ですv-9

それと、nonさんのページだけではなくて、どのページも同じなんですよi-229 確かにその中でもnonさんのページは開きにくくはあったのですが、でも他の方とあまり大差はなかったです。でも、パーツが軽くなったせいか、以前よりグッと早くなりましたi-237

難しい作品なんですねi-202 ますます二の足踏んじゃいます・・・v-13
2007年08月18日(Sat) 10:35
編集
こんばんは♪
ガラスや鏡の使い方が凝っていて、現実なのか妄想なのか幻惑されるような雰囲気に一役買っていたように思います。
それにしてもゲージュツカの考えていることは凡人には分からんって感じですね~。
2007年08月18日(Sat) 22:15
編集
◆CSIな24さまへ
こんにちは♪
いえいえ、気を悪くなんてしておりませんよ~e-461
ただ、なかなかこういう指摘ってされること無いので、「おっ!」っと思ってるだけですから。
CSIな24さんも慣れればいつか色々と出来る時が来ると思いますv-410

ページを開くのに時間がかかるのは、ネットの接続の環境によるかも知れないですね。
光ですか?ケーブルですか?
もし電話線などだとかなり時間がかかると思います。
2007年08月19日(Sun) 07:24
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

ほんとにほんとに、芸術家の頭の中はどうしても???ですね~v-356
映像はとても美しかったですv-352
2007年08月19日(Sun) 07:25
編集
nonさん、こんばんは。
お久しぶりです~。
私はクリムトの絵画が大好きなのですが、確かに眠くなってしまうような作品でしたね…。個人的には、幻想的な雰囲気が結構気に入ってますが。主演のマルコヴィッチもいいのですが、弟子のシーレ役のニコライ・キンスキーの怪しい動きがとても気になりました(笑)
2007年08月19日(Sun) 20:20
編集
◆Nyaggyさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

こういう作品はかなり好き嫌いが分かれるでしょうねぇ。
確かに弟子のシーレがとって怪しかったですね・・e-330
2007年08月20日(Mon) 13:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

クリムト
眠気を感じたらリレミトを唱えて会場を脱出すればいい・・・
2007年08月25日(Sat) 02:58
クリムト
美神“ミューズ”を描きつづけた画家、グスタフ・クリムト。「エロス」と「タナトス」をテーマに描く究極の愛。1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン・シー...
2007年08月22日(Wed) 14:38
クリムト
監督・脚本:ラウル・ルイスキャスト: ジョン・マルコヴィッチ ニコライ・キンスキー ヴェロニカ・フェレ サフラン・バロウズ スティーヴン・ディレイン2006 オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス
2007年08月19日(Sun) 20:15
クリムト
Klimt(2006/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス ) 【DVD】 監督 :ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ/ヴェロニカ・フェレ/サフロン・バロウズ/スティーヴン・ディレイン/ニコライ・キンスキー/サンドラ・チェッカレッリ オーストリアの天才...
2007年08月19日(Sun) 18:37
ジョン・マルコヴィッチ John Malkovich 俳優特選
Date of birth (location),9 December 1953,Christopher, Illinois, USA 本名 John Gavin MalkovichLove and Virtue (2008) Burn After Reading (2008) Afterwards (2008) The Mutant Chronicles (2008) Beowulf (2007) The Great Buck Howard (2007) Disgr...
2007年08月19日(Sun) 06:00
★「クリムト」
今週は、あまり見たい映画が無かったので、期待薄の作品を・・・。 でも、珍しく早起きしちゃったので、2本見ることに。 その1本目。
2007年08月19日(Sun) 03:00
「クリムト」
 2006年/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス  監督/ラウル・ルイス  出演/ジョン・マルコヴィッチ      ヴェロニカ・フェレ  19世紀末のオーストリアに実在した天才画家クリムトの人生を描いた作品・・・と言いたいところですが、これ、本当に彼...
2007年08月19日(Sun) 01:18
クリムト
画家という人物を描いているので、一般人のサクセスストーリーを描くのとは違って、どうしてもアーティスティックな内面を映像化することになる。だから興味深いのと同時に映画そのものも独創的になりやすく、難しくしてしまう。 芸術家特有の官能世界に絞った方が面白い...
2007年08月18日(Sat) 22:16
113.クリムト
画家グスタフ・クリムトの、その生涯について、あるいは何派に当たるのか、などは知らなくても、あの印象的な絵はとても好きだ、金箔の使い方が素敵だ・・・、という人もきっと多いと思う。
2007年08月18日(Sat) 22:12
映画 【クリムト】
映画館にて「クリムト」 19世紀末のオーストリアに実在した画家クリムトの人生を描いたファンタジー。 1918年、グスタフ・クリムト(ジョン・マルコビッチ)は脳卒中で倒れ、病院に運び込まれる。死の床で彼は人生を回想する。 クリムトの人となりや生涯が描かれる伝記...
2007年08月18日(Sat) 22:12
クリムト
「年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です。」…これBrilliant DaysのマダムSさんちから勝手にテイクアウト。爆 どうしても上手く言葉に出来ない作品ってありますよね?(え、私だけ?) 随分と前に見て言葉にできなかったのはシャラマンの「レディ・イン・ザ・ウォーター...
2007年08月18日(Sat) 11:38
クリムト/ジョン・マルコヴィッチ
私の好きな世紀末画家グスタフ・クリムトを描いた作品です。クリムトは知らなくても彼の作品は観たことあるという方は多いかもしれませんね。何でもクリムトは日本では人気が高らしいんですが、言われてみればお店などでインテリアとしてレプリカを飾ってるのを時々見かけ...
2007年08月18日(Sat) 10:28
『クリムト』
クリムトという男をめぐるファンタジー。 1918年、ウィーン。画家グスタフ・クリムトは脳卒中で倒れ、病院に運ばれる。死に瀕して、彼の人生が回想される。ウィーンというと、まずは音楽の都であって、画家の物語が展開する場所のイメージではなかった。前にウィーンに...
2007年08月18日(Sat) 10:06