Something Better

映画、読書感想などボチボチ書いていきます★
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP映画さ行 ≫ 『サッド ヴァケイション』

『サッド ヴァケイション』

sadvacation_main.jpg
原作、監督、脚本:青山真治 CAST:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい 他

STORY:幼い頃母親に捨てられた健次(浅野忠信)は、ある日運転代行の仕事である運送会社に行く。そこには社長の妻として、健次の母親、千代子(石田えり)がいた。その後健次は千代子のいる運送会社で共に生活することに・・・

哀しくて、でもどこかユーモラスで、そしてやっぱり残酷・・・そんな作品。
幼い頃に母親に捨てられ父親も自殺した男、健次。
浅野忠信さん演じる健次は一見静かで優しく、でもどこかに尖った刃を隠し持っているような、そんな男。
彼はそう言う役所、ほんと上手いですね。
ソフトな物腰に反した鋭い眼光が、いつ何が起こるか分からない不安を煽ります。

おそらく母親に捨てられた事へのトラウマと共に生きてきた健次と、何十年ぶりかに再会した母親との暮らし。
それもどこか妙。
父親違いの弟の存在、そして素性も分からない流れ者の住む運送会社の面々。
そんな中での生活で、健次の心はどう動くのか・・・
親子とは・・・人と人との繋がりとは・・・
この作品中に私が共感できる登場人物はなかなかおらず、正直感想を書くのも難しいのです。
でも、血が繋がっているからこその残酷さ、切なさは感じました。
親子なのに、兄弟なのに、いや、親子だから、兄弟だから、そこには起こるはずのない悲劇が起こる・・・

石田えりさんが演じた、艶やかでそしてどこまでも強かな母、千代子がとても良かったですね~
石田えりさんって久々に見たけど、相変わらずお美しくて、その演技もとても印象的でした。
オダギリは運送会社の社員の一員として登場
『アカルイミライ』以来の浅野さんとの共演で嬉しかったけど、ちょっとだけの登場だったな・・・
もちろんインパクト強いですけど。
で、オダギリはいつまであんな髪型なんだろう・・・


non的お気に入り度:



Comment

編集
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 いわれてみれば、登場人物に共感しづらい作品だったかもしれませんね。
 感情移入することなくここまで引きつけられたことに、あらためてびっくりです。

 オダジョー、いつまであの髪型なんでしょうね(笑)
 もうちょっと短いほうが、私的にはいいと思います^^
2007年09月16日(Sun) 21:06
編集
◆miyukichiさまへ
こんばんは♪ TB、コメントありがとうございます。

そうなんですよね・・・
みんなあまりに普通とはかけ離れていて、私のような凡人では判りづらい物がありました。
それに、あの石田えりさん扮する母の強さも理解を超えていますね。
強いというか、何というか・・・
しかし仰るとおり、何とも言えない魅力のある映画でした。

オダギリ、もう短髪にはしないのかしら・・
私も短い方が好みなのですv-356
2007年09月16日(Sun) 22:30
編集
こんばんは♪
やっと公開されました。
浅野さんもオダギリジョーも「アカルイミライ」に比べたら老けましたね~(笑)
でも、オダギリジョーに関しては確実に演技が良くなっていたと思います。
目立ちすぎなかったのも良かったです。
千代子みたいな母親ってそうそういないですよね。

オダギリジョーは今待機中の映画を撮ったら髪を切るってインタで言ってましたよ~。
期待して待ちましょう~~☆
2007年11月23日(Fri) 00:26
編集
◆ミチさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます。

確かに『アカルイミライ』の頃はオダギリもほんとに若かったですもんね~
あれから思うと今ではすっかり名優ですね。

そうですか!髪を切るのですかっ!!
そりゃ楽しみ~♪
久々の短髪オダギリですね~(^0^)
2007年11月23日(Fri) 08:31
編集
nonさん~こんにちは。
これ、今更ですが、レンタル開始になったので、見てみました。
石田エリって若い頃は、おっぱいでか~いおねーさん、って感じだったのだけれど、年取っても、あんまり雰囲気変わってないのね?なんか、むっちり~~って色気が凄いですね。(って映画と関係無いことばっかり言ってるな)

最初の内、ちょっとつまらないのでは・・?と思ったものの、中盤からは、グイグイ引き込まれて見ました。
浅野君の子供を見る目が優しくて凄く好きでした~。
2008年04月17日(Thu) 15:25
編集
◆latifaさまへ
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

石田エリさんは、今も現役!って感じですよね。
あの色気には叶わないですよね~

独特な空気の作品だったけど、浅野さんを始め役者さんも良かったですね。
2008年04月17日(Thu) 15:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

宮崎あおい4本
「好きだ」 「初恋」 「EUREKA ユリイカ」 「サッド,ヴァケイション」 
2009年02月11日(Wed) 11:11
『サッド ヴァケイション』\'07・日
あらすじ中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、北九州で幼なじみの安男の妹ユリ(辻香緒里)と暮らしていた。ある日、健次が身寄りのない少年アチュンを連れて来て3人の共同生活がスタートする。そんな折、健次は偶然、5歳のときに自分を捨てた母(石田えり)...
2008年09月28日(Sun) 20:45
底知れぬ懐の深さ~『サッド ヴァケイション』
 SAD VACATION  密航の斡旋から運転代行へと職を変えた健次(浅野忠信)は、ある夜、かつて自分 を捨てた母千代子(石田えり)と再会す...
2008年09月06日(Sat) 11:33
「サッド ヴァケイション 」「Helpless」感想
音楽が、ビョ~ン、ビヨ~~ンという妙な感じなのが、可笑しい。 主人公は「Helpless」の11年後の浅野忠信扮するケンジ。宮崎あおいちゃんは、...
2008年04月17日(Thu) 15:22
映画 【サッド ヴァケイション】
映画館にて「サッド・ヴァケイション」 青山真治監督の同名小説を基に描く、『Helpless』『EUREKA ユリイカ』に続く“北九州三部作”の終章。 おはなし:中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、身寄りの無い少年アチュンを引き取り、幼なじみの安男の妹ユリと?...
2007年11月23日(Fri) 00:23
「サッド ヴァケイション」:宮下公園バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}あそこにチラッと見える青いシートは何? {/kaeru_en4/}まあ、なんというか、この公園に住んでいる人たちの住まいだな。わけあってふつうの暮らしができない人たち・・・。 {/hiyo_en2/}て、いわゆる、Homeless? {/kaeru_en4/}そうとも言うな。 {/hiyo_en2/}...
2007年10月17日(Wed) 21:59
映画「サッド ヴァケイション」
監督:青山真治 出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、オダギリジョー、板谷由夏、光石研 「五歳の時に母親に捨てられ父は自殺という過去を持つ健次は、訳ありの中国人の子供と恩人の友人の妹の面倒を見ていた。ある日偶然出会った母親のいる間宮運送に世話になるこ
2007年10月12日(Fri) 12:25
映画レビュー#56「サッド・ヴァケイション」
基本情報 「サッド・ヴァケイション」(2007、日本) 監督:青山真治(helpless、ユリイカ) 脚本:青山真治 製作:甲斐真樹(パピリオン山椒魚、雪に願うこと) 撮影:たむらまさき(helpless、ユリイカ) 出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、...
2007年10月08日(Mon) 16:07
『サッド ヴァケイション』
「教科書にないッ!」『Helpless』に続き、ウサギの名は、もちろん「Qちゃん」。 (執筆完了して、佐渡島で休暇中)
2007年10月03日(Wed) 11:19
サッドヴァケイション
中国マフィアの暴力からなんとか逃れ、川の水に身を浸しゆったりと流れていく健次(浅野忠信)の姿は、男性の暴力的世界から逃れ、母性的な環境に身を置いているように見える。冴子(板谷由夏)との関係やユリ(辻香緒里)とアチュン(
2007年10月02日(Tue) 22:22
サッド ヴァケイション
前2作の「Helpless」「ユリイカ」は観てないが・・・ 観てたらもっと分かりやすくて、面白かったんだろうなぁ。 全体的に陰鬱でキナ臭い中にも、温か味も感じる・・・ヘンな感覚だ。 長回しでの観せ方も、退屈さより何かを感じ取るための時間のようで しっかり浸るこ...
2007年09月24日(Mon) 23:05
青山真治監督の「サッドヴァケイション」を観た!
「ボクらの時代」というトーク番組、毎回、さまざまなジャンルで活躍している3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていく、という番組です。まったくの偶然ですが、浅野忠信、寺島進、青山真治の3人が対談をしているのを見ました。役者として、監督として、それぞれの
2007年09月22日(Sat) 00:04
【2007-130】サッド ヴァケイション(Sad Vacation)
人気ブログランキングの順位は? かつて母だった女と かつて息子だった男が 再び共に暮らし始める。 つながりを求めているのか 断ち切りたいのか 彷徨う男たちの前に 立ちはだかる母性 すべてを包み込み美しく生きる ゆるぎない女たちの物語。 ...
2007年09月19日(Wed) 19:59
『サッド・ヴァケイション』
□作品オフィシャルサイト 「サッド・ヴァケイション」□監督・原作・脚本 青山真治? □キャスト 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、山口美也子 ■鑑...
2007年09月17日(Mon) 21:54
サッド ヴァケイション/浅野忠信、オダギリジョー
このキャスティングならとりあえず観とけ、イヤ絶対観とけェ、かな?(笑)。浅野忠信と宮崎あおいちゃんの共演は以前に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」という何だかサッパリわからないのがあって、あまりに落胆して感想書く気力を失いました(撃沈)。でも、その後どうにか...
2007年09月17日(Mon) 10:16
サッド ヴァケイション [Movie]
 映画 「サッド ヴァケイション」(青山真治:原作・脚本・監督)  を観てきました。    浅野忠信、オダギリジョー、宮崎あおい、石田えり、などなど、  好きな役者さんたちがこれだけ豪華に出ているもので、  これはぜひ観たいって思ってた作品です。  主演・?...
2007年09月16日(Sun) 20:06
サッド ヴァケイション @試写会
サッド ヴァケイション  @一ツ橋ホール 監督、脚本、原作:青山 真治 出演:浅野 忠信、石田えり、中村嘉葎雄、宮崎あおい、オダギリジョー 他 配給:スタイルジャム なんだかひさしぶりな感じがするオダギリジョー。 浅野さんとの絡みがいっぱいあ
2007年09月13日(Thu) 01:34
映画:サッド ヴァケイション&宇野亜喜良/AQUIRAX展「グリムの森で」
映画:サッド ヴァケイション(シネマライズ)&宇野亜喜良/AQUIRAX展「グリムの森で」 「みんなであんたを待っとるけんね」 最近はハト出してるのが印象深い浅野忠信さんをはじめキャスティング、設定、ストーリー、そして予告。どれも面白そうだなと期待してまし...
2007年09月12日(Wed) 15:11
「サッド ヴァケイション」レビュー
「サッド ヴァケイション」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、山口美也子、高良健吾、他 *原作・?...
2007年09月12日(Wed) 15:06
サッド ヴァケイション
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★★) 知的障害を持つ少女との行き場のない逃避行に向かう高校生を描いた「Helpless」(1996年)。 この主人公だった健次の11年後の人生を描いたヒューマン・ドラマ。 5歳の時に母親に捨てられ、精神を病んだ父親は自殺。親も無?...
2007年09月11日(Tue) 01:46
感想/サッド ヴァケイション(試写)
親の心子知らず世知辛いヴァージョン。『サッド ヴァケイション』9月公開。友人の妹、中国人の子供と暮らす健次はかつて自分を棄てた母を偶然見つける。母・千代子が暮らす間宮運送に勤めることになった健次は、密かに復讐心を募らせる。間宮運送はワケありの流れ者たちを...
2007年09月10日(Mon) 10:17
『サッド ヴァケイション』
家族というもの。抗えない「血」の関係の重たさ。それゆえに生まれる憎しみ、どうしようもなくこみ上げる強い感情。母性というものがもつ恐ろしいほどの力に、ゾッとしながら諦観させられる、『サッド ヴァケイション』 サッド・ヴァケイション 映画の原作小説。 『?...
2007年09月09日(Sun) 18:04